生真面目な人、自分を笑える人の特徴と自分を客観視する方法


今回のテーマは

生真面目な人、自分を笑える人の
特徴と自分を客観視する方法

について紹介します。

真面目なことはもちろん
良いことです。

不真面目な人よりも
信頼もできますし、

成功するためにも真面目に
コツコツやるのが一番です。

が、それも度を過ぎれば、

他人から敬遠されたり、
自分を縛ることにもなります。

メンタル状の葛藤も生まれます。

ちなみにあなたは自分を
笑う事が出来ますか?

それともコチコチの
生真面目人間でしょうか?

真面目である事は大切な資質です。

何かミスや問題があっても、

「まあいいか~、アハッハッハ」

と適当に流さず、

とことん落ち込んだり
真剣に悩むからこそ、

問題から抜け出す答えも
見つかります。

スポンサーリンク

真面目であることのデメリット

ミスや失敗を悔いるからこそ、

落ち込みは次の
ジャンプのために身をかがめた、

いわば屈伸の状態なのです。

どんな世界でも一流になる人は、

たとえ豪快なポーズを
見せているタレントでも、

それは周囲を自分のリズムに
乗せるための演出です。

成功する人の多くが、
内面は生真面目で考え込みやすく、

どちらかと言えば
小心者」なのです。

ただし、生真面目人間に
都合の悪い点が一つあるとすれば、

それは完璧主義に
陥りやすい事です。

自分のミスが許せなくなるのです。

完璧な自分を追い求める限り、

それは不可能なことですから、

やがてメンタルが破綻
してしまうこともあります。

だから時に自分を笑える
という資質も大事なのです。

真面目であることは、

メリットもデメリットもある
ということをまず覚えてください。

生真面目な人の特徴と陥る精神的罠

例えば、

プロゴルファーの場合、

完璧主義に陥ると
こんなことが起こります。

試合の初日、

アイアンとパターは
まずまずだったが、

ドライバーの調子が悪かったとします。

それが気になって、

試合が終わるとドライバー
ばかり練習します。

その間ずっと悪いリズムに
浸っている訳です。

翌日、練習の成果でドライバー
はそれなりに戻ったとしても

今度はアイアンがおかしくなる、

するとその日の練習は、
アイアンを徹底的にやってしまう。

三日目、アイアンはそこそこ
になるがパターがふるいません。

いい点を見ないで、悪い点ばかり
過剰に意識してしまいますから、

リズムを崩してしまうのです。

必死で努力している割に
鳴かず飛ばずで、

たいした結果が出ない、、

これは生真面目な人の特徴が
もたらす悪循環と言えます。

だからこそ克服法としては、

バランスを取り戻すことです。

これには自分を客観視する
というスキルが必要です。

プロアスリートの場合、

コーチやアドバイザーを
つけてみてもらうと、

うまくバランスが取れます。

が、コーチがいない場合でも、

自分を客観視することは可能です。

自分を笑える人の特徴

こんなドツボにはまったときは、

まず「今日よくやった点」
を数え上げるのです。

自分に厳しい人はこれが
なかなか思いつかないので、

昨日でも一週間前でも良いから、

自分で自分を冷静に評価し、

良かった点を、

5個でも10個でも、
なるべくたくさん挙げます。

「よくやったぞ」

自分を褒める事で、
良いリズムを胸に刻みます。

それから

「改善したい点」

をあげるのです。

ただし具体的な改善策が
浮かぶ場合のみ、

項目は一つで十分です。

考えすぎて
動けなくなったときや、

一つの事しか見えなくなって
余裕を失ったときなど、

たまには自分を
笑ってみるのも手です。

笑う事によって
問題の渦中から抜け出し、

客観的な距離が取れるからです。

ある種、客観的に見れるから
自分を笑える事が出来るのです。

自分を笑えるというのは
ある意味最強で、

不安や悩みから距離をとる
方法と言えます。

自分を客観視する方法

こうして冷静になり、

向上点や反省点を改善していけば、

メンタル的にバランスよく
自分を高めていくことができます。

自分を笑える人は
精神的に強い人の特徴ですが、

ただアハハと
笑うだけではむなしいので、

アナウンサーになって自分を
実況中継するのも一つの方法です。

これで自分を客観視できます。

「悩んでおります。
ドツボにはまっております。

おお、ようやく次の動きに
出るのでしょうか。

いやいや、引き返してまた
頭を抱えております。

これはもう、とことん
悩みぬくしかないようです。

飯抜きで悩むようです。

これは飯代の節約になります。」

「焦っております、
焦っております。

時計を見てはイライラしております。

部下の○○君のミスの
尻拭いでまたもやサービス残業です。

しかもタクシー代も出ません。

終電には間に合うのでしょうか。

○○君のポカは毎度の事ですが、
今回は相当キテいます。

ああ、机に足をぶつけました。

かなり腹立たしい痛みを
味わっている様子であります。」

騙されたと思って、
一度やってみてください。

スポーツでは客観視スキルは
大きな武器になるのですが、

仕事でもこれは同じです。

こうして自分を客観視できれば
悩みやストレスが軽くなります。

不思議と気持ちの切り替えが出来、
自分のリズムを取り戻す事が出来ます。

ただし、人前で声を出してやると
非常に物議をかもすので、

くれぐれもご注意を、、

心の中で黙って実況中継を
放送するだけでも十分効果ありです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>