休日はのんびり心も体も休ませて休養をするのがストレス対策


今回のテーマは、

休日はのんびり心も体も休ませて
休養をするのがストレス対策

について紹介します。

あなたは休日はいつも
どう過ごしていますか?

もし休日も平日も区切りなく
いつも慌ただしくしている、、

というなら黄色信号かもしれません。

これまで、

色々な角度からストレスが溜まって
いる現代人のための解決法を
紹介してきましたが、

当たり前の話しですが、

体の疲れも心の疲れも、
休ませなければいけません。

頑張り屋の人ほど、

休みの日も一生懸命遊ぼう
としてしまいがちですが、

確かにアクティブレスト
と言う言葉があるように、

じっと引きこもっているより
ある程度動き回ることで

心と体が回復すると言う
やり方もありますが、

それがどんなときにも良い
効果をもたらすとは言えません。

疲れがたまっているときには、

何もせず、

ただのんびりと休む事だけを
考えてみてください。

スポンサーリンク

休みの日に遊びまわるデメリット

これが精神的タフさを
身につける為に重要です。

確かにせっかくの休みだから
何か好きなことを思いっきりしたい

と言う気持ちもわかります。

しかし、

遊び=休み

ではないという事です。

何事にも積極的に取り組む
努力家の人は、

何もしない事に
罪悪感や劣等感を持ち

すぐにその状態から
脱しようとしがちです。

休日に予定が入っていないと
気が済まないという人も、

決して珍しくありません。

ただ、

疲れが取れず、本当は
何もやる気が起きない、、

というのであれば、無理やり
活動する必要はないのです。

心も体も休養を
欲している訳ですから、

それを第一に考えるようにしましょう。

ストレス社会で戦っていくために
非常に重要な考え方です。

休日はのんびり心も体も休ませる

私の知り合いで雑誌のライターを
している30代の須崎さん(仮名)

彼はフリーランスなので
決まった休みがありません。

忙しいときには
週末も仕事をしています。

また知り合いや業界の
付き合いもあるので、

あちこちと飛び回っています。

特に、仕事が立て込んでくると、

一週間や二週間なんて
あっという間に経ってしまい、

休んでいなかった事に
ふと気づくと言います。

そういうときは意識的に

須崎さんは、全く何もしない
一日を設けるようにしているそうです。

「ダラダラ・デイ」と
本人は名付けているようですが、

つまり「何もしない日」と言う
のを意識的に作っているのです。

もちろん食事はしますが、

外に出なくても良いように、
あらかじめ食料を買っておき、

携帯電話の電源を切り、
メールもその日は開きません。

寝たいだけ寝て、お腹が
空いたら好きなものを食べ、

後はぼーっとして
のんびり過ごすというのです。

須崎さんによると、

「こう言う日を過ごす事で、

スケジュールに追われる
落ち着かない気分が取れて、

時間をリセットした感覚になる」

そうです。

確かに心理学的に見ても、

このように、ストレス続きで
休養が必要だと感じたときは、

心置きなく休む事が大切です。

心身の休養をするのがストレス対策

人にもよりますが、

月に4回休みがあるなら、

三日遊んだとしても、

一日くらいはこうした

じっくり動かない休みの日

と言うのを入れると良いでしょう。

こうした休養の日は、

仕事のための本や資料を読んだり、

仕事のアイデアを考えたり
するのも辞めて、

出来るだけ心を空にしてみると
良いでしょう。

何となく疲れた気がして、
やる気が出ないときには、

「スランプ」が来たのかもしれません。

スランプと言えば、

プロスポーツ選手や
芸術家が陥るもの、、

と思われがちですが、

何か専門的に取り組んでいる人

知的作業に携わる
ビジネスマンの人にも

周期的にやってくるものだと
心得ておきましょう。

休みをうまく取り入れる事の効果

スランプというのは、

ストレスが原因で生じる
一種の鬱状態とも言えます。

これが周期的に
やってくると分かれば、

無闇に悲観的にならずに済みます。

人間にも地球にもリズム
と言うのがあるわけですから、

それを無理やり変える
と言う方が不自然なのです。

大切なのは、

兆候に気づく事です。

そして休養をしっかりとる事です。

「何となく疲れている」

という以外に、

集中が切れる、目覚めが悪い、
タバコの本数や酒量が増えるなど、

人それぞれに兆候が現れます。

そして兆候を認めたら
「スランプだな」と認めて、

無理に忙しく活動しようとせず、
骨休めをする事です。

自然に心身が回復するたまで
待つのも重要な手なのです。

もし最近忙しくて疲れている、、

そんなときの休日こそ
無理をせずのんびり、

ぼーっと過ごしてみましょう。

また頑張るためにこそ、
積極的なリセットを心がけるのです。

休日はのんびり心も体も
休養させてあげるのです。

それがまた、次からの大切な
活動のきっかけになるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>