休日の過ごし方は仕事でもプライベートも使える雑談の定番


今回のテーマは、

休日の過ごし方は仕事でも
プライベートも使える雑談の定番

について紹介します。

オンとオフの切り替えが
上手な人ほど、

このストレス社会を
豊かに生き抜くことができます。

仕事を充実させるためには、

プライベートでの充実は
不可欠な要素なわけですが、

「あなたはどんな風に
休日を過ごしますか?」

休日や長い休みの過ごし方の
話題は仕事でもプライベートも
使える定番の雑談です。

長期休暇の前後、

GWであれば4月、
お盆前なら8月、
お正月なら12月、

に入ったあたりから出来る話題です。

季節ごとの話は誰に対しても
使える話題です。

休みはいつからいつまでか、

どこに出かけるかなど
を聞いてみると良いでしょう。

相手は予定があれば話してくれますので、
そこから話題を広げていきましょう。

またこの話題から、

趣味や最近ハマっているもの
など話題が広がることもあります。

雑談を大切にするほど仕事ができる

ちなみに

「社員同士の雑談なんて
仕事をする上で邪魔なもの。

無駄口を叩く暇があれば仕事しろ!」

と言うような風土の会社から
伝わってくるのは、

ぎすぎすした社内の空気、
トップダウン式のワンマン会社

というイメージです。

仕事と雑談は相反するもの、

という頭の固い考え方を
持っている人もいるようですが、

逆に結果を出すビジネスマンほど
雑談の大切さを説いています。

アサヒビールの泉谷直木社長は

「雑談力は重要なビジネススキルの一つだ。
いい会社は必ず雑談を大切にしている」

と言います。

「雑談を禁じたら、会社での
コミュニケーションは、

支持、命令だけになってしまいます。

『何をやるかは戦略で決まり、
どこまでやるかは風土で決まる』

という言い方がありますが、

部下が伝えられた戦略をどこまで
理解し、どの程度のモチベーションで
望むかを左右するのが、

会社の風土です。

定番の雑談で仕事を円滑に

そして成功に必要な風土を
醸成するのは、

答えの出す必要の無い会話、
つまりは雑談なのです。

私はそう考えるので、

部下との雑談の機会は
なるべく増やすようにしています。

それから、時間があれば
現場に行って社員と話し、

夜は一杯飲むようにしています。

社員の人となりを知って、
同時に自分の事も分かってもらう。

これがいい風土作りの第一歩、

それには社長が雲の上の人ではダメなのです。

リーダーに必要な能力は
戦略構築力、目標達成力、
リーダーシップの3つです。

このうち研修などで身につけ
られるのは戦略構築力だけ、

残りの二つはコミュニケーションを
通じてしか習得できません。

そのコミュニケーションの中核にあるのが
雑談力
なのです。

雑談とは『言葉の炎』で
化学反応を起こす事なのです」

とあるインタビューで答えていたのが
批評に印象的です。

仕事だけが人生ではありません。

仕事とプライベートは
表裏一体なのですから、

仕事中でもこの定番の雑談は
非常に有効なものなのです。

アサヒビールと言えば、
革新的な商品開発で知られていますが、

新しいものを生み出す風土は雑談を
大事にしている事が大きく影響しています。

雑談をないがしろにしている
会社には未来はないと言います。

社員はもちろん、管理職の雑談スキルを
上げる事が大きな発展につながるのは
間違いないことでしょう。

休日の過ごし方は使える雑談の定番

そう言う意味でも、

仕事でもプライベートも使える雑談
として休日の過ごし方は重宝できます。

事前知識として、その年の
GW、お盆、お正月について、

曜日の並びを把握しておくと
雑談の助けになります。

年末年始の休みを取っても、
年末は忘年会ばかりなのか、

お正月はテレビを見て
家族とのんびり過ごすのか、

それとも海外に遊びに行く予定なのか、

などと、お互いの休日の
過ごし方を話しをするお事で、
会話は広がっていきます。

特に大型連休の場合は、

前もって旅行の予定を楽しみ
にしている人も多いと思います。

そのため、この話題を振ると、
会話っはとても盛り上がります。

また普段はハードワーカーの人ほど、
休むことの重要性をよく知っています。

よく働くためにも、
よく休むことを実践しています。

「休む」といっても
家にこもって完全休養するだけでなく、

休暇をフル活用して
ダイビングの免許を取ったり、

トライアスロンの大会に出たりと

スポーツの世界では
疲れ切っているときほど積極的に
動くことで体を休息させると言う、

「アクティブレスト」という考えが
浸透していますが、

まさにそれを実践している人が多いです。

なのでその人の休日の過ごし方を
聞く事はとても興味深い雑談のテーマで、
話題が広がるテーマでもあります。

この定番の雑談を意識すれば
雑談コミュニケーション能力は
しっかりと高まるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>