劣等感、コンプレックスの苦しみをバネに成長し、成功する


今回のテーマは、

劣等感、コンプレックスの
苦しみをバネに成長し、成功する

について紹介します。

ナイフというのは、

料理を便利にする素晴らしい
道具の一つですが、

やもすれば凶器になり
人を傷つける道具になります。

全ては使い手次第ということ、

実はこれは感情にも
いい当てはめることができます。

感情を敵にするか味方に
するかは自分次第なのです。

劣等感が強い人は、

時にそれをバネにして
成功者となります。

劣等感に悩むのは
苦しみを伴いますが、

自分の内面と向き合う事を経て、

それを克服できれば、

大きな成長を遂げられるでしょう。

スポンサーリンク

感情をプラスにするマイナスにする?

色々な経験をして色々な
失敗をしていくうちに、

心に傷を受けることは
誰でもあるのです。

が、そこで傷つき、落ち込む

という手段だけを持つのは
いかがなものでしょうか。

これまでの生き方に疑問を感じ、

壁にぶつかったように思ったときは、

自分の心の中の
劣等感コンプレックス
見つめ直して欲しいものです。

無視してはいけませんし、
敵対してもいけません。

自分が何かに対して劣っている
意識すると劣等感を持ちますが、

それ自体は何ら害にはならず、
誰にでもあるものです。

劣等感を持つ事に
過度にこだわったり、

劣等であったりすることを

素直に認める事が
出来なかったりすると

劣等感コンプレックスとなって
マイナスに働いてしまうのです。

劣等感、コンプレックスをバネにする

コンプレックスというのは、

普通、心の中で抑圧され
無意識下に隠れています。

自分ではっきりと意識しないままに
感情が複雑に絡み合うので、

容易には解消できなくなります。

その現れ方や本人に
及ぼす影響は様々です。

確かにそれは辛いものであり、
ストレスを抱えるものです。

ただしコンプレックスもまた、
必ずしも悪いものではありません。

精神分析学の大家である
ユングはこれを

「内なる魂の現れであり、
感情的エネルギーの源泉であり、

人間になくてはならないもの」

と述べています。

そうです。

酸素や食べ物と同じく、

人間の心になくてはならない
栄養のようなものです。

もちろん栄養も食べすぎれば
肥満体になり病気になったり、

プラスの影響だけではありません。

しかしコンプレックスは必要なものです。

一般的には否定的な
捉え方をされていますが、

味方に付けて上手に
つき合っていくことを考えれば、

自分を大きく成長させる
ジャンプ台となるのです。

バネが強いほど高く跳べます。

苦しみを受け入れて
成長するほど、高く跳べ、

成功へ到達するのです。

だからこそむしろ考え方を

変え高く跳ぶためのエネルギー源
として有効活用しましょう。

苦しみをバネに成長し、成功する

逆に、コンプレックスなど
ないフリを続けていると、

深刻な問題を引き起こしかねません。

無視をしていれば
暴発して、自分を傷つけます。

周囲の人の何でもない話しでも

自分に向けられた攻撃と
受け取ってしまい、

自分が攻撃される前に
相手を倒してしまおうとか、

自分が拒否される前に
相手を拒絶してしまうと言った、

感情や思考、行動にまで
発展する事もあります。

自分が持っている
コンプレックスに気づくのは、

多くの場合、
心が傷ついたときです。

そこから目を背けずに
向き合う姿勢が大切です。

自分の心に直視し受け入れる

というのは時に怖さも感じます。

しかしより良い人生のために
勇気を持って自分と向き合うのです。

苦しみのない平凡な人は
たいした成果も挙げられません。

ずっと楽しくて楽で
ポジティブな出来事だけが
人生起こるわけではありません。

だからこそ、

劣等感に悩む現在を
絶好のチャンスと捉えましょう。

苦しみも成長のバネにして
エネルギーの糧にするのです。

悩みが真剣であるほど、

それを乗り越えたときの成長も
大きいのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>