自分のストレス耐性が高いか低いかチェックし見極めるのが大切


今回のテーマは、

自分のストレス耐性が高いか低いか
チェックし見極めるのが大切

について紹介します。

現代人はストレス社会に
疲れ果てている傾向がありますが、

そこで、ストレス解消のために
様々な癒しグッズが売られています。

あなたも使った事が
あるかもしれません。

それは効果があったかもしれないし、
なかったかもしれません。

ただたいていの場合、

気休めのような表面的な
ストレス解消グッズが多いわけです。

でもここでもう少し
根本レベルから

ストレスについて考えてみましょう。

私たちがストレスに耐える力を

「ストレス耐性」と言いますが、

自分にはどの程度の
ストレス耐性があるのか

よく見極めておく必要があります。

そして肝心なのは、

高すぎず低すぎず

正直に自分のストレス耐性を
チェックする事です。

そして休む時は休み、

チャレンジする時は
チャレンジする、

という判断をするようにします。

スポンサーリンク

自分のストレス耐性は高いのか?低いのか?

そうして自分を知る、という
ことは非常に大切です。

例えば、

自分のストレス耐性を
高く見積もるとどうなるでしょう。

「いざとなったら、三日三晩
徹夜するくらいの事は
へっちゃらだ、

私は追い込まれれば追い込まれる程
力を発揮するタイプだ」

などという自信から、

抱えきれないくらいの
仕事を背負い込んでしまいます。

しかし、それは実際には
あなたのキャパを超えているのです。

しかも締め切りギリギリに
なるまで仕事に手をつけず、

どこかへ放っておいてしまい、
適当に過ごしてしまいます。

そうやって

「さて、そろそろ実力
のほどを見せようか」

と腕まくりをするものの、

実際、一晩徹夜しただけで
ふらふらの状態になって、

「誰か助けて」

と悲鳴を上げたりします。

いや、悲鳴を上げる事が
出来ればまだ良い方なのです。

ストレス耐性以上の
ストレスを抱え込みながら、

助けを求める訳でもなく、
文句を言う訳でもなく、

ひたすら耐え忍んで行こう
とする人の方が危ないのです。

ストレスは人によって違う

初めに自分で高く見積もった
ものですから、

前言撤回ができません。

つい無理をしてしまうのです。

やがて体か心か、

どこかが疲労を起こして

「病気で倒れる」

という事になりかねないのです。

それではそれで、
周りの人の迷惑になります。

ストレス耐性は
人によって異なります。

それぞれ個性があるように、

得意なストレス、不得意なストレス
といったものもあるでしょう。

もちろん鍛えることによって
それぞれ変わってきますから、

先天的なものだけでなく
後天的にも変わってきます。

ある人にとっては
ラクチンに出来る事でも

ある人には苦痛です。

だからこそ自分のストレス耐性を
しっかり正直に見極める事で、

適度なペースを守れるのです。

無理をしてしまえば
必ず心身に負担をかけます。

ストレス耐性をチェックし見極めるのが大切

ストレス耐性を高く見積もる
と危険、というのは、

誰しも実感できるでしょう。

ところで反対に、

自分のストレス耐性を
低く見積もると、

今度はグズグズが生じる
事になります。

これも問題なのです。

「こんな大変な事、
自分には出来る訳がない」

と言ってグズグズ、

「急に言われても、
私には出来る訳がない」

と言ってグズグズ、、

「分かったよ、今からやるよ」

と口では言っておいて

「あの人には任せておけないな」

と周囲の人たちが悟って
助け舟を出してくれるのを、

グズグズしながら待っている。

そういった事になりかねません。

いつまでチャレンジをせず、
成長も起こりませんし、

成果は出せないのです。

ですからバランスよく

そして適切なストレスこそ
人生にとって必要なものです。

いずれにせよ、

周りの人に迷惑を
かける事になります。

一体自分には、
どのくらいの事ができるのか。

どの程度の事に耐えられるのか、

そう見極めて自分の器
以上の事は引き受けないのが

トラブルを避けるコツとなります。

もちろん、
自分のできる範囲では精一杯
ベストを尽くさなければなりません。

ストレスは必ずしも敵でなく
成長の糧にすることができます。

でも自分を過大評価したり、

逆に過小評価したりするのが
トラブルの元なのです。

自分のストレス耐性が高いか低いか
チェックし見極める事で、

マイペースで成長できるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>