社内の有名人、無名人の違い、社外・社内に人間関係を作る方法


今回のテーマは、

社内の有名人、無名人の違い、
社外・社内に人間関係を作る方法

について紹介します。

人間関係は成功のカギを握ります。

そして、多くの人は人脈作り、
コネクション作りに励むわけです。

ところが多くの人が足元を見ずに、

なんだか難しそうな人脈の
構築に精を出している気がします。

まずは社内からしっかりと
つきあいを深めていけばいいのです。

そして前回、社内にライバルを
作る事のメリットについて
紹介しましたが、

確かに、、

自分よりできる人間や、
できるグループとつき合うと、

自信をなくすという
考え方があります。

そして萎縮するあまり
自分の実力が出せない…

同じレベルの人間となら
安心してつき合えても、

レベルの高い集団に入れば
劣等感を持ってしまう
という考え方です。

でも私は、この考え方には
根本で間違いもしくは
誤解があると思っています。

スポンサーリンク

人間は周りから吸収する生き物

なぜなら、
仕事でも勉強でも

レベルの高いグループほど
相手の優れたところを認め、

自分に劣るものがあれば素直に
教えてもらおうとするからです。

逆に自分の能力が
勝っている分野では、

相手に丁寧に教えたり
手を貸してくれたりします。

学習というのは相互関係なのです。

それを分かっているからこそ、
お互いを認め合うことができます。

一方レベルの低いグループは逆で、

足の引っ張り合いになりがちです。

相手の長所は認めようとせず、

自分に得意なものが
あればいばるだけです。

つまり、レベルの高い
グループと言っても、

最初から抜きん出た人間
だけが集まったのではありません。

個人の能力や成績には
ばらつきがあっても、

お互いの良いところを
出し合って全体のレベルを
あげていったのです。

社外・社内に人間関係を作る方法

朱に交われば赤くなる

という言葉がありますが、

自分がどれだけ頑張っても
集団が頑張らなければ、

集団の色に染まっていきます。

一方個人の実力が劣っていても
集団が優れていれば、

集団の色に染まっていくわけです。

これは、切磋琢磨し合う
人間関係と言えます。

そういう関係を、身近な人間
同士で作ることが出来れば、

そのグループ全体のレベルが
どんどん上がっていくのです。

これを人脈作りの際に最も
考えるべき土台とするのです。

では、具体的にどう言う方法で

そういう人間関係を
作ることが出来るでしょうか?

一つは、

自分の価値を認めてくれる
社外の人間とネットワークを
作ることですが、

でももっと手っ取り早く、

同じ考え方を社内に持ち込むこと
も十分に可能なはずです。

社内に人脈を築くメリット

自分の所属以外のさまざまな部署に

さっき説明した
ライバルを捜すことです。

個人やフリーランスで
仕事をする人は難しいですし、

小規模の会社であればもちろん
難しいわけですが、

会社の規模にもよりますが、

ある程度の規模であれば、社内に
人脈を築くことはメリットがあります。

日本の企業はだいたいが
部署単位に目標を立てます。

全体の達成目標が
決まればそれを部署に割当、

部署は小さなセクションや個人に
目標設定させると言うやり方です。

するとどうしても、

社内でも部署内の人間しか
目に入らなくなります。

上司は自分の部下だけに
目を光らせて、

部下もまた直属の上司や
同僚だけを気にします。

百人の社員がいようと
千人の社員がいようが、

ほんの数十人の世界に
閉じこもりがちなのです。

でも一歩踏み出してください。

もちろん社外もいいですが、
社内に人間関係を作ると

素晴らしいグループを
構築することが出来ます。

所属部署の枠から踏み出せば、

百人の会社には
百人の社員がいます。

仮に営業の一セクション
にいる人間が、

経理や企画と言った部署にまで
目を向ければ自分の職場の意外な
スケールに気がつくのです。

社内の有名人、無名人の違い

もっと言えば、

社内には「有名人」がいます。

例えば

「営業のAさん」といえば
総務の人間の経理の人間も、

「ああ、あのAさん」

とすぐに笑顔を浮かべる
ような人物が有名人です。

その反対に「無名人」もいます。

「経理のBさんねえ。
そんな人知らないな」

と、社内の他の部署の人たちから
頼りない反応しか返ってこない
人物のことです。

当然、値段が高いのは
有名人のAさんになります。

その人の顔や名前が
真っ先に浮かんでくるということは、

仕事の連絡でも依頼でも、

その部署の人間に頼むなら
まずAさんということになるからです。

では社内の有名人は
どうして生まれるのでしょうか?

テレビの有名人とは違い、

テレビ局の方からその人を
フューチャーしてくれるわけ
ではありません。

自分で自分を売り込んでいるのです。

普段は行動的で、職場内を縦横に
動き回っているということもあります。

あるいはとにかく
キャラクターが目立つと言う
ことだってあるでしょう。

でもそういった理由だけでは、

ただの目立ちたがり屋
で終わってしまいます。

確かに誰でも知っている
人間かもしれませんが、

鼻につくことだってあります。

社内の有名人になる方法

社内の有名人になるためには、

あくまで仕事の能力が
伴わなければ行けません。

能力や意欲やあるいは
人柄と言ったものまで含めて、

社内で名を知られる
人間になることが大切です。

ではどんな方法で
それが可能になるのでしょう?

一番簡単な方法は、
話題に上ることです。

社内の他の部署でしょっちゅう
話題に上る人間というのは、

その人を直接知らない人間に
とっても強い印象を残すからです。

例えば経理部の中で

「営業のAさんが
こんなことを話していた」

とか

「Aさんのプレゼンは
切り口がユニークだよ」

と言った話題が出れば、

「どういう人なんだろう」

という興味がわいてくるのです。

社内のネットワークを作ることで、

そういった自分自身の
宣伝効果も生まれます。

さまざまな部署の人間と
意見を交換し合えば、

印象に残ったやり取りはそれぞれの
部署でも話題となるからです。

部署内だけの人間関係にこだわると

そういった広がりは生まれません。

あなた意見もその場かぎりになります。

これでは自分の値段も
高めるのが難しいのです。

社外、社内、有名人、無名人も

よい影響で高め合える
人間関係を作るのは大切です。

ただしまず社内から、
他部署の人脈を作るのが
手っ取り早い方法でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>