ありがとうを強要し感謝を求めるより、日々を淡々とこなす事


今回のテーマは、

ありがとうを強要し感謝を
求めるより、日々を淡々とこなす事

について紹介します。

挨拶と同様にコミュニケーションに
欠かせないものとして、

「ありがとう」の一言で
スムーズになるものです。

確かにお互いに感謝の念を
伝え合うことは、

人間関係の礼儀でしょう。

しかし、これを重く考えすぎる
人間関係に複雑な問題を及ぼします。

ある料理屋の店主は

お客さんの

「おいしかった、ありがとう」

の一言を日々の仕事の
励みとしているそうです。

リーズナブルな値段で
いつも繁盛しています、

評判もなかなかのお店です。

とは言えお客さんの中には

「おいしかった」も
「ありがとう」も

何も言わずに帰って
いく人もいます。

そういうお客さんを
どう思うのかと聞いてみたところ

「同じお客さんなんですから、
おろそかになんて思いませんよ」

というのが、店主の言葉です。

なるほどと思いました。

「ありがとう」と言って
もらう事を心の励みとはするが、

こちらから

「ありがとう」を
求める事はないという事、

感謝をされれば嬉しいのは
間違いない事ですが、

それに一喜一憂せず、
自分の仕事を日々を淡々
とこなす事を大切にしています。

私たちビジネスマンも、

家族や友人関係においても、

ニュートラルさは武器になります。

そういう心構えで
いる事が大切なのです。

ありがとうを強要する人の特徴

というのも世の中には、

「ありがとうもいってくれない。
全然感謝をしてくれない」

とイライラしている
人が意外と多くいます。

感謝を強要して、それが
満たされずストレスを
溜めるているのです。

「先週は休日出勤までしたのに、
ウチの上司は、感謝の気持ちが
全くなくて、、

当たり前だ、みたいな顔をする!」

などと、

ありがとうと一言
いってくれれば気が済むのに、

という弁です。

確かに

「ありがとう、おかげ様で」

を言わないその上司も
上司なのでしょうが、

しかし、ありがとうを強要し

「ありがとう」と言って
くれないからと言って

イライラしてぷんぷんするのは、

「ありがとうと
言ってもらって当然。

私は感謝されるべき。」

という気持ちがあるからでしょう。

しかし、それは心の態度として
問題があるのではないでしょうか?

感謝を求めるより大切な事

「感謝の意を示せ」

と強要するのは、

これまた傲慢というのか、

心のボリュームが
小さいように見えます。

私たちビジネスマンも
一大人として、

プロとして仕事を
やっているのです。

役割はありますが、
頼まれて仕方なく

という事ではありません。

先ほどの料理屋も慈善事業を
やっているわけでなく、

しっかりお金を頂いているのです。

もちろんその対価以上の
サービスを提供しようと、

頑張ってやっているからこそ、

そこに感謝の一言があれば
非常に嬉しくなるのでしょう。

しかし、感謝がないからと、
やる気を上げたり下げたりする
のは上等とは言えません。

何か悪口を言われ
傷ついたり怒ったり、、

これならまだ分かりますが、

この場合、相手には悪意も
全くない訳です。

自分が行った親切
一つ一つに、

そのたびたびに

「ありがとう」という
感謝の気持ちを示しなさい、

と言われたらどう感じるでしょう。

あなたの目にはこう言う人が
どんな姿に移るのでしょうか。

感謝の強要より日々を淡々とこなす事

人には色々な考えがあり、
色々なバックグラウンドがあります。

こうした多様性を受け入れる
ことができる能力があるほど、

精神的なタフさを身につけている
ことにつながるのです。

例えば、

さだまさしさんの
「関白宣言」では、

亭主というものは女房に、

死ぬ間際になって

「ありがとう」と感謝の
言葉を言えば良いそうで、

そういう人もいるのですから、

ここは料理屋の店主に学び

「ありがとう」は求めない
という態度は重要です。

日々の小さなことまで
感謝の意を示す人も、

亭主関白な人もどちらが
正しいも間違いもないでしょう。

特に日本人は
言葉に出さなくても

伝わるという思いを持っています。

感謝して欲しい相手も
心の中で「ありがとう」
と言っているかもしれません、

…し、していないかもしれません。

それは分かりません。

しかしそれより大切なのは、

そんな事より自分が
やるべき事を淡々とこなし、

自分の誠意や親切が相手に
伝わろうが伝わるまいが、

どちらでも言いと思えば
良いのではないでしょうか。

「ありがとう」と言うか、
言わないかは、

相手の心の問題であり、
自分の問題ではない。

そう思っている人は

心が穏やかでいられるのです。

そして自分のやるべき事を
淡々とこなせる人が、

人生をうまく切り抜ける人なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>