迷う理由は人生の選択肢が多いから、後悔しない決断をする方法


今回のテーマは、

迷う理由は人生の選択肢が多いから、
後悔しない決断をする方法

について紹介します。

現在から過去を
振り返って見てみると、

一本道を歩いてきている
ようにも見えますが、

人生は決して一本道ではありません。

未来の道は常に複数なのです。

人生は選択の連続

という言葉があるように、

その選択肢に迷う事は多いです。

さんざん迷ったあげく
頭が混乱しストレスを抱え、

「あーもー、どうでもいいや」

と投げやりな気持ちで判断を下し、

後になって「う〜む、失敗した」
と悔やむ事になります。

「やっぱりあっちにすべきだった」

など落ち込む

そんな経験を持つ人も
多いでしょうが、

確かに「迷い」には、

私たちの感情をコントロール
する力を失わせる力があります。

つまり決断力を狂わせます。

迷う理由は人生は選択肢が多いから

ところで、

なぜ人は迷う事になるのでしょう。

その理由の一つは

たくさんの情報を頭の中に
入れすぎてしまうという事があります。

情報が多すぎて選択肢が多いから、
決める際に迷う事になり

決めた後も後悔する事になります。

江戸時代であれば、職業の
選択肢もほとんどありません。

大抵が家業を継ぐくらいで、
仕事選びに迷う暇はありませんでした。

ある意味、楽といえば楽です。

ところが今の時代なら数え切れない
ほどの選択肢があります。

これは現代社会特有の
情報過多時代のデメリットと言えます。

これは普段の生活でも起こります。

例えば

せっかく仲間で集まるんだから、

「何か美味しいものでも食べにいこう」

と数冊グルメ雑誌を買い集めてきて
どれが良いかと眺めているうちに、

「この店も良さそうだ、
でもあの店も捨てがたい、

イタリアンも良いし寿司も良い、
天ぷらも捨てがたい・・・」

などと迷っているうちに、

だんだん頭の中が
こんがらがってきて、

最後には、

「もう面倒くさくなってきちゃった。
近所のファミレスで良いや」

という事になります。

迷った挙句に後悔するくらいなら

そして、

「今日は、もっと美味しいものを
食べにいくはずだったのになあ」

と後悔しながら就寝する…

そんな経験がないでしょうか?

実際私たちはそのような
結果になりやすいですが、

情報を入れすぎると
選択肢が増え、かえって迷い、

良い結論を導き出せなくなるのです。

「後悔したくない」

という気持ちが強くなりすぎている
という理由も考えられます。

「スパゲティなんて注文して、
後でマグロ丼にすれば良かったと、
後悔するのでないか。。

でもマグロ丼にすれば、
和牛ステーキ定食にすれば良かった
と悔やむ事になるかもしれない。」

などと、です。

もちろん、

「何を食べるか?」

で迷うくらいなら良いですが、

大きな人生の決断に
迷い、後悔してばかりでは困ります。

後悔しない決断をする方法

ある女性が言っていましたが、

「結婚するかどうかの決断
なんてものは、その場の勢いよ、

迷ったってしょうがない、」

ものなのだそうです。

案外

「その場の勢い」

で判断する方が、

「さんざん迷って」

決める事よりも「正しい決断」
である場合が多いのです。

これは不思議ですが、

心理学的にっても案外
理にかなっています。

その場の勢いが、自分の
人生を作る事もあります。

決断が決意を生み、
それが加速して良い風に進む、

というのはよくあります。

道を一本に絞ると、

迷いなく前に進めるわけですから、

あれこれ考える余計な無駄な
エネルギーをかけなくなり、

結果が出やすくなるのです。

迷ってばかりで
「決められない」のでは、

いつまでも人生が
始まらないような気がします。

「後悔したくない」

から迷うよりも

「後悔したくないから、決めて頑張る」

ほうが、いい目が出るのです。

とはいえ、

勢いで決められない…

という場合もあるでしょう。

しかし正しい決断をする為に
選択肢を減らす事は重要です。

少ないカードから吟味して決断する。

そして未来は誰にも分からないから、
決めたら迷わないで進む、

そう決めておけば
かなり楽になります。

これが後悔しない決断をする
方法と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>