ぞんざいな扱い、軽く扱われる人、丁重に扱われる人の特徴


今回のテーマは、

ぞんざいな扱い、軽く扱われる人、
丁重に扱われる人の特徴

について紹介します。

有名なマズローの五段階欲求でも
自我の欲求というものがあり、

人は誰でも尊敬されたい、
大事にされたい思いがあります。

ただここで、

人から軽く扱われたり、

ぞんざいな態度を
とられたりすると、

「バカにするな」

とすぐにカッと感情を
爆発させてしまう人がいます。

でもこれは自分の態度を
少し反省した方が良い
かもしれません。

もちろん相手が悪いケースも
あるわけですが、大抵の場合、

人から軽く扱われるのは、

自分が「それなりのこと」
をしているからです。

スポンサーリンク

視点が狭いが故の未熟な行動

精神年齢というのは、

複数の視点で物事が見れるように
なるほど高まると言われます。

つまり、自分だけの視点で
世界を見てしまう人は、

未熟な人ということになります。

いくらお金があって地位が高く、
学歴があって、美しい容貌である

としてもです。

例えば、

スーツを着用して行かなければ
食事できないレストランへ

アロハ姿とビーチサンダルで
言って入店を断られる、

「困ります」という店員に

「金は持っているんだぞ。
貧乏人だと思って、バカにするな!」

と怒ります。

「訴えてやる、責任者を出せ、」

などと大騒ぎします。

しかも、その店で気持ちよく
食事をしている人のことなど
全く意に介さずだったりします。。

こうした人の特徴は、

視点が常に一方的すぎるのです。

ぞんざいな扱い、軽く扱われる人の特徴

実は「それなりのこと」
をしているのに、

差も自分が不当な扱い
されているように騒ぐのだから、

筋が通らない、
超身勝手な人だったりします。

そういう人には
誰も同情しないし、

人に文句を言う前に、

まず自分の頭の中身を
変えないと行けないかもしれません。

人間関係は映し出す鏡のようなもの、

ぞんざいな扱い、軽く扱われる人は、

自分の他人への態度に
問題があるケースがほとんどです。

本質を見失っているとも言えます。

もちろん理不尽なケースも
ありますが、

こうした時にふと我が身を
振り返られるようになるほど、

精神的成長ができます。
丁重に扱われるための

「僕はこれでも、課長と言う
肩書きを持っているんですよ。

この若さで。それなりの
扱い方をして欲しいなあ」

と文句を言ったり、

「私は子供の頃から
親の仕事の都合で

ずっと外国暮らしだったから
3カ国語話せるのよ、

バカにしないでよ」

と文句を言ったり、

恐らく相手は、そういうことを
言っているのではないのです。

丁重に扱われる人の特徴

子供が自分の持っている
おもちゃを自慢していても、

大人からすれば

「すごいね〜かっこいいね〜」

とは言うものの、
やはり軽く見るものです。

いくら若くして課長になった
という肩書きがあっても、

人を人とも思わない
傲慢な精神の持ち主だから

軽く扱われたり、

外国語を三か国語話せても、
他の常識を知らない娘だから、

バカにされたり、

そんな「それなりのこと」が

周りの人とトラブルを
起こす原因であり、

自分の事は棚に上げて、

すぐにカッとなったり
怒っているのでは、

誰も相手にしなくなるでしょう。

こう言う人は、

人から丁重に扱われる
人間になれるよう、

自分を磨く努力をしなければ
ならないと思い直しましょう。

本人のためだけでなく、
周りの人のためにもです。

自分に謙虚に向かい合う
ことができる人は、

感情コントロールのうまい人

なのです。

肉体的な成長は時期が来れば
止まってしまいますが、

精神的な成長はいくつ
になっても可能です。

そして、それは他人から
見れば分かるのです。

精神年齢が高いほど、
状況を冷静に見ることができます。

そういう人であれば、

決して周りからぞんざいに
扱われたりする事はありません。

人が他人が軽く見てしまう場合、

たいていは感情的な
未熟な部分が目につくからです。

心あたりがある人ほど
この辺りに注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>