友人、同窓会の話題は雑談として効果的、思い出を共有する効果


今回のテーマは、

友人、同窓会の話題は雑談として
効果的、思い出を共有する効果

について紹介します。

人生というのは
全ての思い出の積み重ねです。

誰かとの出会いの瞬間が現在ならば、

人それぞれ人生に波乱万丈があり、
楽しい経験や辛い経験など経て

出会いが生まれたわけで、

やはり過去の話は盛り上がります。

そう言った意味でも
友人、同窓会の話題は雑談として
効果的なものです。

特に学生時代の思い出は
時がたてばたつほど、

美しいものに思えてきます。

辛かったことや恥ずかしい記憶も、

笑って話せる思い出に
なっていることが多いと思います。

学生時代の話など、
過去の話をした後は、

「現在」について質問して、
話しを広げましょう。

「同窓会は最近されましたか?」

「今でも学生時代の
友人に会う事がありますか?」

などという質問は
話題作りに効果的です。

同窓会を定期的にしている場合は、

その話をしてくれますし、
もし同窓会をしていない場合は、

「同窓会か、、しばらく会っていないし、
みんなに会ってみたいな」

と次回の同窓会には
参加して見ようと思ったり、

旧友に連絡を取ろうという
気持ちにさせるかもしれません。

同窓会での雑談で気を配りたい事

そしてこうした思い出の共有が、

共感を生み、未来の人間関係を
作っていくのです。

ちなみに大勢の人が
参加する場での雑談で大切な
気配りと言うものがあります。

これまで雑談のテクニックや
テーマというのを

色々と紹介してきましたが、

話題作りに慣れてきたならば
少しずつ環境の場を意識する、

ということを初めてみましょう。

グループで会話をしている時、

輪の中には複数人いるのに、

その中の2人だけ
で会話が盛り上がっている、

周りには、一緒に来た
友人たちもいると言うのに、

まるで目に入らないかのよう。

特定の人以外は会話に加われず
とても気まずそう。。

このようなシーンを
同窓会だけでなく、

初対面の人が多い交流会や
立食パーティーなどで
見かけた事がありと思います。

大人数が参加するパーティーでは

周りの人を巻き込んで会話する事を
意識するといいです。

大勢の人がいる場での雑談のスキル

具体的にはどうすればいいのでしょうか?

自分が司会役になったつもりで

一緒に来た自分の友人や
周りの人に話題をふって、

会話に入れるタイミングを
与えるのです。

ここでも質問スキルというのは
非常に効果的なものです。

相手が一人でずっと喋る続ける
ような場合も、

タイミングを見計らって、
周りの人に話しを振ります。

「その話題については、
○○さんも意見をお持ちじゃないですか?
いかがでしょう?」

このように、さりげなく
周りの人に話しを振るのです。

「○○さんはどう思いますか?」
「皆さんはどう思いました?」

このように会話に入れていない人たちに
話しに入るきっかけを作れれば、

楽しい同窓会になるでしょう。

自分たちだけでなく、
周りも巻き込んで話せるように

思い出を共有して気配りをして
雑談ができるスキルは

さらにたくさんの人と、
深いつながりを持つ事にもつながるのです。

同窓会、友人の雑談が効果的な理由

また同窓会では学生時代の
友人に会えることはもちろん、

その頃に好意を持っていた異性と
会えることも楽しみの一つですね。

「相変わらず素敵だなあ」
「結婚して子供がいるんだな、時代を感じるなあ」

など久しぶりに会えたときの印象などで
話題が盛り上がることがあります。

会話を通じてだけでなく、

様々な思い出がありますから、

過去、現在、未来の時間の枠が
大きく広がるわけです。

同窓会というのは人脈作りのための
素晴らしい機会になるのです。

今の時代は
フェイスブックやSNSの普及で

疎遠だった友人と連絡を取ったり、
再開する機会が増えたと言う人も
いるかもしれません。

思い出を共有する効果は、
親密さを築く仲良くなる秘訣です。

仕事で会う人も、

旧友の人と一緒だと
ビジネスモードとはまた違う
リラックスした表情が見えます。

気の置けない友人は
大人になるほど大切なものですし、

同窓会の話題というのは
そういった意味でも効果的なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>