仕事の失敗の不安の克服法、失敗をチャンスに変える方法


今回のテーマは、

仕事の失敗の不安の克服法、
失敗をチャンスに変える方法

について紹介します。

人生山あり谷ありですから、

全てが順風満帆に進む…

ということはあり得ません。

もしあるとすれば、、

それは全く行動していない
ということです。

前回、好きな仕事をするために
積極的に手を上げることの
メリットを紹介しました。

手を挙げてチャレンジしようと
思っても、

どうしても頭によぎるのは
失敗への不安でしょう。

そこでの

「でも、もし失敗したら、、」

という不安に対しては、
私なりの考えを説明します。

まず覚えておいて欲しいのが、

自分の値段、価値を高めるためには

自分の強み、長所でポイントを
稼ぐのが大切と紹介したのですが、

会社はその社員の取り柄に
値段をつけるのですから、

周囲より抜きん出た長所があれば、

他の部分が少しくらい
劣っていても高い値段がつくのです。

スポンサーリンク

失敗をチャンスに変える方法

劣った部分はマイナス評価には
なりません。

せいぜいゼロ評価です。

逆に優れた部分は注目されます。

これが学校の成績と
社会の仕事の大きな違いです。

なので失敗はそれほど
気にしなくて良いのであり、

不安になることはありません。

「自分から名乗り出た割に
たいしたことはないな」

などと上司から判断されても、

それによって値段が
下がることはないからです。

後ろ向きの失敗は攻められても
しょうがないですが、

前向きの失敗は
成長のためのチャンスです。

好きな仕事に対しては
誰でも熱心に取り組むはずです。

与えられた時間の範囲内で
自分なりの工夫を持ち込んだり、

企画やプレゼンのような
仕事であれば

アイデアや表現にも新しさ
を持ち込んでみたり、

とにかくベストを
尽くそうとするはずです。

まして自分から名乗り出てつかんだ
初めてのチャンスともなれば、

鼻歌まじりに片付ける
余裕はありません。

だからこそ仕事の失敗の
不安を感じる時は、

そういった、手を抜かない
態度さえ見せれば良いでしょう。

そしてその態度は結局、
自分の成長につながります。

これが最高のリターンになるのです。

仕事の失敗の不安の克服法

それでもし、失敗したとしても

「向いていないのかな」

と思われるだけです。

あるいは

「まだ経験不足だな」

と判断されるだけでしょう。

どちらにせよ、

値段が下がるほどのこと
ではありません。

その代わり、

もし成功すれば
一気に評価が高まります。

「彼のこの能力は使えるぞ」

などと思ってもらえるし、

「彼女にはもっと大きな
仕事を与えてみよう」

などと期待してもらえるからです。

これはどっちに転んでも
損はないということ、

そうであれば積極果敢に
チャレンジするべきなのです。

この考え方は仕事の失敗の
不安の克服法として

大切な考え方です。

失敗を経た成長にこそ価値がある

もちろん成長して業績を
上げた結果、地位が高まり、

トップとしての決断をしなければ
ならない時など、

失敗が許されない場面は来るでしょう。

しかしその時はまた別のゲーム
というわけです。

まずは自分の価値を上げる
ことに最大のフォーカスをすべきです。

そしてその時には失敗を
恐れずに果敢に挑戦すべきです。

そこから成長が生まれ、その
成長の結果で価値が生まれます。

会社というのは常に、

社員の使える能力に
お金を払おうとしますから、

その能力を見抜いてもらう
チャンスは全て、

利用すべきなのです。

自分の好きな仕事に
率先して取り組むということは、

言い訳や責任転嫁
入り込めない世界です。

従って、出された結果も
単純に判断されます。

うまく行けば本人の
能力が認められますし、

失敗すれば能力不足
と判断されます。

そして、積極的に
仕事にチャレンジすれば、

どう転んでも
自分のためにできるのです。

それだからこそ、

自分の値段を上げるまたとない
チャンスになるのです。

仕事の失敗の不安の克服法として
今回の話しをぜひ参考して、

自ら手を挙げていって欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>