ストレスで眠れない、休めない人が良質な睡眠を取る方法

ストレスで眠れない、休めない人が良質な睡眠を取る方法
今回のテーマは、

ストレスで眠れない、休めない
人が良質な睡眠を取る方法

について紹介します。

活動と休息のバランスが取れた人ほど、

真に精神的にタフな人と言えます。

前回まで、

ストレスからの回復という
テーマを紹介してきましたが、

「休みたいのだが休めない」

という人もいます。

その理由が、

「寝付けない」
「眠れない」
「睡眠が浅い」

と睡眠に問題があることに
ある場合も珍しくありません。

「疲れているのにストレス
のせいで眠れない」

と、不眠症を自称する
人たちはとても多いのです。

睡眠は心身の回復のために
重要な役割を果たしています。

眠っているときには
交感神経が休まり、

副交感神経が優位になるのですが、

その時間がたっぷりとあってこそ、

朝、目覚めた後に交感神経が
活発に働く事が出来るのです。

睡眠が十分に取れず、

交感神経が上手く働かないと、

「起きるのが辛い」
「午前中は頭がぼーっとしている」

と言った事態をまねきます。

眠りの質が低下すれば、

日々の生活の質も低下します。

スポンサーリンク

自分のリズムを取り戻す睡眠効果

これは自律神経失調症の
症状の一つです。

もちろん本格的な
不眠症であれば、

専門家のサポートを
受けて欲しいわけですが、

少しずつでもできることはあります。

良質の睡眠を取るには、

体のリズムと自分に合った
方法を身につける事が大切です。

まず

「何時間眠らないといけない」

という思い込みは
捨てた方が良いでしょう。

必要な睡眠時間には
個人差があり、

4時間で足りる人もいれば、

9時間は寝ないと翌日に
影響するという人もいます。

8時間を目安にする人が
多いようですが、

自分にとって最適な
長さを知る事が先決です。

良質の睡眠のコツは、
「量」より「質」という事です。

疲れがとれて調子がいい
と感じられるのは

何時間眠った翌日か、

意識してチェックしてみると
わかります。

忙しい現代人が良質な睡眠を取る方法

自分に必要な睡眠時間が
分かったら、

就寝と起床の時間を決めます。

体のリズムを考えると、

午後11時頃が入眠に適した時間です。

体温が急降下する時間帯だからです。

人間の体温は、

午後3時から5時にかけて
最も高くなり、

それから下がり始めて、

午前3時から5時の間に
最も低くなります。

これを24時間周期で
繰り返す訳ですが、

体温の低下が急速になる
午後11時頃が、

眠りに入りやすい時間帯なのです。

早寝早起きが最も理にかなって
いるわけですが、

これも個人差はあるでしょう。

色々と試してみて、

こうしたタイミングを把握すれば
良質な睡眠は取れます。

結局ストレスから回復する
睡眠法というのは、

量よりも質による所が多いのです。

良質な睡眠を妨げる悪習慣

逆に、ストレスで眠れない、
休めない人が良質な睡眠を取るために

避けた方がいい習慣もあります。

まずは寝付きの悪い人は、
就寝時間が近づいたら、

ものを食べたり、
タバコやコーヒーなどの
刺激物をとったりしない事です。

寝酒は特に眠りを浅くするので
控えるべきでしょう。

パソコンでゲームをしたりするのも、

神経が興奮するので、
やめたほうがいいでしょう。

頭の興奮を鎮めて
体を疲れさせようと、

寝る直前に体を動かす人がいますが、

これも逆効果です。

寝付きを良くするためには、

就寝時間の1時間半前には
運動を終えるようにします。

ちょうど副交感神経が働き始め、

体が休息の態勢に入る頃に
布団に入る事になるので、

気持ちよく眠りにつけます。

体を動かすほど睡眠の質は高まる

ただし、日頃
体を動かしていない人が、

あまりに激しい運動をすると、
刺激が強くなりすぎます。

息が弾む程度に
とどめるようにしましょう。

ちょっとした体操でも
十分ですし、

掃除や洗濯で体を動かすのも
一つの手です。

ただ日中よく働くほど
心身が良い感じで疲れ、

ぐっすり眠れるでしょう。

この辺りは意識した方がいいです。

入浴も効果的ですが、

熱いお湯につかったり、
熱いシャワーを浴びたりすると、

交感神経が刺激されて、
かえって寝付きが悪くなります。

ややぬるめのお湯に
ゆっくりとつかり、

火照りが冷めてから
布団に入るのがコツです。

ストレスで眠れない、休めない人の睡眠方法

そしてどうしても
眠れない日が続いたとしたら、

医師や専門家に
相談してみる事です。

ストレスで眠れない、
忙しくて休めない人は

ついついナイトキャップと言って
お酒に頼りがちですが、、

寝酒に頼ってしまうと、

つい酒量が増えて
二日酔いになったり、

ひどくなるとアルコールに
依存するようになったり
する恐れもあります。

さらに心身の状態は
悪化する恐れもあるのです。

もちろん、睡眠剤の
弊害もありますが、

どうしても眠れないときは、

専門家の知恵を
借りると言いでしょう。

また、床についても
目が冴えて仕方が無いという場合、

眠くなったときだけ
布団に入る事にして、

布団に入ったら眠るという
習慣を付ける方法もあります。

良く眠り、良く働く事のススメ

とくに、布団に入っても

本を読んだり、
テレビを見たりして、

なかなか寝付けないという人は

それを一切辞める事です。

眠くなったら明かりを
消して布団に入り、

考え事も一切しないで、
ただ眠るのです。

それでも眠れないようなら、

いったん起きて布団から出て、

眠くなるまで待ってから
布団に戻るようにします。

他にも、

寝る直前に気持ちが
休まる音楽を聴いたり、

ハーブティーを飲んだり、

心地よい香りや自分に合った
寝具に変えてみるなど、

様々な方法を試してみると
良いでしょう。

良い眠りが良い心身を作り

良い人生を作るわけです。

就寝1時間半前には、
休息モードに入り、

寝床では本やテレビは
見ないでひたすら眠るのです。

8時間睡眠にはこだわらず、
自分に合った睡眠時間を
探るのもコツです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>