仕事は休憩を入れ分割するとメリハリが出て効率が上がる

仕事は休憩を入れ分割するとメリハリが出て効率が上がる
今回のテーマは

仕事は休憩を入れ分割すると
メリハリが出て効率が上がる

について紹介します。

ストレスに押しつぶされる
人の特徴というのは、

真面目な完璧主義者であったり、

視野が狭く物事を一方的な
視点から見てしまう人です。

もう少し考え方を柔軟にして、

全体像を見るようにして、

力を入れることだけでなく
「抜く」こともお覚えれば、

健全に毎日を暮らすことが
できるようになるはずです。

例えば仕事が忙しく、

いつも切羽詰まったような
状況の人は、

区切りを付ける習慣を
身につける事をお勧めします。

仕事がなかなか
片付かないからと言って、

時間を延長してでもなんとか
終わらせようと考えるばかりでは、

疲れは溜まる一方です。

最初はなかなか気づきません。

それがやがて体に心に、

徐々にエネルギーを
奪っていくこともあるのです。

スポンサーリンク

仕事は休憩を入れ分割する

いつも仕事と時間に追われる
心理状態にあると、

心身に深刻な影響が出ます。

そもそもどんなに頑張っても

「すべて片がついた」

といえる状況は生まれません。

仕事というものは
切れ目がないものですから、

すべて片付けようと思っても
きりがないのです。

そこで大切なのが、

区切りを付けて取り組む習慣です。

休憩時間、退社時間を
予定に組み込んで、

区切りを付けるようにします。

するとメリハリが出て
効率が上がるのです。

例えば、

午後一番に最優先すべき
課題に取りかかる時、

だいたい四時間で終わりそうだと
見込んだとしても、

途中で必ず休憩を
入れるようにします。

休憩を入れること入れないことの違い

早く終わらせて
帰宅しようと考えると

休憩なしで取り組んでしまいがちですが、

それは効率的ではありません。

間に20分程度の休憩を入れ、

実質的に3時間40分働いた方が、
効率が上がるのです。

リラックスと集中のメリハリは
一件非効率なようで、

長期的に見れば
かなり効率的です。

「あとひと息」

と自分を追い立てるよりも、

「ここで一息つこう」

と考え、お茶を入れたり
ストレッチをしたりする方が
効率、能率が良くなるのです。

その間は仕事の事を考えず、

頭を空にしてリラックスします。

仕事にメリハリを持たせる方法

自分のペースで仕事が
出来る環境にある人、

逆に電話のやり取りなどで
ペースをつかみにくい状況の人は

リミットを設けておくのも
いい方法です。

例えば、二時間を
リミットと決めたら、

その時間が経過したときに、

仕事を中断して10分
休むようにするのです。

どうにかしてメリハリを
つける工夫をしてみましょう。

退社時間については、

1時間前を一区切りとして、
仕事を終わらせる準備に
早めに入るようにすると、

心理的にも余裕が生まれます。

一時間前になったら、

その日のうちに
終わりそうもないこと、

翌日に回せる事の判断を下し、

仕事を切り上げる準備に
かかるのです。

「休む」から質も量も高まる

趣味であれば長時間没頭
しても疲れない…

という経験があるかもしれません。

それは心が満たされているからです。

もちろん仕事が趣味のような人は

長時間働いていても
疲れを感じにくかったりします。

しかし、やはり実際には
心身に疲労は溜まっているので、

定期的に休憩を入れる方が
効率的なのです。

仕事が好きでない人はなおさらです。

休憩を入れなければ
すぐにパンクしてしまいます。

私の知り合いの一人、

金融関係の仕事をしている
高田さん(仮名)は、

いわゆるエリートと呼ばれる
サラリーマンですから、

かなり忙しくしています。

以前は仕事に振り回され
かなり辛そうにしていましたが、

最近は楽しそうです。

そのきっかけは、

転職したわけでもなく、
仕事の量を減らしたわけでもなく、

今回紹介したちょっとした
休憩を入れただけなのです。

仕事は分割すると効率が上がる

彼のやり方はこうです。

一日を大きく三分割し、

その途中に区切りを設けて
仕事を進める方法を実践しています。

出社から昼休みまで、
昼休み後から勤務時間終了まで、
そして、残業の時間帯

という三分割です。

毎朝、午前と午後に
何を片付けるか、

残業の可能性とともに考え、
半ば当たりに休憩を入れて、

さらに終了時間の30分から
1時間前にチェックを入れます。

もちろん予定外の出来事や緊急に
対処すべき状況なども起こりますが、

それでも区切りを忘れないように
習慣づけているそうです。

残業が多く、膨大な量の仕事
精力的にこなしている高田さんは、

「自分でコントロールしている
という意識が強くなったことで、

やりがいを感じている」

と言います。

区切りを付けるのが
身に付いてから、

私生活を犠牲にする事も
少なくなったそうです。

どんな仕事も目標時間を決め、
必ず休憩を挟む事です。

これで仕事にメリハリがつき、
充実感がグンと増してきます。

さらに効率も上がってくるので
成果が出やすいとも言えます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>