シンプルな名刺管理術の活用法、アナログな名刺管理のメリット


今回のテーマは、

シンプルな名刺管理術の活用法、
アナログな名刺管理のメリット

について紹介します。

社会人になれば自然と
溜まってしまうのが、名刺でしょう。

確かに小さな紙に

大切な情報が詰まった便利な
ビジネスツールの一つですが、

その管理も難しく感じるものです。

人脈を広げようと
人と会った後には、

名刺が残っていますね。

あなたはそんな名刺をどのように
管理していますでしょうか?

名刺管理の悩みを持つ人は案外多く、

どうすれば分からないと
嘆く人がいますが、

単純に、名刺フォルダに
しまっておくだけ、、では

その大半はただの紙切れ
になってしまいがちです。

いざという時に見つけられません。

では、しっかり管理しようと

時系列や、業種別に整理してみると、、

これも実際は、

かけた手間に見合う効果は
得られない事が多いですね。

人を雇ってまで名刺の
整理を頼む人もいますが、

整理整頓が手段ではなく目的と
なってしまい、結局、活用しきれない
と言う事態にもなります。

スポンサーリンク

名刺管理をどうしているか?

名刺はタダたくさん集めれば良い
というものではありません。

活用してこそ、価値のあるものです。

私自身色々と試行錯誤しましたが、

結局、シンプルでアナログな
管理法に落ち着きました。

現在、私自身がやっているのは、

名刺を仕事の資料と一緒に
保管する方法を使っています。

名刺だけをまとめて整理する
と言う事はしません。

例えば、出版に関する企画なら
企画書と一緒にクリアファイルに
名刺を挟んでおくのです。

情報をメモ書きしたA4の紙と共に
ホッチキスなどで直接名刺を止めたりします。

こうすることで、

常に仕事や企画と名刺が
一緒に動く事になり、紛失の危険もありません。

また、必要な時そのファイル
ごと取り出せば良いので、

活用したい時に簡単に取り出せます。

紙とホッチキスとクリアファイル。
これが、最強整理術ツールとなるのです。

シンプルでアナログな紙ベースの名刺活用術

デジタルツールから、
複雑な管理まで、

色々試しましたが結局
この方法に落ち着いています。

さらにこの方法のメリットとして
名刺の整理も便利になります。

紙ベースで保管しておけば、
現在誰とどんな仕事をしているのか、

一目瞭然になるからです。

これがかなり脳に残るのです。

デジタルデータにただ情報だけ
放り込んでおいても、

結局その人が誰だったか、、

どんな仕事をして、
何をやろうとしていたのか、、

混乱したり、思い出せなくなりますが、

自分の手で紙で管理すれば、

その人との思い出なども
一緒に記憶に残りますから、

まさに名刺に血が通い出し、

一枚の紙を手に取るだけで
様々なことが脳裏に浮かぶようになります。

名刺を本当の人脈として
活用することができるのです。

これが一番のメリットでしょう。

アナログな管理法のメリット

こういった整理法と言うのは、
原始的なものが最善。

私はそう考えます。

システムが高度になればなるほど、
構築時間など時間がかかるだけでなく、

移行によるトラブルの可能性も高まります。

私の信念はいつも

シンプル・イズ・ザ・ベスト

です。

もらった名刺情報をすべて
パソコンで入力している人もいますが、

その手間はもったいないと私は感じます。

会社などでは、秘書やアルバイト
にその作業をさせる人もいますが、

私は有効な方法とは感じません。

パソコンデータはいつもデータが消える
リスクがありますし、

パソコンに入力しても、バックアップが
必要です。

私自身は名刺管理だけでなく、

連絡帳やスケジュール管理も
大抵アナログ管理を活用します。

もちろん新しいツールの
メリットもありますから、

必要な部分はできるだけ
取り入れるようにしていますが、

アナログの強みはいつまでも残ります。

なので整理術というのは、

常に原始的でシンプルなシステムですべき

私はそう考えます。

あえて名刺を交換しないと言う管理術

またシンプルな管理をするために
心がけたいのが、

むやみやたらに名刺交換をしない
というのも一つの方法です。

交流会やパーティーで
名刺をばらまいている人がいますが、

そう言う人は不特定多数の
人に営業をしたいだけの人が多いです。

自分のことを売り込みたいだけで
名刺を配りまくるのですが、

純粋に出会いを求めているならば

名刺を配りまくったり、
売り込む必要は無いはずです。

人脈力と言うのは
名刺の「数」ではかる事はできません。

名刺をただ交換するだけでは、

自分が相手にとってなんなのか、
相手に取って自分がどういう存在なのか、
全く分かりません。

名刺交換そのものには意味は無いのです。

私の知り合いに年収が億を
超える凄腕ビジネスマンがいますが、

彼はキャリアをスタートさせた
若い頃から今に至るまで、

名刺を作ったことが一度もないそうです。

連絡が必要と思えば、

レシートの裏や店のナプキンに
メールアドレスを書いて渡すだけで、

名刺の必要性を感じないということ、

それでも仕事の依頼が絶えないそうです。

彼自身のスキルが高いからこそ、

どんな形であれ仕事の
依頼をされるという良い例でしょう。

大切な事は

あなたと言う存在そのものの価値と、
相手の存在そのものの価値が

お互いに深く認識される事にあるのです。

無闇で無益な名刺交換を辞めれば
シンプルに名刺管理術を活用できます。

アナログな名刺管理のメリットを
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>