社交辞令には注意するほど会話はうまく行く、フラットな関係


今回のテーマは、

社交辞令には注意するほど
会話はうまく行く、フラットな関係

について紹介します。

情報化時代、グローバル化社会は、

コミュニケーションのあり方も
間違いなく変えていくでしょう。

以前までの変化の少ない
時代であれば通用したものも、

どんどん通じなくなります。

これからの時代は変化の波に
うまく乗りこなせなければ、

時代に置いていかれることになります。

例えばその一つが、
社交辞令でしょう。

社交辞令には注意するほど
会話はうまく行きます。

フラットな態度が求められている時代、

企業や仕事関係の接待の方法も
変わっていくべきような気がします。

接待したお客さんをやたらチヤホヤしたり、

お客さんが何か言えば、
対して面白くないジョークでも

一斉にドッと笑ったり…

社交辞令ばかりの会話、、

これは通用しなくなる気がします。

成長するために付き合うべき人とは?

私自身も、仕事の関係者から、
たまに接待をして頂くことがあります、

しかし、社交辞令を真に受けて

勘違いしないように、
常に自らを戒めています。

社交辞令で相手を乗せない
よう心がけていますし、

自分も乗らないことが大切です。

表面上の言葉を取り繕い、

心にもないことは言わない、

と自分では気をつけています。

それが相手が立場が上でも
下でも関係なく、

良い意味でのフラットな関係を
心がけています。

ここであなたにお勧めしたいのが、

ほうっておいても褒めてくれるような
部下と後輩とご飯に行くくらいなら、

あえて気難しい偉い人と行くべきです。

緊張感がある人との付き合いが成長させる

偉いと言うのは、有名人とか
肩書があると言う意味でなく

一緒に時間を過ごすと、

緊張して背筋が伸びてしまうような相手、

そんな緊張感こそが
自分を成長させてくれるのです。

師匠やメンターといえる存在、

その相手と会話をしている間中
頭の中が振る回転しているような相手、

そんな人と話しをする時間は
非常に貴重だと思うのです。

年下の人後輩であっても、

ヨイショしてくれる人、
場を盛り上げてくれる人、

と付き合うのではなく、

向上心を持って
鋭い質問をしてくれる人、

自分を追い抜いてやろうと
目をギラギラしている後輩、

そんな人と付き合っていれば、

自分自身を常に成長させようと
意識を持つことができます。

同じように、社交辞令的に

「今度飲みに行きましょうよ」

…などというのも、出来れば
そろそろやめにしたいものですね。

社交辞令を言ってる時間が
勿体無いと私は感じてしまいます。

社交辞令と人間関係の関係

正直でいるのが一番良い関係でいられる

そう感じています。

それはお互いにとって同じです。

その上での、

会話術であり、
コミュニケーションスキルなのです。

社交辞令で表面上だけの付き合いをして
その場を乗り切ると言う事ではないのです。

時間貧乏性の私は、

社交辞令を言ってる時間が
勿体無いと感じてしまいます。

なので、

「今度飲みに行きましょうよ」

と自ら誘うときは本気の時です。

もちろん誘われても本気です。

「じゃあ、いつにします?」

と目の前で手帳を取り出し、

「え?、ええ、、」

と相手を慌てさせる事もあります。

仕事柄、

「今度パーティーに来て下さい、」
「来月イベントあるので見に来て下さい」

などとお誘いをいただくことが多いのですが、

そんな時も

「ぜひぜひ、、」とか、「行きますよ」

とか即答せず

「うーんどうしようかな、、」

などと言うので相手から拍子抜けされる事もあります。

フラットな関係でいることのメリット

フラットな関係というのは、

公平で平等な立場というより、

誰に対しても正直に
接するということだと思います。

確かに正直でいるというのは
口で言うほど簡単なことではありません。

でも、正直でいる方が

お互いにとって長い目で見れば、
良い関係でいられるのではないか?

と私は思っています。

表面上の付き合いが
いくら増ええても私の人生にも、

相手の人生にも大きな変化はありません。

それよりも、深い人間関係が
一人でもできた方が良いのです。

だからこそ、いつでも
本音を隠す事はしないという
スタンスで望みたいと思っています。

(もちろん相手にとって失礼はないよう心がけながら)

例え社交辞令と分かっていても、

「行きますよ」

と言われると人は期待します。

その期待分、実際に行かないと
ガッカリ度は高くなります。

人と人の信頼関係というのは、
そんな所から壊れたりするのです。

どんな時代でも、

相手に対する尊敬の気持ちが
大切なことだけは変わらないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    ちょっと違う

    • admin より:

      コメントありがとうございます。
      ちょっと違う…から学びを得てもらえれば大変嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>