叱るときは感情的でなく理性的に冷静に怒る方法が効果的

叱るときは感情的でなく理性的に冷静に怒る方法が効果的
今回のテーマは、

叱るときは感情的でなく理性的に
冷静に怒る方法が効果的

について紹介します。

人間はロボットではなく、
感情を持っています。

もちろん大切なものですが、

どうせなら人生で感情を
敵にするのでなく味方につける
方がお得と言えるでしょう。

そのために感情をうまく
コントロールするのが重要です。

ここで人を叱るときは

感情で叱らない方が良いです。

感情的なやり方だと、

相手の気持ちにシコリを
残すばかりではなく、

あなた自身が怒りに振り回されて、

感情のコントロールが
出来なくなるからです。

それはお互いにとって
損をするケースが多いです。

職場ではもちろん、家庭や
子供への教育でも同じです。

スポンサーリンク

ウィンウィンの叱り方、怒り方

以下のような例は

日本の家庭でお母さんがよく
やってしまうパターンです。

「ちょっとあなた、

脱いだ下着はちゃんと
脱衣かごの中に入れておいて

って言ってるじゃないの!

そんなところに
脱ぎ捨てたままじゃあ…

困るじゃないの。もう頭に来る。」

などと感情的に
亭主を叱ったばかりに、

怒りが収まらなくなって

「ちょっと、あなたもいつまでも
テレビなんて見てるんじゃないわよ。

見ているだけでイライラ
しているんだから!

さっさと宿題を片付けなさい!」

と我が子を叱ってしまい、

「おいこら、あんたも
可愛げないね本当に・・・」

としまいにはペットの
猫まで叱りつけてしまう。。

この例で言えば

お母さんは

「脱衣かごに入れて」

と言いたかっただけなのに、

感情的に怒る方法をとったため、

お父さんも子供も猫まで
嫌な気分になり、

本人がその後、後悔や
ストレスで感情を乱すのです。

恐らくこれでは元々の
目的も果たせないまま、

ただ人間関係に傷をつけます。

取引で例えれば、

ウィンウィンならぬ
ルーズルーズの関係です。

ですから実際は、叱るときは

感情的でなく理性的に
冷静に怒ったり、注意する
方法が効果的なのです。

みんなにとってお得なのです。

叱るときは感情的でなく冷静に怒る

怒りやすい人の特徴、
感情的な人の特徴は、

本来の怒るきっかけを
忘れてしまうことです。

これが感情の恐ろしい所です。

感情の渦に巻き込まれると
目的やゴールを見失います。

まるで我を忘れてしまうのです。

一度怒ると、

自分の目に入ってくるものは、

何でもかんでも怒りを
ぶつけたくなってきます。

最後にはきっと、

血圧が上がって
心臓に負担がかかって、

ストレスが溜まってで
健康面にも悪いです。

良いことは何もありません。

他人を巻き込んでしまえば
怒りの発散にもなりません。

叱るときに感情的になれば、
メリットは誰のもないのです。

しかしここで、逆の例もあります。

私の知り合いに、

言うことはかなりキツいですが、
顔は笑顔で人を叱る人がいます。

作ったような笑顔で

「ちょっと困るのよ、
全く、どうしてくれるのよ」

と言います。

こうして冷静に叱られたほうは
なぜか聞いてしまうのです。

非常に効果的な叱り方です。

これも

「感情的にならず人を叱る」

その人なりの工夫かもしれません。

感情的になって
人を叱るというのは、

まるで効果がないのです。

理性的に冷静に怒る方法が効果的

感情的に叱ると言うのは、

相手に、自分が理性を失って
いる姿を見られているのであり、

あとになって思い出すと
とてもかっこ悪いものなのです。

それに、単なる
欲求不満の解消のために

怒っている自分にも気づき、

大いなる後悔を強いられます。

それならばこうした場合、

ちょっとした感情コントロールを
ここで取り入れるのはどうでしょう。

そうならば人を叱るときは、

あえて意識して低音の声で話す、

というのも理性的に
訴えるためのコツです。

ゆっくり喋るのも効果的です。

怖い表情で

「困ります。
よろしくお願いします。」

と、優しく語りかけるように
話しをするのも効果があります。

言葉が優しい分、

かえって怖さが強調され、

相手を怯えさせることにもなります。

きっと言うことを聞いて
くれるに違いありません。

あなたも心情的なストレスを
感じなくて済みます。

表情、言葉、声、

その全てで怒りを
表してしまうのではなく、

怒りと冷静さにバランスを
とりながら叱る

それが感情的に
ならないためのコツなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>