スファラディ、アシュケナージ、ミズラヒと分類できるユダヤ人 


ユダヤ人は世界に散らばった後、

各地で混血しており、一つの
血を分けた民族とは言えません。

ユダヤ人と言えば、

「ワシ鼻」というイメージが
あるかもしれませんが、

これは西ヨーロッパ系の
ユダヤ人の一部に過ぎず、

実際は顔つき、肌の色、髪の毛
など多種多様なのです。

基本的に世界のユダヤ人口は、

スファラディ(イベリア半島系)、
アシュケナージ(中欧、東欧系)、
ミズラヒ(中東、北アフリカ系)

の3系統に分類されます。

祖国を失ったユダヤ人は、
移住を余儀なくされ、

「離散(ディアスポラ)」

の状態におかれるのですが、

紀元70年にローマ帝国によって
征服され、エルサレム神殿は破壊され、
ユダヤ人は広く世界中に四散します。

かつてのユダヤ社会のような
神殿祭祀を脱し、

ラビの指導により戒律の実践と
聖書やタルムードの研究
中心とする物に変質し、

スファラディ、アシュケナージ、
ミズラヒと、それぞれの文化的
区分が生じるようになるのです。

スペインに移住したユダヤ人

もともと、現在のイスラエルに
住んでいたユダヤ人の中で、

紀元前1世紀にスペインに
移り住んだ人たちが、

スファラディの先祖であり、

その語源は、ヘブライ語
スペインを意味する

セファラドに由来します。

ヨーロッパでは11世紀末から
十字軍派遣を機に異教徒討伐の
名の下で、ユダヤ人迫害は激化され、

また職業組合からも排除されたため、

キリスト教徒に禁止されていた
金融業に従事するようになります。

そして中世を通じ、最大かつ
最も洗練されたユダヤ人社会を
作り上げた彼らも、

キリスト教徒により
徹底的な迫害を受けます。

1492年、キリスト教による
国土統一を完成したスペインでは、
ユダヤ教徒追放令が発せられ、

スペインからの追放により地中海
世界全域に離散します。

主な亡命先はオランダや
トルコ帝国でした。

スファラディ系、アシュケナージ系ユダヤ人 

一部は西半球へ移住し、

コロンブスの第一回航海に
参加した乗組員の3分の1は

新天地に活路を求める
スファラディ系ユダヤ人でした。

東へ向かった人たちは、

バグダッド、シンガポール
香港、上海へ進出、

財閥を築いたサスーン、
カドゥーリはその名家です。

一方、アシュケナージとは

ヘブライ語でドイツを意味しますが、

9~10世紀に大挙して西欧、
中欧へ移住したユダヤ人の子孫です。

イタリアでは16世紀半ばに
ユダヤ教徒を集団隔離する
居住区ゲットーが現れ、

西欧各地に広まります。

ドイツを中心とする西欧に暮らしていた
アシュケナージ系ユダヤ人は、

彼らは14世紀以降、

黒死病流行の際の
ユダヤ人大虐殺を機に、

ポーランドやウクライナなど
東欧へ拡大し、繁栄するものの、

17世紀半ばのカザークの
反乱などで迫害されます。

19世紀半ば以降は北米に進出します。

イスラエル建国の中心勢力は
彼らでした。

ミズラヒ系ユダヤ人 

ヘブライ語で「東」を意味する
ミズラヒは、

西はモロッコ、南はイエメン、
東はアフガニスタンに至る中東、

北アフリカに拡散したユダヤ人です。

主に中東イスラム世界に居住しましたが、

それ以外にも、

インド(コーチン)中国(開封)や、
エチオピアのユダヤ人であるファラシャも
ミズラヒに含むとされます。

もともと、
イスラム圏に居住したユダヤ人は、

人頭税を払えば

生命、財産、信仰の自由が保障され、
法理論上は二級市民であったものの、

イスラムと同じ神を信仰する
「啓典の民」とみなされ、

散発的な迫害を除けば、
概してムスリムと比較的
平和裏に共生していました。

彼らは11世紀以前には、

世界ユダヤ人口の半分を
占めるほどでしたが、

近世以降は移住先の衰退と連動する形で、
数的、文化的に劣勢に立たされます。

さらに、イスラエル建国直後に
起こったイスラム諸国の

ユダヤ人迫害が追い討ちをかけ、

1960年代までに87万人の
ミズラヒが故郷を追われ、

そのうち60万人が
イスラエルに亡命します。

今日では、イスラエルを除けば
中東、北アフリカの

ミズラヒ共同体は衰亡に瀕し、
3000人を擁するイランの
共同体を上回るものはありません。

が、しかし、いずれの地でも、
迫害と離散を繰り返す歴史の中で、

各地に離散しながらも2000年近く
同化せずしぶとく生き残り、

独自のユダヤ道、ユダヤ主義を
守って来たという例は歴史上
他には存在しないものです。

アシュケナージとハザール人

 

さて、

こうした区分にはもちろん諸説、
議論があるのは言うまでもありません。

どの歴史が正しいか判断は
難しいものです。

今日世界のユダヤ人口の
80%を占める

アシュケナージ系の先祖は、

「パレスチナ→西欧・中欧→東欧」

へと移動して来たユダヤ人ではなく、

ユダヤ教に集団改宗したコーカサス
北部出身の遊牧民族ハザール人が

西進してきた末裔だと言う説もあります。

ジャーナリストの
アーサー・ケストラー著

『第13番目の部族』

がその代表ですが、

反ユダヤ勢力による、

アシュケナージを「本当のユダヤ人」
と認めない論説ですが、

パレスチナを領有しイスラエルを
建国した現代ユダヤ人の権利否定の
根拠として長い間利用されてきましたが、

真相はどうなのでしょうか?

ユダヤ人の遺伝的均一性

史実に照らせば、

黒海、カスピ海北岸に建国された
ハザール王国では、

8世紀に確かに国王以下の支配層が
ユダヤ教に集団改宗しています。

これは周囲のイスラム、キリスト教の
二大勢力に対抗するためでした。

しかしこの史実から、上記の仮説を
導き出すには極めてずさんであり、

例えば、

中世ラビ文学にハザール人に
関する記述が全くないのはなぜか、

ハザール人はトルコ語を話していたのに
なぜアシュケナージ系ユダヤ人は
イディッシュ語を話すのか、

こうしたユダヤ人史学者からの
批判に全く応えられません。

そして今日ではなんと
歴史遺伝子学の発達より

「ハザール人起源説」は
完全に破綻へと追いやられました。

父系祖先を辿るY染色体と
母系祖先につながるミトコンドリア
DNA(デオキシリボ核酸)

ここに含まれる特定遺伝子の変異を調べ、

現代のアシュケナージ
約1000万人の系譜を辿ると

全員が14世紀のドイツの
ラインラント地方と東欧に居住していた
1500家族にたどり着くそうです。

ほとんどのアシュケナージは
共同体内で結婚を繰り返してきたため、
それが遺伝的均一性として現れるのです。

ユダヤ人の血脈は想像以上に
連続性がある事も、この一連の
流れで分かったのです。

いずれにせよ、

各地にバラバラになりながら、

「聖書」を精神の支えとして、
「タルムード」を生活の支えに、
ユダヤ人は生き抜いてきたのです。

これがユダヤ人の独特な
考え方、生き方を作ってきたのです。

そして世界から見れば人口比は
圧倒的に少ないにも関わらず、

世界の文化に大きな貢献をし
経済、金融に巨大な勢力を
振るっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>