聞く耳を持たない人の態度は自信がないことの裏返し、対応法

聞く耳を持たない人の態度は自信がないことの裏返し、対応法
今回のテーマは、

聞く耳を持たない人の態度は
自信がないことの裏返し、対応法

について紹介をします。

つくづくコミュニケーションという
のは難しいものと感じる瞬間が

自分の意図と相手の意図に
誤解が生じるケースです。

例えばこんなケースは
ないでしょうか。

こちらは親切のつもりで

「これ、こうした方が効率的だよ。
早く仕事が終わるよ」

と職場の同僚に親切のつもりで
アドバイスをしたとします。

「あなた、仕事が遅い」

と非難したつもりはまったくなかったし、

「あなた、気に入らない」

と個人攻撃をしたつもりもないのに、

相手は

「それ、どういう意味?」

と、怖い目で食って掛かってきたり。

いわゆる聞く耳を持たない人の
態度ですが、

こうなると、

「いや、別に良いんだけど、、」

と引き下がるしかなくなり、

「あの人には、下手に
話しかけられないな、、

何を言い返されるか
分からないから、怖い、怖い」

と以後、親切にする事を
ためらってしまうようになります。

スポンサーリンク

聞く耳を持たないのは自信がないことの裏返し

私自身が周りからの
アドバイスに嬉しさを感じれば、

つい他人にもアドバイスを
してしまう傾向にあります。

しかし、人それぞれ
価値観は違うわけです。

きっと、相手としては

「痛いところを触られた」

という気持ちがあるのでしょう。

その人自身が前々から

自分が仕事の遅い事を
気にしていたのでしょう。

聞く耳を持たない人の態度は

自分の不器用さ
劣等感を抱いていたからこそ、

その「痛いところ」に

不意に他人の手で触られたから、

攻撃されたと勘違いして、

思わず相手を睨みつけて
しまったのでしょう。

ちょっとしたアドバイスや
意見に対して、

耳を塞いだり、
感情的になる人の特徴、

こう言う行動というのは、

心理学的に言えばつまり

「自分に自信がない」

事の裏返しと言えます。

聞く耳を持たない人の対応法

自分に自信を持てないでいる人は

人の言葉は何であれ、

自分への非難叱責に
聞こえてくるものなのです。

弱い犬程よく吠えます。

自分の力に自信がなく、

「強い犬にいじめられるんじゃないか。
噛み付かれるんじゃないか。」

といつもビクビクしているから、

他の犬がちょっと
近づいてきただけでも

「ワンワンワン!」

と大騒ぎをします。

これは心理的な防御策であり、

そうして自分の身を守るのです。

一方強い犬であれば、

「やられそうになったら
やり返してやれば良い」

という自信があるからこそ、

ちょっとやそっとの事で
取り乱す事はなく、

悠然としています。

犬と人間を一緒にするわけ
ではないのですが、

聞く耳を持たない人への
対応法もだからこそ、

普通で構わないでしょう。

他人の意見には耳を傾ける

こうした態度の対応として、

あえて、口論する必要もないです。

「いや、君の成長にとって
絶対に聞いたほうが良いよ」

などと議論すればするほど、

余計に耳を塞いてしまうわけです。

ですからまずは放っておいて
聞く耳を持つまで待つというのが
得策と言えるでしょう。

そしてもし自分が
聞く耳を持たない態度を
持っているとしたら

やはりその態度は
改めた方が良いでしょう。

それは自信のないことの
現れにもなりますから。

とは言え、

自分は自信があるとか、

強いとか弱いという概念に、

あまりとらわれる事もありません。

要は聞く耳を持った方が、
人生はうまく行くという事です。

それを実行するかどうかは
置いておいて、

人の意見にはありがたく
耳を傾けた方が良いのです。

むしろ仕事が遅いなら遅いで、

「私って本当にこう言う
ところがダメね。ハハハハ~」

とダメな自分を笑い飛ばせる
心の余裕を持った方が良いでしょう。

それが人の言葉を素直に受け入れ
られるようになる土壌となるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>