誰でも一人の時間が必要で心理の回復には一人で過ごすのが大切

誰でも一人の時間が必要で心理の回復には一人で過ごすのが大切
今回のテーマは、

誰でも一人の時間が必要で心理の
回復には一人で過ごすのが大切

について紹介します。

私たちは日々、誰かと
接しながら暮らしています。

特に仕事となれば、

目の前の相手に気を使って
コミュニケーションをして、

やり取りをしなければなりません。

そうしたやり取りに
得意、不得意を感じる人は
それぞれいるでしょうが、

誰にとっても、
どんなに忙しくても

一日のうちにわずかな
時間でもよいから、

一人になれる時間を
持っている人、

また一人の時間を
大切にしている人は

感情のコントロールが
上手な人の特徴です。

もちろん誰かと仲良くやって、
楽しくやる時間も必要です。

一人で過ごすのは誰でも大切で

少しの時間であっても、
心理的な回復ができるのです。

人の感情というのは、

仕事机の上と同じです。

あれをやり、これをやり
しているうちに、

だんだんと乱れてきます。

そしてやがてカオスになります。

そのために仕事の効率も
低下してきます。

従って仕事の手を休めては、

時々整理しなければ
ならなくなってくるのです。

で、あれば早めにこまめに
整理整頓しておけばよかった、、

と後悔するのがパターンです。

スポンサーリンク

誰でも一人の時間が必要

さて「心の整理」のためには、

一人の時間が必要
になってきます。

ともかく一人にならなければ、

現代人には次々と
声がかかってきます。

電話がかかってきます。

メールが届きます。

周りの人から

「ねえ、この件だけど、
どうなっているんだっけ」

と話しかけられます。

「そんなことより、
これ早くしてくれよ」

と、せっついてくる人もいます。

これでは

「もう、いい加減にして」

と、心の中がかき乱されそうに
なるのではないでしょうか。

やがてそうした感覚も麻痺して、

情報洪水の中を溺れて
いるのに気がつかなくなります。

そうならないために、

一人っきりで自分とゆっくり
対話をするのが効果的です。

ひとりになって雑用から、
ひとまず頭を切り離して、

心を落ち着けて、
最優先にやらなければ
ならない事を考えます。

やり忘れていた事が
ないかを思い出してみます。

自分にとって何が大切か、
どんなゴールや目的を持っていたか、

しっかりと確認します。

そうやって頭の中を
片付ける」ための
時間が必要なのです。

一人で過ごすのが怖い、嫌い

という人もいるでしょうが、

短い時間であっても
一人の時間を持たなければ、

あまりに情報過多の現代社会では、

心理の整理整頓の時間が持てず
感情的なストレスが溜まってしまいます。

心理の回復は一人で過ごすのが大切

また一人の時間は、
リラックスするときでもあります。

ストレスの溜まった心を、

ひとりでいる、ゆったりとした
時間の中で癒すのです。

ストレスほど、

私たちの心をかき乱す
ものはありません。

時々一人で旅にに出るのも
良いでしょう。

或は一人で
遊びに出掛けるのも言いし、

カフェで一人で過ごすだけでも
構いません。

本や雑誌も持っていかず
携帯電話をオフにして、

心理の整理、心の充電に励みます。

漫画や映画を見るのも良いのですが、

できればあまり刺激を
受けないようにしましょう。

情報過多の現代社会、

ほんの少しの時間でも、

情報をカットして情報断食を
する方が、

心はリフレッシュできるのです。

肉体の休息のように
時々心理の休息が必要です。

また、もちろん一人の時間は、

好きな事に熱中できる
ときでもあります。

そうした自分の世界に浸る
時間も大切にしたいですね。

落語のCDを聞いたり、
鉄道模型で遊んだり、
本を読んだり、
ウォーキングで軽く
汗を流したりして、

心に楽しみを与えます。

それが、明日への
活力源となります。

上手に一人の時間を使って

整理し、休み、楽しむ、

こう言う生活習慣を持つ人は、

いつも平常心でいられるのです。

そして一人で過ごすのに
最も大切なポイントがあります。

ある人は、

「なかなか一人になれない」

愚痴をこぼしました。

なぜなら携帯電話が
すぐ鳴るからです。

そのたびに、

あーでもない、こーでもない、

と相手と話し合う事になります。

こう言う日常が、いつか感情の
コントロールを不能にするのです。

長い目で見れば、休みは
必ず必要になってきます。

回復時間なしに働き続ける
ことは不可能なのですから、

携帯電話やパソコンにも
注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>