正直者は損する、得する?社会的ジレンマの心理学の意味と特徴


今回のテーマは、

正直者は損する、得する?社会的
ジレンマの心理学の意味と特徴

について紹介します。

人生にジレンマはつきものです。

どうすれば良いか…迷ってしまいます。

そうです。

人生は選択の連続なのです。

図書館から借りてきた
本を破ってしまった。

正直に伝えれば
罰金をとられるだろうか、、

黙っていたらバレないかもしれない。

正直に伝えるべきだろうか・・・

う〜ん、どうしようか…

頭の中で問答が繰り返されます。

私たちの日常生活においては、

あちらを立てれば
こちらが立たず、

こちらを立てれば
あちらが立たず、

という板挟みの状況を
社会的ジレンマと呼びます。

このようなとき、

自分の利益だけを考えれば、

黙っておくのが得策でしょう。

まさに

「正直は損をする」

ということわざ通りですが、

実際に心理学の世界では
そうとも言い切れない特徴があります。

スポンサーリンク

社会的ジレンマの心理学の皮肉

社会的ジレンマというのは

一人一人は自分の得に
なる行動を選べますが、

全ての人がそのような
自分勝手な行動をとると、

逆に全員が不利益を被って
しまうような状況を指します。

つまり回り回って
自分も損してしまうのです。

例えば、

図書館の場合では、

多くの人が本を汚したり
破いたりした後に黙っていると、

図書館の本を快適に使える
状態を維持できなくなって
しまうでしょう。

すると、図書館の維持の
ためのコストが上がり、

閉鎖になったり、税金が
上がる可能性だってあります。

(かなりショートカットしましたが)

これでは、

皆が困ってしまいます。

社会的ジレンマの皮肉なところは、

自分の利益を優先する行動
(全体のためにならない行動)

をとる人が少数の場合は、

確かに自分の得になるのですが、

そのような人が多くなると、

逆に自分も含めた
全員が不利益を被ってしまう、

というところにあります。

そして、私たちの生活は
多くの人が関わっているのです。

一人勝ちはできない世の中です。

社会的ジレンマの具体例に見る意味と特徴

次に朝の通勤、通学ラッシュ
の場面を考えてみてください。

通勤者や通学者は我先にと、

駅のホームでせわしなく
移動しています。

電車のドアが閉まり
かかるときに駆け込み乗車をして、

発車時刻が遅れると言う
ことがよくあります。

これでは、大勢の人々が
職場、学校に早く到着したい

という自身の都合を優先した結果、

結局全員が遅れてしまうのです。

もし、駆け込み乗車をする人が
少数であれば、

その人たちが得をするだけで済みますが

(もちろん、乗客の冷たい視線には
耐えなくてはなりません。)

次から次へとホームに
来る人たちが皆が無理に電車に
乗ろうとしたらどうでしょう。

ドアが開閉を繰り返すばかりで

電車が出発することが
出来なくなってしまいます。

社会的ジレンマの心理学の意味を
皆がしっかり理解しておけば

皆が得をするのです。

社会的ジレンマと環境問題

社会的ジレンマの構造が
よく見られる分野の一つとして

環境問題が有名です。

オゾン層破壊や温室効果ガス
排出を抑制するための努力が、

国や自治体から勧められて
いるのにも関わらず、

個人の家庭でも企業でも

環境を最優先した行動を
全ての人がとっている

とは言いがたい状況です。

なぜ私たちは、

積極的に環境問題の対策
行動をとらないのでしょうか。

目に見えた効果を感じられない、
情報や教育の浸透がまだ未熟、

など色々あるでしょうが、

その理由として、

社会的ジレンマの
構造という特徴そのものに
問題があると指摘されています。

環境に良い行動とは多くの場合、

余計にコストがかかったり、
面倒だったりします。

自分だけが環境に良い事をしても、

他の人々が自身に都合の良い環境
(環境には悪いが安い商品を買うなど)

をとるのであれば、

結局自分も含めた社会全体が
不利な立場に陥ってしまうからです。

私たちの動物的本能は
どうしても目の前の利益が
美味しそうに見えてしまうものです。

しかし将来の影響を冷静に
考えられるようになれるかどうか、、

これからの人類の課題と言えるでしょう。

正直者は損する、得する?

正直者は損をすると言う
ことわざが本当に正しいのかどうかは、

社会的ジレンマをその場
一回限りの選択と考えるのではなく、

長く続く人間関係において
どのような影響を与えるか、

という視点から
考える必要があります。

野球やボクシングのように
一回で終わらないゲームです。

最終回に一発逆転もあるのです。

社会的ジレンマ状況においては、

その場で自分の利益に
なる事を選ぶのが、

「得」であると考えがちです。

ですが、そのように
自分勝手な行動をして

他の人に迷惑をかける
ような人物を見て、

周りの人はどう感じるでしょうか。

きっと、信用ならない人間
だと判断されるに違いありません。

短期的に「得」をしても
長期的に「損」をすることになります。

逆に言えば、

短期的に「損」をしても
長期的には「得」をすることも可能です。

正直者は長期的に得をする法則

私たちが人生で作り上げる
人間関係の多くは、

長く続くのです。

もう少し想像力を働かせれば、

私たちの子供たち、

子孫代々まで考えれば、

途方もなく長い時間、多くの
人が関わるのが人生です。

そのような中でどのように
他の人から判断されるのか、

受け入れられるかは
非常に重要な事であり、

それは先程述べたような一回限り
の「得」を遥かに上回るものです。

「正直の頭に神宿る」という
ことわざもあるように、

「正直」であるという性質は
好ましい人間であると言う
評判につながり、

そのような評判は長く
効果を持つでしょう。

一回一回の行動でたとえ
損をしても、

全体のためになるような
行動をとる人は、

実は自分の得になる
行動をしていると言えるのです。

周りからの評価が高ければ、

例えば、

周りから容易に助けを
得る事が出来るのです。

また良い評判というのは、

築き上げるのには
長い時間がかかりますが、

崩れるのは一瞬である、

という特徴を持っています。

他の人に見られていない時だけに

自分勝手で他の人に
迷惑をかける行動をとる、

というずるい人は、

いつしか本性がバレて、

それ相応の報いを
受ける事になります。

「情けは人のためならず」

ということわざの通り、

正直者の正直も
他人のためではなく、

自分のためだと言えるのです。

そう思うと、自分の生き方も
少し変わるのかもしれません。

この意味を社会的ジレンマの心理学
から見る事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>