仕事は守破離で成功する、プロになる人プロになれない人の特徴


今回のテーマは、

仕事は守破離で成功する、
プロになる人プロになれない人の特徴

について紹介します。

結果を出す為にはプロに徹する
必要があるわけですが、

その為にはプロのスキルを身につける
必要があると言えます。

そしてある職業で熟練するには
3つのプロセスがあります。

「守る」

「破る」

「離れる」

の三段階です。

どんな分野でも同じステップであり、
これを一般に「守破離」といいますが、

もともと武道や茶道で発達したもので、

後に言語化、体系化された
修行に対する行動様式です。

江戸中期の茶人、川上不白は、
その著書『不白筆記』の中で
以下のように書いています。

「守はまもる、破はやぶる、
離ははなると申候。

弟子に敎るは此守 と申所計也。

弟子守を習盡し能成候へば
自然と自身よりやぶる。

これ上手の段なり、さて、
守るにても片輪、破るにても片輪、
この二つを離れて名人なり、

前の二つを合して離れて
しかも二つを守ること也」

この考え方から生まれたこの
守破離というステップは

プロになる人
プロになれない人の特徴

を考える上で重要です。

スポンサーリンク

仕事は守破離で成功する

仕事で成功する上でも
大切なステップ、

守破離を私なりに補足を
加えて解説したいと思います。

「守る」というのは、

師匠について仕事の型を
習得する段階です。

型は先人たちが築き上げた
知の体系であり、

その道のプロになるならば
必ず身に付けていかねればならない、

その仕事の基礎技能です。

型がないまま仕事をすると

「形無し」という言葉があるように

誰からも評価されませんし
すぐに成長も止まってしまいます。

適切に成長する為、

型というのは相当部分が

マニュアル書には書き起こせない
暗黙の知識で出来上がっていますから、

師匠について直接技能伝承
してもらう以外に方法がありません。

師匠などと言うと古くさく思う
かもしれませんが、

自分が尊敬できる人の
真似をするのが一番です。

企業社会で言えば先輩や上司
或は社外の人でも良いから、

「この人みたいに
できるようになりたい」

と思う人と、
疑似師弟関係を結んで、

身近でじっくり観察して
盗んで行く種類の仕事です。

「守る」段階を終え、

やっとプロの入り口に立つ事が出来ます。

プロになれない人は
この部分をスキップしてしまうのです。

「守り」をおろそかにして
仕事の成功はありません。

プロになる人の「破る」成長の特徴

「守る」の次にくるのが
「破る」という段階です。

身につけた型に自分なりの
新しい技能を付け加えて、

自分らしいやり方に
アレンジしてゆくのです。

「型破り」という言葉は
ここから来ています。

要するに、

オリジナリティを加える
という段階です。

○○式や○○流などの自分の名前
を冠した方法を開拓できると、

プロとしての名声も一気に高まります。

オリジナリティがあると、

他の誰でもなく

「この仕事はあの人にお願いしたい!」

という指名が入るようになるのです。

口コミや指名だけで
全ての業務を満たせれば

それは一流のプロの仲間入りと
言えるでしょう。

そこまではしっかり守を守りながら
自分なりの破を開拓しなければ行けません。

例えば、企業で言えば

営業職で、相手からの
依頼や紹介だけで目標数字が
達成してしまうという状態です。

ここまで来てようやく
プロになる人の特徴です。

そして「破る」という段階は
同時に自分自身を鍛え上げ、

磨きをかけるという段階でもあります。

技術的に向上を続けるだけではなく、

精神的にも

「プロフェッショナリズム」

といわれる
プロ意識が身につくのです。

プロ意識というのは、

「自らのこだわりと利他のために
本気で最高品質を目指す」

「一定以上の結果を安定的に出す」

「全てを自分で決め、
自分で管理し、自分で責任を負う」

「職業倫理を持ち、職業
としての正義に忠実である」

などを指します。

守破離のの期間はどれくらい?

そして「破る」の次が「離れる」です。

型に縛られず、型を意識せず、

その職業の代表者として
信念に基づいて活動する段階です。

まさにその道のプロ中のプロ…

将棋で言う名人位が
もっともぴったり来る事例でしょう。

昔から「名人に定跡なし」
と言われます。

名人は定跡に縛られるのではなく、

むしろ積極的に型を破り、

型を離れ、新しい手順を
開発する事を期待されているのです。

一つ一つの動作が自然です。

「離れる」の段階は、

物事の真理に迫る段階とも言えます。

どのような分野であれ、

真理に迫る人は
専門分野以外に対しても、

極めて示唆に富んだ言動を
するものです。

ただし、これは相当に
高度なレベルなので、

まずは、オリジナリティで
評価される「破る」の段階に到達し、

長く活躍する事を
目標にすれば良いのでしょう。

それでは、守破離のそれぞれの期間は
何年くらいが標準なのでしょうか?

「守る」段階は概ね10年間
というのが相場だと思います。

早くに「守る」を
完了する人もいますが、

落語家でも、料理人でも、
研究者でも、ビジネスマンでも

仕事でその道のプロとして
一人前になるには、

そのくらいの長い
修業期間が必要なのです。

プロになる人プロになれない人の特徴

そしてトッププロになる人

「破る、(人によって「離れる」)
に達する期間も含めて」

期間が30年というところでしょう。

カリフォルニア大学の
D・K・サイモントン教授が、

経験年数と創造的生産性の
関係を分析した結果、

経験10年前後で創造可能性が
高い段階が始まり、

20年前後でピークを迎え

40年前後でその時期を終える
としています。

これは守破離の期間、

さらにはプロの寿命ということを
現している結果だと思います。

実際、ノーベル賞受賞者が対象となる、

発見、発明をしているのは
経験20年前後に多いそうです。

まさしく「脂が乗った」状態なのでしょう。

大学を卒業して20年後は
40代ですから、

この時期に大きな業績が
集中するというのは

私たちの実感ともマッチします。

もし一つの道を極めて、

それでもまだ意欲が溢れていたら
どうしたら良いのでしょうか?

それはまた次の道に
挑戦すれば良いのです。

2回目は、道を究めるという事に
関するノウハウ(方法記憶)が
すでにありますから、

「守る」段階に必要な
時間は短くなるため、

もっと早くにその道のプロ
として活躍できるようになります。

人生で二度も仕事は守破離で成功し、
成長する醍醐味が味わえたら、

これほど幸せな事はないかもしれません。

いずれにしても離にワープする
方法は残念ながらありません。

映画マトリックスではカンフーなど
スキルも脳にダウンロードできていましたが、

まだまだ先の未来のことでしょう。

仕事は守破離で成功するわけです。

中でも土台となる守をいかに
律儀にこなすかで、

プロになる人プロになれない人の
違いが生まれて行くわけですから、

しっかりと基礎力を付けることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>