質問力を上げると出会い力が高まる、会いたい人に会う方法


今回のテーマは、

質問力を上げると出会い力が
高まる、会いたい人に会う方法

について紹介します。

人は人から影響を受け、

成長したり成功できたりするものです。

誰かとの出会いが、
人生を変えることがあります。

質問力を極めれば、

会いたい人に会う方法を
身につけることができます。

コミュニケーション能力を高め
質問力を上げると

出会い力が高まるのです。

もし質問力を身につければ、

あなたがどうしても会いたい人、
誰とでも自信を持って会う事が出来るのです。

憧れの先輩、上司、
尊敬する起業家、

ビックリするような人とも、

テレビでしか知らない大物や
芸能人、ハリウッドスターにだって、

じかに会って、じかに
質問をぶつける事も可能なのです。

会いたい人に会う確率とは?

「いやーー、、私みたいな普通の
サラリーマンじゃそれは無理ですよ。。

そんな大物に出会う
きっかけすらないですから、、」

と、そんな風にあきらめている人も
いるかもしれません。

でも、そんな常識的な考えを
まず疑ってみるべきです。

ビジネスにおいても
プライベートでも、

その気になれば、

あなたは誰にでも会いたい人に
会えるのです。

スモールワールド理論と
言うものをご存知ですか?

これは、11人のネットワ-クを
たどれば、世界中どんな人でも
会いたい人に会えると言う理論です。

統計的に出ている理論なので信憑性もあります。

誰にでも会える、

知人の知人を辿って行けば、
11人もかからずに、

大統領だろうが、
大悪党であろうが。

誰にでも会えるのです。

たった11人を介せば世界
60億人に出会えるのですから、

日本であれば3、4人も介せば
どんな大物にも出会うことはできます。

まずはそこを理解して欲しいと思います。

質問力を上げると出会い力が高まる

例えば、

普通に考えれば会えないような

Aさん

と言うあなたのあこがれの人がいたとします。

Aさんに会うために、まずは街で
知らない人に声をかけ、

「Aさんを知っていますか?

もし知らなければ、知っていそうな人を
紹介してもらえませんか?」

とまず頼むのです。

そこで相手は、

「私は良く分からないのですが、
同級生の○○が出版社にいるので
知ってるかも。。」

とくれば、次はその○○さんに
会いに行き、同じ質問をします。

理論上では、これを11人繰り返せば、
Aさんと絶対にたどり着くのだそうです。

もちろんここに至るまで、
質問力と言うのが物を言うのですが、

以前テレビ番組で
「学校へ行こう!」という番組がありました。

この番組の企画で、

この理論を実践する為の
企画がやっていました。

みのもんたさんに会うために

街で人にランダムに声をかけて行きます。

すると9人を辿り、実際
みのもんたさんに辿りついそうです。

そう考えれば、

誰かに出会うことなど簡単なことです。

「自分には良い出会いがない」

と嘆く人がいますが、

それは正しい考え方ではありません。

質問力があれば会いたい人と仲良くなれる

そうです。

あなたがその気になれば、

会いたい人に本当に
会う事ができるのです。

物理的な距離は近いのです。

だからこそポイントは
心理的な距離なのです。

後はあなた次第なのです。

だからこそあえてここで、

「一期一会を大事にするな!」

と言うアドバイスをしたいと思います。

この言葉はもともと茶道に由来し、

千利休の弟子の言葉で、

「相手と会えるのは人生で一度きりと心得て、
相手に対して精一杯の誠意を尽くす事」

と言う意味で使われますが、

この言葉を好きな言葉として挙げて

名刺などに「一期一会」と
書いている人も多いですが、

一期一会でなんとかしようとして
嫌われる人が多いのです。

出会いの質を高めること

たいていの場合、

一度会っただけで仲良くなって
ビジネスにつながる事など
ほとんどありません。

何度も会っているうちに
親しくなったり、縁を感じたりして

そこから何かが始まります。

新しい人脈作りに奔走する人がいますが、

先ほども言ったように、

私たちはその気になれば
会いたい人に会う事ができるのです。

だからこそ注目すべきなのは、

出会いよりも、むしろ
その後の関係性作りと言えます。

一人の人との出会いを
しっかりと培いましょう。

質問力と言うスキルを高め、
あなたの人間力を磨く事で、

本当の人間関係が作られ
それで何かが生まれるのです。

質問力を上げると出会い力が高まる、

そして人間関係が密になる、
そこから広がる世界がある。

この辺りの本質部分を
いつもぶらさないようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>