テクノストレス、テクノ不安症、テクノ依存症の恐怖と対策法

テクノストレス、テクノ不安症、テクノ依存症の恐怖と対策法
今回のテーマは、

テクノストレス、テクノ不安症、
テクノ依存症の恐怖と対策法

について紹介します。

現代社会において、

人間も物事も常にハイスピードで
動いている観があります。

社会の一員として生きている限り、

それなりに対応していく事も
必要でしょう。

しかし、

「うかうかしていると、取り残される」

不安に駆られるばかりでは
精神衛生上よくありません。

私の知り合いの一人が
信用金庫に勤めていました。

その頃の仕事は商店や工場を周り、
経営者と話をするのが主な仕事でした。

ところが転職してビル管理会社に
働くようになると今度は、

彼の仕事は一日中パソコンの画面を
チェックしてにらめっこするように
変わります。

そして新参者の彼は新天地で頑張ろうと、

深夜勤の回数も増え、努力します。

やがて、、

彼はひどい肩こりと腰痛に
悩むようになり、

我慢して仕事を続けて行くと
吐き気を覚えるようになります。

結局、彼は体調を壊し、仕事を
長期間休まねばならなくなりました。

彼はある現代病に冒されてしまったのです。

とにかく体と心に変化が起きた時には
注意深く自分を見つめ直すことが重要です。

ですから、

「最近どうも疲れが取れない」
「かなり疲れが溜まってきたようだ」

などと感じたときは、

とにかく休養をとる事が大切です。

特に負けん気の強い努力型の人は、

困難に直面すると、

しゃにむに努力をして克服しよう
としますが、

無理を重ねると心身に様々な
反応が現れ始めます。

スポンサーリンク

現代社会のテクノストレスの恐怖

IT関連の職場にはかつて
頸肩腕症候群と呼ばれるものが流行りました。

目の遣いすぎ、同じ姿勢の保持、
キーボードを叩き続ける、
マウスから手を離せない、

などの原因で、

肩や腰、首の筋肉にだるさ、痛み、
しびれなどが溜って行くのです。

特に若い頃からパソコンを
使って来なかった人には問題で下。

体の疲ればかりではなく

「追いつかなければ」「負けられない」

などという精神的疲労も重なるので、

こうした症状は静かに押し寄せ
症状はしつこく治りにくいです。

こうした症状をテクノストレス
とも呼ぶわけですが、

体のだるさや目覚めの悪さなども
一つの警告のサインです。

もしこうした症状が気になる人
ストレス過剰になっているのかもしれません。

ひどく肩が凝ったり、
頭が重かったり、

下痢や便秘を繰り返す
と言った症状も同様です。

体が発しているサインに気づいたら、
そのままにしておかない事です。

疲れたら休むと言う
当たり前の事が、

毎日を楽しく生きていくためには
不可欠な事です。

ただ、、

現代ではコンピューターや
テクノロジーがすっかり普及し、

テクノストレスで
苦しむ人が増えています。

これには

「テクノ不安症」と
「テクノ依存症」という

二種類があります。

最近ではスマホやタブレットが進化し
コンピューターの進化も凄まじいです。

もちろん便利で素晴らしいものです。

が、その影響で心理的ストレスとなり、
心身に悪影響を及ぼす事が多いのです。

これからテクノロジーが
退化する事はないでしょう。

だからこそ意識してしっかりと
テクノストレスへの対処法を
身につける必要があるのです。

テクノ不安症、テクノ依存症の特徴

テクノストレスは大別すると
テクノ不安症、テクノ依存症
に分かれるのですが、

前者の「テクノ不安症」は、

一種のコンピューター不適応症で、

機械が苦手なのにも関わらず、

仕事上、ハイテク機器やコンピューター
を使う事を強要されていると
感じている人に多く見られ

画面に向かうだけで
異常な程、緊張を覚えたり、

頭痛、肩こり、腕の痛み、
目の症状などを訴えたりします。

幼少期から機会に接してきた人は
理解できないかもしれません。

しかし「なぜこれもできないの?」
というような視線を感じることで、

またプレッシャーは高まってしまうのです。

これはなにも
コンピューター嫌いの人
だけに当てはまる話しではありません。

問題なく使いこなしているように
見える人でも、

タイムリミットやノルマがキツく、
テクノ不安症になる事があります。

またコンピューターにのめり込む
「テクノ依存症」では、

全く気にならないかのように
仕事に打ち込むうちに、

目の疲れや肩こりが起こり、
深刻な事態に陥ってしまいます。

こうした症状を予防する為には、

仕事の合間合間に必ずリラックス
タイムを入れることです。

リラクゼーションテクニックや
ストレッチを覚えて、

5分でも体を動かし、体を休ませる
だけで大分変わってくるはずです。

テクノストレスの心理的対策法

意識してパソコンや機械から
離れる時間を日常に取り入れるのは大切です。

テクノ依存症に陥ると、

人の付き合いが億劫になり、

コンピューターのような機械的な
思考になるため、

普通の日常会話も少なくなって、
人間関係に支障をきたします。

人よりもパソコン画面だけが
友達という感じでしょうか・・

本人には自覚がなく、

コンピューターから引き離そうと
すると禁断症状まで起こすケースもあります。

「テクノ依存症」になるのは、

もともと人付き合いが苦手

一つの事にのめり込むタイプの
几帳面な人が多いと言われています。

コンピューター相手なら
操作した通りに動き、

望んだ答えを出してくれるので、

自分が絶対君主でいる事ができ、
権力欲が満たされるのです。

このような深刻な状況に
陥らないためにも、

しっかりと対策が必要です。

具体的には、
他のストレス対策と同じですが、

疲れたら、迷わず休養をとる事です。

心身の不調を自覚したら、
無理をせずとにかく休む事です。

「疲れたら休む」というのは、

楽しく生きるための
基本とも心得ましょう。

そして、やむを得ず
テクノロジーとつき合うにも

ある程度距離をとる時期も必要です。

ストレス対策はいつも
バランスが大切なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>