趣味の話で雑談力と言うスキルが上達する、人間関係が良くなる


今回のテーマは、

趣味の話で雑談力と言うスキルが
上達する、人間関係が良くなる

について紹介します。

確かに、

たわいもない、何気無い、
会話自身には意味はなく、

雑談という会話から何か直接
生み出すものはないかもしれません。

しかし、潤滑油のように、
人間関係を良好にしてくれます。

本題、有意義な会話だけで、

コミュニケーションが成り立つ
わけではありません。

ビジネスを行う上でも、

シビアな取引の話し合いだけでなく、

プライベートな部分を
共有することで生まれる親密な
共感というものもあります。

「あなたの趣味は何ですか?」

「趣味の話」は雑談力と言う
スキルが上達する話題です。

趣味の話しと言うのは
深い人間関係作りには欠かせないもので、

特に映画や本などの話しは
相手の価値観を知るきっかけになります。

オフの時間をどうしているか、
休みに過ごし方はどんな事しているか
聞く事で、

相手がどんな家族構成なのか、
ライフスタイルはどんなものなのかを
知る事もできますし、

コミュニケーションのための
想像力
を高めるスキルを上げられます。

相手の価値観が分かれば
距離もぐっと縮まるので

ぜひとも活用したいですね。

趣味の話しで会話を広げる方法

例えば趣味の雑談として
以下のような質問をしてみましょう。

音楽の質問
「普段音楽は何を聴きますか?」

映画の質問
「映画は何がオススメですか?」
「その映画のどんな所が魅力ですか?」

スポーツ
「好きなスポーツは?」
「そのスポーツのどんな所が魅力ですか?」

趣味の話というのはは雑談で
最もオーソドックスな話題です。

ただ「ご趣味は何ですか?」

と聞くとお見合いのように
なってしまうので、

「お休みの時はどう
過ごしているんですか?」

「仕事が終わった後は、
どんな過ごし方をしていますか?」

…などと質問の形も工夫しながら
相手に尋ねてみましょう。

すると相手はたいてい
趣味の話をする事でしょう。

雑談上手は総じて、
良好な人間関係を構築しています。

それは共感に入り相手の心に
入り込むのが上手いからでしょう。

例えば

「先週末はゴルフをしたよ」

などと答えてもらったら、

どこに行ったのか、
どれくらいのペースで行くのか、

具体的に尋ねてみましょう。

会話をそこから広げていけます。

雑談で人間関係を良好にする

その質問によってどれくらい
相手が熱中しているかが分かります。

ゴルフが趣味と言われても、

質問をした自分は全くした事も
なければ、興味もない…

そんな事もあるかもしれません。

ここで、自分が知らない話題であれば、

その後何を質問したらいいかが、
分からなくなる事もあるかもしれません。

そんな時は素直に

「○○はどういう意味ですか?」

と尋ねましょう。

知らないと言う事は、それだけ
教わる余地が大きいと言う事です。

既に知っている事を聞くよりも、
新鮮な気持ちで話を聞くことができます。

趣味の話をする場合は、
好きなことについて話すわけなので、

たいていの人は、
快く説明をしてくれるはずです。

ここで、質問の極意ですが、

もし相手と自分の趣味がまったく一緒で、
自分の方が詳しいことがあるかもしれません。

そんな時は注意が必要です。

親密さを築く雑談力を上げる方法

その場合は、

例え自分の方が詳しかったとしても
「知っています」という態度では、

相手は話す気をなくしてしまいます。

常に「自分よりも相手の
方が詳しく知っているだろう」

と思いながら会話を続けると、
人間関係はスムーズになります。

同じ趣味でも、人によって
持っている知識や見解は違うので、

思わぬところで良い情報を
もらえるかもしれません。

謙虚な姿勢が大切ということですね。

あるインタビューで、

「愛される人」「かわいげがある人」

と思われる人の特徴は何か?

と統計を取った所、

ダントツの1位が「素直さ」
だったそうです。

「分からない事は分からない
助けてほしい」

といえる素直さは

「なんとかしてあげよう」

と言う応援者を
引き寄せるものでもあります。

使えない奴と言われるのを恐れて
相談するのを避ける人もいますが、

特に新人時代、若い頃は
相談を積極的にして頼る方が、

先輩としては嬉しいものです。

そう言った関係も
普段から気さくに趣味の雑談を
する事で培われます。

積極的に相談したり、
質問したりする事で、

親密な関係を築く事もできます。

人間関係を良くするためにも、

「趣味の話」で雑談力と言う
スキルを上達させるべく活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>