小さい事、細かい事が気になる事で眠れない人の特徴、対処法

小さい事、細かい事が気になる事で眠れない人の特徴、対処法
今回のテーマは、

小さい事、細かい事が気になる
事で眠れない人の特徴、対処法

について紹介します。

人間関係を円滑にするには、

些細なところにも気がつく、
繊細な神経も必要です。

そういった敏感な神経があると
自分の変化にも気付きやすいです。

しかし、逆説的ですが、

鈍感で大胆な部分がなければ、

精神的なタフさは身につきません。

「あれ、今日コピーを
とった時の原紙、、

コピー機のところに
置き忘れてきた気がする。。」

などと、

どうでもいいような小さな事が
妙に気にかかって、

夜も眠れなくなる
なんて事はないでしょうか。

ちょっとこれは心配な傾向です。

スポンサーリンク

小さい事、細かい事が気になる人の特徴

もし置き忘れてたとしても

明日職場に行ってから
確認してみれば良い事であって、

責任を取らされて会社を
クビになる訳でもないのだから

安心して眠りにつけば良いのですが
なぜかそれが出来なくなります。

緊急の大きな問題でない限り

どっしり構えていればいいはずです。

しかし、、です。

地下を走る電車は

どうやって地上から地下へ
運んだのかが気になって

「夜も眠れない

という人もいましたが、

それよりもひどそうです。

それが不眠症につながる…

ほど危険なケースでなくても、

少し早めの対処法を取って
おくに越した事はありません。

心身の不健全さを表す特徴に、

スパイラルの相乗効果
現象というものがあります。

まるで雪だるまのように

初めは小さいものだったのが、

時を経るに従い大きくなり、

やがてコントロール不能になるのです。

小さいうちに対処する方が楽

さて、このように小さい事、
細かい事、どうでもいいような事が

妙に気になって、

「自分は最近、ちょっと
神経質気味なのかもしれない」

という自覚症状がある人は、
要注意と言えます。

というのも

その小さなストレスが
眠れなくなる不安にまで

影響を及ぼしているのですから、

肉体的精神的に注意信号
とも言えます。

さらにその一方で、

もっと大切な事を
見落としている事もあるからです。

小さな事、細かい事に目を取られ

大切な事、大事な事で
ミスしてしまう可能性があります。

取ったコピーを社内便で

至急関係部署へ回さなければ
ならなかったのが、

その書類を机の上に
置きっぱなしにしてきた事などを

すっかり忘れてしまっていたり、、

これが

「ちょっと神経質気味」

な人の特徴なのです。

いわば、木を見て森を見ず

と言った精神構造に
なってしまっています。

細かい事が気になるので眠れない人の対処法

であれば、

小さな事、細かい事をあえて
忘れてしまう大胆さが重要です。

小さなことは無視して、
大きなことにだけ気をつけるべきです。

両手で何か掴んだ状態で
他の何かを掴むのは難しいです。

であれば、大切なことに
フォーカスする方が、

人生を大きく見れば有利なはずです。

しかしメンタル的に弱ると
つい細かいことが気になります。

きっとそうなってしまった人は、

相当大きなプレッシャー
を感じているのでしょう。

大きな仕事を任されていたり、

ノルマを達せできるか
どうかの瀬戸際にいるの
かもしれません。

始めて部下を持つ身となったり、

また真面目で責任感が強く、

与えられた仕事は完璧に
仕上げないと気が済まない
という性格から、

精神的にそうとう
「のめり込んだ」状態に
あるのではないでしょうか。

とにかく睡眠が優先順位の上位

そういう時ほど、

小さい事、細かい事が気になる
ようになり、

不安になるのです。

そして大切な事を

「うっかり忘れる」

事が多いのです。

しかしどんな場合でも、

早めの対処が身を救います。

問題は小さいうちに対処するほど
楽に対処できるのです。

先延ばしするほど
厄介になるからです。

一つの事に

「のめり込んでしまう」

事は仕方がないこと
でもありますが、

「のめり込まない対処」

という努力も必要です。

仕事の事は少し忘れ、

気分転換を図った方が良いでしょう。

大切な仕事に取り
かかっているときほど、

実はリラックスをする
事が必要なのです。

特に細かい事が気になり眠れない人は

まずはとにかく寝る事です。

何より睡眠を優先順位にあげましょう。

心身の健康さがあれば
仕事や人間関係の問題は

なんとかなるものです。

たいていのメンタルの不安は、

しっかり寝れば解決できます。

睡眠テクニックをしっかり実践
するなど早めの対処が必要でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>