予言の自己成就と期待が生む効果の心理学、教育や恋愛の具体例

予言の自己成就と期待が生む効果の心理学、教育や恋愛の具体例
今回のテーマは、

予言の自己成就と期待が生む
効果の心理学、教育や恋愛の具体例

について紹介します。

未来予言のような話は、

スピリチュアルな世界でも、
政治経済の分析でも、

よく言われますが、

それが当たったり外れたり、

時にはノストラダムスの大予言
のように世間を大いににぎわす
ことも割るわけですが、

こうした予言にまつわる考えを
心理学の観点から見てみると、

興味深いことが見えてきます。

ある小学校のあるクラスで、
知能テストが行われました。

結果を見た研究者は、

そのクラスの担任教師に、

何人かの生徒に関して
こう予言しました。

「この生徒たちの知能は、
将来飛躍的に伸びるだろう」

と、

半年後、再び知能テストが
行われたところ、

半年前に予言されていた
子供たちの成績は実際に
伸びていました。

果たして先生には
未来が見えていたのでしょうか?

スポンサーリンク

未来を予言した先生の正体

これは、1968年に
実際に行われた心理学実験です。

実は、この

「知能が伸びるだろう」

と言われていた生徒は、

知能テストの結果に関係なく
ランダムに選ばれた生徒でした。

つまり、担任教師に
予言をした研究者は、

実際にその子供たちの知能が
伸びるかどうかなど

知りようがなかったのです。

しかし、実際に生徒たちの
学力は上がったのです。

先生は予言者でも超能力者
でもなく、普通の先生でした。

それにもかかわらず、

なぜ、実際にその生徒たちの
知能は伸びたのでしょうか。

ここには面白い人間の心理
メカニズムが隠されているのです。

期待が生む効果の心理学

その理由については、

担任教師が、知能が伸びる
とされた生徒たちに期待し、

無意識のうちに他の生徒たちとは
違う接し方をしていたため、

といわれています。

担任教師は、

「知能が伸びる」

と予言された生徒たちに、

より注目するようになります。

授業中にその生徒たちの事を
指名する機会が増えるでしょうし、

彼らに対して、

「知能の高い、出来の良い生徒」

に接するような態度を
示すようになります。

担任教師の態度は、

生徒たちにも影響します。

自分が期待されているという事を
担任教師の態度から

敏感に感じ取った生徒たちは、

その期待に応えようと、
前にも増して努力をし、

授業中にも積極的に
発言するようになっていきます。

そうした姿勢を見た担任教師は、

「やはりこの子は
知能が高い子なのだ」

と再確認し、

その生徒への期待はさらに
高まっていきます。

こう言った循環が続いた
半年後、

「知能が伸びるだろう」

と予言された生徒たちの
成績が飛躍的に伸びていたとしても、

不思議はありません。

このような現象を、

社会心理学では、

予言の自己成就と呼んでいます。

つまり、予言を受けた
担任教師が、

自らの手でその予言を
成就させていたのです。

未来予知でもなんでもなく、

これが実際に私たちの心に
起きる可能性のあることなのです。

予言の自己成就、教育や恋愛の具体例

教育だけでなく、

私たちの日常生活や恋愛でも

こうした予言の自己成就は
頻繁に行われています。

先の例のように良い方向に
向かう事が理想的なのですが、

悪い方向に働く場合もあります。

例えば具体例を挙げます。

あなたが初対面のAさん
に出会ったとします。

ここで、あなたの親友
Bさんがあなたに対して、

「Aさんは、あまり
社交的な人ではない」

と告げたとします。

それを聞いたあなたは、

Aさんに対して、

少し距離を置いて
つき合うようになるでしょう。

実際にAさんについて
ほとんど何も知らなくてもです。

自分から話しかける事は
あまりせず、

Aさんから話しかけられた
としても、

よそよそしく会話を打ち切って
しまう事もあるかもしれません。

こうしてもしかしたら
素晴らしいかもしれない、

人間関係を壊してしまった
かもしれません。

実際は、Aさんは
非常に社交的な人間であり、

BさんはAさんの事をただ誤解
しているだけかもしれません。

しかし、

あなたがAさんに対して
距離を置いた付き合い方を
してしまうため、

Aさんはあなたの前で、

社交的な面を見せる
機会がなくなってしまうのです。

そこで、このあなたとAさんの
交流を見ていた第三者が、

Aさんはあまりつき合いやすい人
ではないのだな、

と判断してしまう
可能性さえあります。

期待が生む効果、悪循環と好循環

予言の自己成就をうまく使えば
教育現場などでは、

生徒に好循環を
与える事も可能です。

しかし予言の自己成就は、

このような悪循環を生んでしまう
可能性も秘めているのです。

こう言った現象は、

社会心理学の実験でも
多く見られており、

社会に根強く残る、

偏見差別ステレオタイプ
と言った問題がなぜ起こるのかを

説明する一つの
手がかりになっています。

一度告げられた予言に
逆らって行動をするのは、

そう容易な事ではありません。

期待が生む効果の心理学は、

教育や恋愛などの
様々な部分に見られます。

もしかしたらあなた
自身も知らず知らずのうちに、

誰かに対して予言をかけて
しまっているのかもしれません。

また予言をかけられて
いるかもしれません。

悪徳商法やカルト宗教、
詐欺の世界でも使われる手口です。

それが良い効果を生むのであれば
良いのですが、

悪い結果を生んでいるとしたら
今回の具体例を理解し、

対処策を考える必要もあります。

人間心理はこうした単純な
効果が働いていることをよく知り、

人生に役立てるように
活用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>