過度のストレスで風邪を引いたら仕事は休みにして回復に専念

過度のストレスで風邪を引いたら仕事は休みにして回復に専念
今回のテーマは、

過度のストレスで風邪を引いたら
仕事は休みにして回復に専念

について紹介します。

車やパソコンなど電子機器も、

家具や洋服などでも、

メンテナンスをしっかり
やるほど丈夫で長持ちします。

人間の心身もメンテナンスが
肝心となるわけです。

疲れがたまってくると、
風邪なども引きやすくなります。

過度のストレスは、

心だけでなく体にも
大きな影響を与えるのです。

そんなときは、
当たり前のようですが、

やはり休むに限ります。

こんなことを言うと、

仕事人間の人たちからは

「風邪くらいで会社を休める訳がない」

「少しぐらい具合が悪くても
なんとかなる、」

と反発されそうですが、

頭から決めるつけるのは
どうでしょうか。

昔から「風邪は万病のもと」
と言われる通り、

無理をすると深刻な
事態に陥りかねません。

スポンサーリンク

風邪を引いたら仕事は休み

おかしな言い方かもしれませんが、

風邪を引いたら、

「良い機会」だと思って、

社会的な義務や責任から離れ、
自分をいたわる事に専念する事です。

「風邪くらいでは会社を休めない」

などと言いますが、

本当に具合が悪くなったら、
休まざるを得ません。

無理に出社したところで、
仕事は手に付かないでしょうし、

かえって大きなミスをして
周囲に迷惑をかける恐れもあります。

職場に風邪を蔓延させる
事にもなります。

休めないと思っていても、

高熱が出れば、

結果的に休んでいるというのが
現実ではないでしょうか。

またきつい薬で症状を抑えても、

それは実際に症状を抑えるだけです。

自然療法、東洋医学の世界では、

発熱や下痢、頭痛やせき

といった症状というのは、

体内に溜まった毒素を抜いたり、

神経や血液循環を整える
大切な調整の時期だと言います。

過度のストレスなら回復に専念する

だからこそ

薬を飲んで無理して動くより、

栄養をとってゆっくり寝ている
方がその後の体調が良くなります。

ですから

「休んではいけない」

と考えるのではなく

「ゆっくり休んで、回復を待とう」

という気持ちの持ち方を
すればいいのです。

そして布団に入ったら、

仕事の事は頭から追い出す事です。

休みをとった以上は
休む事に専念すべきです。

風邪を引いている間は
仕事から解放されると考え、

あせらず、

気持ちをゆったりと持つ事です。

何度も言うようにストレス自体は
悪いものではありません。

風邪は回復のサインと捉えること

しかし休息なしで
ストレスが溜まり、

過度のストレスが襲いかかると

私たちの心身はそれに
対応できなくなるのです。

風邪というのはある意味
体を休めるサインです。

だから回復に専念すべきなのです。

中には、

「風邪を引いたら、
その状態をとことん楽しむ」

という人もいます。

「心身からの回復に専念せよ」

という早めのサインに気付けて
よかったという人もいます。

不快な症状に悩まされるのに、

どうして楽しむ事がなど
出来るのかと思われるでしょうが、

何事にも達観すると、
そんな境地に至るのかもしれません。

風邪は休養のサインでもある

楽しむというのは
大袈裟かもしれませんが、

風邪もまた休養を必要としている
サインだと考えて、

対処する事です。

目の前のことに翻弄されて
大切な事を見失っては行けません。

無理をして働いて、
心身を壊し大きな病気になれば、

それ以上に被害が大きいのです。

長期的に休まなければ行けないので、

自分にも家族にも会社にも
結局大きな被害を与えます。

だから風邪やストレスで
疲れたときは、

ゆっくり休めば良いのです。

免疫機能というのは
体だけでなくメンタル、心の
健康にも大きく関わります。

うつ症状や落ち込む原因も
免疫機能の乱れが関わるのです。

回復したら、再び
仕事に励めば良いのです。

このように考えれば、

いたずらに罪悪感を
覚える事なく、

休みを取れるはずです。

もちろん予防というのも
大切ですが、

無理をせず回復に励む
というのも同時に大切です。

風邪を引いたら、

義務や責任とは距離を
置いて回復に専念する事、

無理をしても良質な仕事は望めず、

体調を悪化させるだけで
結果は悪くなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>