人生のやる気が高まる締め切りを設定する仕事術の効果


今回のテーマは、

人生のやる気が高まる
締め切りを設定する仕事術の効果

について紹介します。

やる気というエネルギーは、

人生で成功をつかむ上で
最も大切な燃料と言えるでしょう。

ここでいきなりですが、
一つ質問をします。

あなたがもし後「2年」しか
生きられないとしたら、

何をしますか?

あなたに残された時間が
残りわずかだと考えると、

あなたの絶対に実現
したいことは何でしょうか?

これは

スピード成功、スピード仕事術
実現をしてくれる

究極の考え方です。

人生のやる気が高まる
仕事術の効果をあげてくれます。

実は私は毎年誕生日に
遺書を書くようにしています。

そうすると、

自分にとってどんな仕事や
どんな人、どんな時間が大切
ありありと分かってきます。

自分の人生にとって
何が大事かを再確認すると、

やる気がむくむくと
わき上がってくるのです。

スポンサーリンク

締め切りを設定する仕事と人生の効果

不老不死というのは
人類の究極の夢…という話もありますが、

人類は本当に死ななくなったら
どうなってしまうのでしょうか。

恐らく生産性がなくなる
と個人的には思うのですが、

人は締め切り(死)があるから
200%の力を出し切ることが出来ます。

そして人生で色々なことを
達成する人は、

自分で期限を設定し決めてやるのです。

締め切りのない人生や仕事では、

いつまでたっても
そこそこの力しか出せません。

誰もあなたに対してあなた以上に

「これをしなさい」
「あれをしなさい」

とは言えないのです。

全て自分の自由意志で
決められるのです。

そうして「自分らしい生き方」
を選択した場合には

後悔は生まれません。

そして「今の自分」を
いつも超えようとするから、

「ブレイクスルー」する
瞬間がどんどんやってきます。

「殻を破り続ける人」
になれるのです。

人生のやる気が高まる締め切りの設定

与えられている時間には
限りがあります。

毎年誕生日に遺書を
書き始めてから、

自分に「やる気」という
加速エンジンがついたことを
実感しています。

まるで自転車からスポーツカーに
に乗り換えたような感覚です。

無駄なことをしてダラダラと
過ごす時間がなくなりました。

人生にじりじりと時間と言う
命が燃えているのです。

そして仕事が出来る人は

いつも「締め切り」を
念頭に入れています。

そのパターンも多様に入れます。

人生の締め切り、
3年、1年、3ヶ月、
1週間、3日、50分

中でもいつ死んでも良いくらいの
覚悟で毎日に挑む人は強いです。

とつもなく強いです。

「時間は有限だ」と
自覚した瞬間から、

顔つきもがらりと変わります。

「明日があるから」
「明日やろう」

というのは禁句になります。

仕事が遅い人
仕事が出来る人はいません。

そしてそういう人は
仕事に締め切りを設定しておらず、

人生の締め切りも自覚していません。

「一日を一生と思って生きる」

それに勝る能力開発はありません。

「生きている間は
イキイキとしていなさい」

これはゲーテの言葉です。

人生のやる気が高まる仕事術の効果

締め切りを設定する仕事術は

同じ努力で成果を
三倍にする効果があります。

スピードを倍増させる魔法です。

とにかく「枠」を定めて
その中で全力を出し切ります。

そうすれば、

自分にとっての心理的負担も
限りなく軽くなります。

辛いと感じた時

「今日だけ頑張ろう」

まずはそう思い、
仕事に取り組むことです。

今日しか自分を変える
チャンスはないのです。

明日はまだ来ていませんし、
昨日はもう過ぎてしまっています。

だからこそ、

今日一日を全力を出す、

それは決して難しいことではありません。

努力をするよりもむしろ

「今日だけ頑張る」

と思い仕事をする、

それだけであなたの仕事の質
がらりと変わるでしょう。

人生のやる気が高まる締め切りを
設定する仕事術の効果を
ぜひ実感してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>