先延ばし癖が不安のもと、嫌な事は後回しの心理的対処法


今回のテーマは

先延ばし癖が不安のもと、
嫌な事は後回しの心理的対処法

について紹介します。

前回まで不安やプレッシャーの
付き合い方について考えていますが、

なすべき事を
していないときにも

人はプレッシャーを感じます。

例えば、

上司から頼まれた用事を
片付けていない時、

クレームの処理をしていない時、

ミスを報告していない時

など「やらなければいけない」

事を先延ばししていると
どんどん圧力が覆い被さっていきます。

こうした状態から
抜け出る心理的対処法は、

シンプルで、

その課題をさっさと片付ける
という事につきます。

実際に行動に移し、
なんとか処理してしまえば、

プレッシャーもなくなります。

それを放置するほど、精神的な
圧力は積み重なって行くのです。

スポンサーリンク

朝一番に嫌な事を片付ける習慣

私の知人の一人自営業者の野村さんは

ストレスをあまり感じずに
仕事ができていると言います。

人なつっこい笑顔が
印象的な人ですが、

そのような笑顔を保てるのも、

嫌な事も後回しせず
効率よく仕事を片付けているからです。

彼は毎朝、仕事場に行くと、
仕事のランクづけから始めるそうです。

糊付きのメモパッドに、

重要度の高い仕事から
順位をつけて書き出していき、

デスクの横の壁に貼っておくのです。

これは仕事の効率を上げる
仕事術として良く知られた
テクニックの一つですが、

さらに彼はその際、

重要度から見れば低くても、

気の重くなる事、
気になっている事も、

上の方に位置づけると言います。

つまり「やりたくない仕事」ほど
先に終わらせるようにするのです。

そして、朝からさっさと
片付けてしまうのです。

結果、これだけで不安やプレッシャーを
あまり感じる事なく、

楽しく仕事ができていると言います。

これは嫌な事は後回ししてしまう
先延ばし癖の効果的な心理的対処法
といえます。

嫌な事は後回しの心理的対処法

「嫌だと思うことは後回しせず
出来るだけ早く片付ける」

というのが

野村さんのポリシーです。

「そうしないと、気が重いまま
でいなければ行けないでしょ。

その方がずっと嫌だから」

確かにこの野々村さんの
やり方、対処法を参考にすれば、

不必要な不安やプレッシャー
は避けられるのではないでしょうか、

どうせ同じやらなければ行けないのです。

「やりたくない」
「気が進まない」

と思っている事は、

ついつい先延ばしにしがちですが、

それはつまるところ、

自分自身に余計な
プレッシャーをかけるだけです。

心理学的に言えば、

プレッシャーや不安は
時間と経過に比例して
大きくなると言われています。

だからそこから逃げようとして
放置しておくと、

いっそう苦しめられる
という結果になる訳です。

早ければ早いほど楽な訳です。

先延ばし癖が続けば、
精神的に苦しい思いをするのです。

例えば、

クレーム処理の事例を
考えてみましょう。

顧客から電話が入り、
耳の痛い苦情を言われれば、

それだけで気持ちは沈みます。

問題が大きく、自分の非がある事が
明らかな場合は、

その場からなんとか逃れたい
という心理が働くのも分かります。

しかしだからといって

しっかり対処せず逃げてしまい、

上司への報告を先延ばし
にしていると、

ますますプレッシャーに
苦しめられてしまう事になります。

先延ばし癖が不安のもと

こんなときは

「上司の機嫌のいいときを
見計らって報告しよう」

「今は忙しそうだから、
もう少し待っておこう」

などと、

何かと理由を付けて

先延ばしにして 
引きずってしまいがちですが

それでは問題はなくなるどころか、
大きくなるばかりなのです。

すぐに報告すれば、

どう対処するかを話し合い、
解決に向けて歩み出す事も出来ます。

反対に、しばらく時間を
あけてしまうと、

すぐに報告しなかった事で
上司をさらに怒らせる事になる
かもしれません。

対応が遅れれば、
先方の怒りも膨らんでいくでしょう。

そういった状態に陥れば、

心理状態、気持ちはさらに乱れ、

他の仕事にも支障を
きたしてしまいかねません。

そして

「どうなってしまうんだろう」

という不安が大きくなり、

降格や解雇の不安さえ
目の前をよぎるかもしれません。

先延ばし癖、嫌な事は後回し癖

というのは厄介な問題なのです。

だからこそ、

「嫌な事程すぐ片付ける」

というのは、

人間の心理を考えても、
現実問題への対処法としても

非常に効率的な方法なのです。

気の進まない仕事程
真っ先に片付ける癖を持ちましょう。

先延ばしするほど、例えば
健康面でも問題は大きくなります。

癌は深刻な病気ですが、
いきなり発生する訳ではありません。

日頃の不摂生、免疫力の低下、
ストレスや喫煙などが

複合的に重なって発症します。

末期の癌よりも、癌の種の段階
の方が処置は楽ですし、

その前に、睡眠や栄養、運動など
日頃の生活習慣を見直しておけば
簡単に予防できるのです。

早ければ早いほど対処は楽なのは
肉体面でも仕事面でも同じです。

放置すればする程
問題はふくれあがり、

自分で自分を追いつめる
結果になるのですから。

気が重いタスクであっても
早めの対処を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>