プレッシャーに強い人、弱い人の特徴と心理的乗り越え方


今回のテーマは

プレッシャーに強い人、
弱い人の特徴と心理的乗り越え方

について紹介します。

「自分はプレッシャーに弱い」

と考えている人は多いものです。

重要度が高ければ高いほど、

不安にかられ、
緊張してしまうのが
普通の人間です。

誰でも彼でも程度の差はあれ
プレッシャーを感じる事はあるのです。

たしかに、
不安ばかりが膨らんで

ガチガチに緊張した状態では、

持てる力を発揮するのが
難しくなります。

重要な商談やプレゼンテーション
セールス、試験などに、

良くない影響を与えてしまう
恐れがあります。

ただ、プレッシャーというのは、

必ずしも悪いものではありません。

成功させたいと言う
気持ちが強いからこそ、

不安にも思い、緊張もする
のだと考えてみてください。

だからこそ、

プレッシャーや困難と
上手くつき合い、

逃げる事なく、努力を惜しまず、

いい結果を出せるように
頑張る事が出来るのです。

過酷なプレッシャーに
さらされる事が、

新たな気づきに
つながる事もあります。

プレッシャーを味方に付ける事が

プレッシャーの
心理的乗り越え方なのです。

「これはある意味チャンスなんだ」

と捉え方を変えれば
見えない壁は消えて行きます。

スポンサーリンク

プレッシャーに強い人、弱い人の特徴

ところが

このプレッシャーに弱い人は
なかなかこれが上手く出来ません。

例えば、

中年期にさしかかり、
昇進して責任の重いポストに
ついた企業戦士が、

「中年危機」といわれる
コンプレックス状態を経験するのが、
良い例です。

仕事以外には見向きもせず、

がむしゃらに働く
サラリーマンは、

職場に過剰適応し、

ワーカホリック(仕事中毒)
になりがちです。

年齢とともに責任が重くなり、

人間関係に神経をすり減らすので、
ストレスの溜まり方も相当なものです。

昇進というのは、
晴れがましい事であり、

収入が上がったり、
重要なプロジェクトを任されたり、

身を粉にして働いた
ご褒美と考えられるのですが、

一方でその重圧に打ちのめされて
しまう事があります。

とくに、コツコツと地道に働き
会社に忠誠を尽くす特徴の人は、

若いころは、

「真面目で使いやすい社員」

として評価されるでしょうが、

中年になるとそうも
いかなくなります。

「人の上には立てない人間」
「自己裁量の出来ない頼りない人材」

とみなされ、

出世競争から蹴落とされがちです。

真面目な人ほど思い悩む…
というのは皮肉なものですが、

思い詰めないように
注意しなければ行けません。

プレッシャーに弱い人の心理的乗り越え方

昇進したは良いものの、

管理職の責務に苦しんだり、

やがて同僚に先を越される事に
なったりすると、

自分の限界を思い知らされ、
劣等感に苛まれます。

そして、こうした事がきっかけとなり、

企業戦士たちは、
ワーカホリックの状態から

ハッと目覚めるのです。

「何も考えず、ひたすら考えてきたが、
本当にこれで良かったのか」

「このまま仕事をやっていけるのだろうか」

と言った疑問が浮かび、

人生への幻滅や不安、
疲れ、焦りなどが一気に

押し寄せてきます。

加えて、頭痛や不眠症などの
ストレス病の症状が現れる事も、

珍しくはありません。

がむしゃらに働いて、
10年、20年と身体を壊さず
うまくいくのは、

ほんの一握りの天才だけでしょう。

頑張るのもいいですし、
集中するのも大事ですが、

長期間にわたって気を張ると

メンタルが弱くなり、
ますますプレッシャーに弱くなり、

視野が狭くなり仕事の
効率も下がったりします。

仕事を肩の力を抜いて
楽しんで出来る人ほど、

アイデアが豊富で
好奇心が豊富で、

仕事以外に趣味も楽しみ、
オンとオフを切り替えているものです。

「緊張→リラックス→緊張→リラックス」

という並を作る方が、
精神的なタフさが作れて、

プレッシャーにも打ち勝てます。

たまには週末に温泉に行く
位の余裕を持つ方が、

心身の充電が出来たり
仕事のアイデアが生まれたりします。

プレッシャーがワークホリックに…

プレッシャーに強い人は

プレッシャーを成長の
エネルギーに出来ますが、

弱い人はなかなか出来ません。

まさに危機的な状況に陥る訳で、

さらに真面目で完璧主義な人ほど、
メンタルに問題が起きます。

大抵のワーカホリックの人が
経験する事と言われています。

しかし、この気づきがなければ、
過労死への道を突き進むか、

定年退職してから
始めて人生を振り返る事に
なってしまうでしょう。

このように、
中年期の大きなプレッシャーは

人生の転機にもつながります。

渦中にあるときは、
苦しさばかりに気持ちが生きますが、

その先にある新たな行き方を
模索する道程とも考えられるのです。

仕事にプレッシャーを感じるのは、
あなたが意欲に燃えている証拠です。

たとえ窮地に立たされても、

自分を見つめ直す
好機と捉えましょう。

その見えない壁は
決して乗り越えられない
壁ではないのですから。

必ず適度に休息を入れ
心身の回復を間に入れる事、

そして、

プレッシャーを味方に付ける、
捉え方を変えてみるのが心理的な

プレッシャーの乗り越え方です。

ぜひプレッシャーに強い人
の特徴を身につけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>