効率的に収集し整理するために情報収集の仕組みのコツと活用法


今回のテーマは、

効率的に収集し整理するために
情報収集の仕組みのコツと活用法

について紹介します。

今は情報化社会と呼ばれ、

インターネットのおかげで、

私たちは今や、

ものすごい量の情報に
囲まれて生きています。

平安時代の一生分、
江戸時代の1年分の情報量を、

現代人は1時間で受け取れる
とも言われています。

そうしてあふれる情報の中で、

自分に必要な情報、
自分が欲しい情報を

出来る限り効率的に
収集し整理するためには、

どうすればいいのか・・

そこでも「仕組み」を
活用する事が出来ます。

これからの時代は、

ただ情報を集めるだけでは
いけません。

うまく整理して活用する、

ここではそんな情報収集
の仕組み作りについて、

紹介して行きましょう。

原則は、

「受け身になる」
「情報の入りを塞がない」

の二つです。

スポンサーリンク

情報収集の仕組みを活用法

情報を扱う上でまず考え
なければ行かないのが、

インプットの技術です。

そのための情報収集の基本の一つ、

「受け身になる」

という事ですが、

これはつまり、

情報が向こうからやってくる
「仕組み」を作る事です。

それはつまり、

「自分から情報をとりに行かないと、
必要な情報は入ってこない」

という状況から脱却して、

向こうからやってくる
情報に身を任せていれば、

自ずと必要な情報が
入ってくる状態になる、

という事です。

このために少し技術的な
知識が必要なのですが、

そのためには、
インターネットの場合は、

メールニュースやRSSを
活用すると良いでしょう。

私が好んで読んでいるのは

Bulknewsという配信サービスで、

好きなサイトのニュースを
自分のアドレスにメールで
配信してくれるシステムになっています。

また雑誌の場合は、

定期購読を15誌ほどとっています。

これも「受け身」の状態で
待っていれば良い訳です。

あるいは、友人や先輩から

「オススメの本を聞く」

というのも良いでしょう。

特に尊敬する人が
読んでいた本やオススメの本は

必ず読むようにしています。

効率的に収集し整理する情報収集の方法

さて二つ目のコツですが、

「情報の入りを塞がない」

というのは、

文字通り、

何でもウエルカム
ということです。

つまり、どんな内容でも
入ってくる状態を作っておく事です。

情報収集は、

放っておくと自分の好きなものに
偏る事が多いようです。

脳の特性として、

意識しないと自分の興味があり
好きなものしか読まなく
なる傾向があります。

そうなれば、
考え方に癖がつきます。

気がついたら同じ媒体の、同じような
情報しかインプットしていない、

となれば成長はないわけです。

そうならないためにも、

何でも入ってくるように
している事が必要です。

それによって、

色々な視点や考えを
持つ事が出来るからです。

情報洪水の波に溺れないために

また、何でもかんでも
ランダムに読み情報収集すれば良い

という訳でもなく、

「目的を持って読む」

というのは効率的に
情報を収集し、整理するために
大切な考え方です。

先ほども言ったように
情報は洪水のようにあふれています。

そんな中で目的なしに収集しては、

その情報の洪水に
巻き込まれてしまい窒息します。

右も左も上も下も、情報に
囲まれている現代社会では、

「目的」がなければいけません。

この仕組みをうまく使ったのが
グーグルなどサーチエンジンでしょう。

ある目的の「キーワード」を
入れればそれに関連する情報を
まとめてくれているのです。

私たちの脳もこうしたグーグル
のような仕組みがあります。

「仕事のアイデアを出す」
「次の会議の話題のため」
「友人との円滑な雑談のため」

など目的意識を持って
情報に接すると、

脳が上手く情報を活用してくれるのです。

効率的に収集し整理するための
情報収集の仕組みのコツと活用法

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    「入口を塞がらない」なんて言い回しは日本語には無いよ。

    • admin より:

      コメントありがとうございます。
      ミスタイプでした。修正させていただきました。
      「塞がらない」→「塞がない」でした。
      ご指摘感謝します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>