短時間で生産性を上げる仮眠、昼寝の心理的効果とメリット

短時間で生産性を上げる仮眠、昼寝の心理的効果とメリット
今回のテーマは、

短時間で生産性を上げる
仮眠、昼寝の心理的効果とメリット

について紹介します。

漫画やテレビの影響でしょうか、

昼寝というのは、

ぐうたらで怠惰な、
非生産的なイメージを

未だに持つ人も多いようです。

仕事で疲れたサラリーマンが
専業主婦を揶揄して

「三食昼寝付きとは羨ましい」

愚痴をここぼすという事もあります。

実際には、専業主婦も家事、
育児や地域活動などで忙しい訳ですが、

家計を支える男性からすると、

「自分はこんなに仕事で大変な
思いをしているのに、贅沢な身分だ」

という思いがあるのでしょう。

そんな風に思える人は、

自分自身も「三食昼寝付き」
にしてみてはいかがでしょうか。

サラリーマンで奥さんが
家事をしているなら、

朝食と夕食は奥さんが
食卓に並べてくれるでしょうし、

昼食はお弁当でないとしても、
手軽に近くで食べられるはずです。

そして昼食を食べ終えたら、

短期間の仮眠をとる、
つまり昼寝をするのです。

これはメンタルの健康を保ち、
仕事の生産性を高める、

実は心理的効果とメリット
が多い行為なのです。

スポンサーリンク

短時間で生産性を上げる仮眠、昼寝

睡眠と脳の関連性は
多くの研究がなされてきて、

新しい発見が生まれています。

昼食は非効率的な優雅な暮らしの
象徴のように思われがちですが、

生理学的に見て仕事の効率を
高める事が分かってきています。

昼休みの後、

どうしても眠くなってしまうのは、

人間の体のリズムや
睡眠のメカニズムを考えると、

至極当然です。

そこで眠気を押さえつけ
我慢した方が、

心身に悪影響があります。

眠い目をこすりながらだらだら
と働くよりも

短期間でも仮眠して休む方が

スッキリしますから、

生産性を上げることができ、

ストレス解消や不安の解放など
心理的効果があります。

会社勤めの人は、

毎朝6時、7時には起き、
朝食を食べて出勤します。

会社につくと、
正午くらいまで仕事をして、

昼の休みをとります。

昼休みが終わる一時頃には、

既に起きてから6、7時間が
経過している事になります。

こうして起きている
時間が経過するにつれ、

人間の体内には
「睡眠物質」が蓄積されます。

睡眠物質というのは、

そのものズバリ眠気を
催させる物質の事です。

眠気が来たら無理せず仮眠や昼寝を

加えて、食事をして
お腹が満たされると

副交感神経が働いて自然と
体が休息する態勢に入ります。

ですから、昼休みの後
眠くなって、仕事の効率が落ちるのは、

当然の事と言えるでしょう。

これを解消するには、

やはり短時間の仮眠をとるのが、
最も効果的です。

眠る事で蓄積された
睡眠物質が分解し、

目覚めてから2、3時間は
脳の活動レベルが高まるからです。

ただし、これはあくまで
短時間の仮眠に限っての話しです。

二時間も三時間も熟睡すると、
かえって寝覚めが悪くなります。

ぼーっとした状態になり、
すぐに仕事に取りかかる事も
ままならないでしょう。

短時間だからこその
メリットがあるのです。

仮眠、昼寝の心理的効果とメリット

昼の仮眠の目安は、

15から20分程度、

深い睡眠に入らない状態で、
短時間うたた寝をするのが
ポイントです。

目を閉じて5分まどろむ

くらいでも充分効果があります。

その程度であれば、
会社勤めであっても可能でしょう。

会社の休憩室、

あまり混雑しない喫茶店や
ネットカフェ、公園のベンチ
ファーストフード店など

仮眠が取れそうな場所を
探せば見つかるはずです。

知人の中に、会社近くの
図書館で寝るという人もいます。

昼食を食べ終えたら、
図書館に行き、

いつもの指定席に雑誌を
持って行き、

五分くらい目を通したら、

その後15分は船をこぐのが
習慣だと言います。

このように、考え方を変えれば、
昼寝は夢ではないのです。

精神的タフさを身につける昼寝

午後の作業がはかどれば、
それだけ早く仕事が片付き、

帰宅の時間も早まるでしょう。

仕事でもプライベートでも
生産性を上げる事が出来ます。

仮眠の習慣は、良い循環を生み出す
きっかけにもなりうるのです。

昼食を食べ終えたら、

どこか適当な場所で20分
程度うたた寝をしてみましょう。

これだけで午後の仕事の
効率が見違うほどアップするはずです。

眠いときは無理をせず
短時間寝てしまいましょう。

もちろん無理して寝ろ!

とまで言いませんが、

昼寝や仮眠のメリットは
とても大きいのです。

ストレス社会を戦うため、

これが精神的タフさを身に
つける良い武器になるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>