転職がうまく行く人の特徴、すぐ辞める事なくタイミングを見る


今回のテーマは、

転職がうまく行く人の特徴、
すぐ辞める事なくタイミングを見る

について紹介します。

私の人生を振り返ってみても、

失敗やミス、後悔する行動を
してしまった背景には、

感情的な決断をしていたことが見えてきます。

逆に成功したうまく行った、
これはやって良かったと思う行動
の裏には理性的な判断をしています。

同じ判断をするにしても、

その時の自分たちの状態、
脳の状態によって決断は変わり、

その決断が行動を変えてしまうのです。

人材バンクで働く人から
こんなことを言われたことがあります。

「転職で成功したければ、
会社は絶対に辞めないこと」

つまり、今の職場が
どんなに不満であっても、

短気を起こして飛び出しては行けない
ということです。

「自分はいつでも買ってもらえる」

と思っても、自信があったとしても

会社を辞めてしまった人は、

人材バンクにとっては
ただの失業者だからです。

結局、その人に価値があるのは、

今現在どこかの会社に
籍を置いているからなのです。

人は見た目で判断すると言いますが、

内面が分かってくるのは時間が経ってからです。

労働市場においての見た目は
やはり役職なのです。

勤めているから値段もついてきます。

それより高い値段でも欲しい
と思う会社が現れたとき、

いい条件で転職ができるのです。

一方で失業者には値段がありません。

オークションであっても、

ゼロ円でスタートすれば安く買い叩かれた
としても文句は言えないのです。

スポンサーリンク

転職がうまく行く人の特徴

したがって

「クソ!こんな会社」

と思っても、あっさり辞めてはいけないのです。

感情的になっている時に
人は愚かな決断をしてしまいます。

とりあえず退職して、

じっくり新しい職場を
探そうと考えては行けません。

転職を本気で考える人こそ、

新しい職場が決まるまでは
今の職場を辞める事なく

タイミングを計らなくてはいけないのです。

よく考えた上での準備が必要なのです。

このことは、

ほんの少し冷静になって考えて
みれば分かります。

転職先も決めずに会社を辞めてしまえば、
たちまち無収入です。

自己都合の退職ですから、

雇用保険もすぐには下りません。

貯金を食いつぶしながら
新しい職場を探すことになります。

これは精神的にも経済的
にもつらいものがあります。

いい条件で再就職したいと思っても

そう簡単には見つかりませんから
次第に焦ってきます。

結局、いつまでも
無収入では暮らせませんから、

前よりもっと条件の悪い会社でも渋々
勤めることになります。

「転職」で自分の値段
あげることは出来ても、

失業者の「再就職」では確実に自分の
値段を下げるのだと思うようにしましょう。

感情で考えれば盲点が発生します。

こうした理性的に考えれば
簡単に分かる事も見えなくなります。

会社をすぐ辞める事のでメリット

「自分の値段」をあげたければ、

たとえ今の値段に不満があっても
自棄を起こしては行けないはずです。

転職という選択肢を持つのは
悪いことではありませんが、

すぐに辞めては行けません。

あるいは起業をする時も同じです。

独立するなら勢いで辞める…

ではなく徹底的に準備してから
辞めるべきでしょう。

会社を辞めるというのは、

自分の値段をどん底まで
下げてしまうことですから、

どういう意味でも得策とは言えないのです。

確かに会社で働いていれば、
嫌な気がさすことはあります。

不平不満を言いたくなる気持ちも分かります。

上司とどうしても合わないとか、

採算の取れない部門ばかり回されるとか、

「こんな会社に籍を置いても
自分の値段は一生、上がらない」

とか思う事はあります。

でも会社というのは変わります。

不満の多いときほど、
そのことを忘れてしまうのです。

メンタルマネージメントと
会社でのキャリアの上げ方は
別々に考えたほうが得策です。

例えば、三年前後の周期で
大きな異動があって、

まず上司が変わります。

二つの事業部が合わさったり、
新しい事業部が出来たりします。

トップが変わって体質
そのものが大きく変化したり、

主力となる事業が入れ替わったりします。

その変化のスピードが、

かつてとは比べ物にならない
くらい早まっているのです。

会社はすぐ辞める事なくタイミングを見る

したがって、

職場内での自分の値段も変わっていきます。

ある部署では目立たなかった社員が、

違う部署に移って一躍注目を
集める場合もあるし、その逆もあります。

上司も同じで、

「この人が上にいる限り、私には
芽がでないだろう」

と思っていても、

その上司があなたの上に5年10年と
居座ることはほぼありません。

上司が異動で違う部署に移ることもあるし、

あなた自身の配属が変わる場合
もあるのですから、

せいぜい、3、4年で嫌な上司との
直接の上下関係はなくなります。

そういった変化が起こるたびに、
あなたの評価も変わります。

自分の値段を変える
チャンスはいくらでもあるのです。

感情的に転職しようと
会社を辞める人の特徴は

長期的に見ればうまく行かない人なのです。

今の職場に居続けるのが苦しく
なったときには、

どうかそのことを思い出してください。

「辞める」という決断をするのでなく、
その「苦しい」状況を切り替える
メンタルタフネスを持つようにしましょう。

状況が変わればすべてが変わります。

転職する必要もないかもしれません。

あるいは転職するなら最高の
タイミングが来るはずです。

それは理性絵考えて最高と分かる瞬間です。

苦しいのはあなたの値段が
安くなっているからです。

でもそこで飛び出してしまえば、

さらに安値を更新する結果となるのです。

値段を上げるための実力を付けながら

しっかりとタイミングを見計らう
ようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>