スケジュールが空白だと不安な人、ストレスを軽減する計画作り 

スケジュールが空白だと不安な人、ストレスを軽減する計画作り 
今回のテーマは、

スケジュールが空白だと不安な人、
ストレスを軽減する計画作り 

について紹介します。

何かと忙しい現代人ですが、

時間に追われていると
いつも感じていると、

心がどんどん曇ってきます。

心の中がモヤモヤとしているときは

改めて今後のスケジュール表を
作ってみる事をお勧めします。

多忙を極める仕事人間の人たちは

「スケジュール帳ならあるけど、
見ただけで気が重くなる」

と思うかもしれませんが、

ここで提案したいのが、

仕事の約束をただ書き込んだ
だけの日程表ではありません。

自分がやりたい事を整理し、

本心から実行したいと願う
スケジュールを立てて、

分かりやすく表にしてみましょう
という提案です。

時間管理というのは

メンタルの健全さという観点から
行うとより効果的になります。

ただし、

「ようし!」と腕まくりして、
びっしりと予定を入れないことです。

スケジュールに空白があると
不安になる人を

「空白不安症候群」と呼びますが、

しっかりストレスを軽減するために
あえて空白を作る事は大切です。

スポンサーリンク

ストレスを軽減する計画作り 

時間に余裕を感じるためには、

タスク管理をうまくやる
ということが重要です。

今後の計画などを30分
刻みで書き込んだりすると、

充実した毎日になりそうな
気がするかもしれませんが、

見えないプレッシャーで自分自身
を縛る羽目になってしまいます。

これでは

「次はこれをやって、
その次はあれをやって・・・」

と、いつも時間に追い立てられる
心境になるでしょう。

そして、予定をこなせないと、

充実感どころか自分自身への失望、
自信の喪失を味わう結果となります。

自分で自分を

「出来ない人間」

に仕立て上げ、

ますます不安になったり、
気分を落ち込ませるような

悪循環に落ち込まないよう
注意が必要です。

スケジュールが空白だと不安な人の特徴

重要なのは、

スケジュール表に空白の
時間帯を必ず残しておく事です。

仕事だけでなくプライベートも
バランスよく考えることです。

趣味や勉強、家族揃っての外出など、

以前からやりたかった事があれば、

それも組み込んでみます。

私の知り合いの事例を紹介します。

30代後半の会社員の
平林さん(仮名)は、

かつて

「忙しくて時間がない」

と口癖のように言っていたそうです。

妻から、

「休日は家族で出掛けたい」

と言われても、

学生時代の友人の集まりに誘われても

決まり文句のように

「時間がない」

を繰り返していたと言います。

「時間がない」というのは
他人には通じません。

時間は皆に平等だからです。

やがて誰からも誘われなくなります。

典型的な空白不安症候群の
ような人でした。

ところが、ある日曜日、

ソファでぼんやりしていた時、

妻が以前のように外出を
せがまなくなった事に気づきました。

一人の時間に何をして良いのか…

たまたまポッカリ空いた
一人の時間ができた時に、

平林さんは気づいたそうです。

妻と娘はショッピングに出掛け、
夕飯までには帰ってくる予定です。

最初は

「ひとりでのんびりできる」

と喜んだものの、

一人で何をしていいか分からず、

ボーッとテレビを見ていると、

だんだん

「久しぶりに一緒に
出掛けるのも良かったか、、」

と思い始め、

楽しそうに過ごす二人の
姿を想像するうちに

「そういえば誘いの声も
かからなかったな」

と気づいたのです。

案の定、妻と娘は
楽しそうな様子で帰ってきました。

平林さんは、

自分がいなくても二人は
楽しいのだと分かり、

孤立したように感じて
ショックを受けたと言います。

空白の時間は自分を取り戻す時間

妻にさりげなく聞くと

「どうせ断れるから誘わなかった」

という答えです。

見切りを付けられたように
感じた平林さんは、

そこでスケジュール管理を
考え直したと言います。

それから月に一度は週末に
家族と遊びにいく予定を入れる
事を決めました。

仕事の予定がおよそたった所で、

いつなら大丈夫か考え、

スケジュールを立てて
家族に打診しました。

始めは半信半疑だった妻も、

平林さんが約束通りに
実行したので安堵し、

家族揃って次の計画、予定を
立てるようになったと言います。

そのうちに、平林さんはあらかじめ
余裕を持って計画しておけば、

様々な時間がとれると
気づきました。

そしてストレスを
大幅に軽減できるようになり、

人生が充実したと言います。

自分らしさを取り戻す時間

そして、自分の時間も
確保するようになりました。

読書の時間を確保し、

学生時代の仲間の作った
野球チームに加わるように
さえなったのです。

ほんの少しの工夫で
人生が大きく変わります。

プライベートの時間が充実すれば、

仕事にも好影響を与えます。

時間に追われる毎日は、精神的
なゆとりも奪ってしまいます。

ストレスが溜まるのも
無理はありません。

自分自身が無理なく実行できると
思われるスケジュールを立て、

大切にしたいプライベートの
予定はあらかじめ組み込んでおきましょう。

頭の中が整理でき、
スケジュールをこなしていく事で、

充実感や達成感も得られます。

注意すべきは、
スケジュール表に思いついたまま
書き込んで終わりとしない事です。

必ず全体に目をやり、
厳しすぎないか、苦しくならないか
を検討します。

こなす自信がなかったら、

思い切って変えられる所を空白にし、
調整する事です。

スケジュールを
立てる際のポイントは

かならず「空白の時間」を残す事です。

どんなに多忙でも

「自分を取り戻す時間」

と生み出す工夫をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>