精神力は子供時代も影響するが、いつでも鍛える事は可能

精神力は子供時代も影響するが、いつでも鍛える事は可能
今回のテーマは、

精神力は子供時代も影響するが、
いつでも鍛える事は可能

について紹介します。

我々人間というのは

親から受け継いだ遺伝子、
本人が持つ固有の性格、
生まれ育った環境や文化、
受けた教育、

など色々な要素が絡まり
人格形成がなされますが、

物事にどんな風に
向きあうかというのは、

やはり子供時代の環境が
大きく左右します。

子供は、周囲の大人の
やっている事をしっかり見て
学び取って行くからです。

親を始め、頼りにしている大人が、

プレッシャーから逃げているか
プレッシャーを糧としているか

「失敗」から学んでいるか
「失敗」を否定しているか、

弱点を認めているか、
必死に隠そうとしているか、

自分らしく生きているか、
自分を押し殺しているか、、

そのやり方を学んで
身につけていくのです。

親の背中を見て育つ…

だからこそ精神力の強い
人が周りにいる子供は、

自ずと精神力が鍛えられていくでしょう。

スポンサーリンク

子供時代の育てられ方と精神力

育てられ方というのも、
もちろん大きいです。

幼児教育というのは
国語や算数を教えれば良い

と思っている人もいますが、

人格教育こそが実は
将来の根本をなす

重要な教育なのです。

例えば、

小さいころから

「危ないからこれをしちゃダメ」
「あれをしちゃダメ」
「こういうふうにやらなきゃいけません」

などと、マニュアルばかり
叩き込まれてしまうと、

マニュアルにない事態を
「工夫して切り抜ける」という
体験が出来ません。

あまりいやの管理下で
決められるルールに従う子供だと、

将来、ルールから外れたときに
対応できない人になりかねません。

例えば

熱い飲み物を入れた
カップがテーブルの上にあるとします。

子供が

「何かな?」

と手を伸ばそうとした途端、

「あっ、熱いからダメ!」

とストップがかかります。

触ったらどんな感じなのか、
何が入っているのか、
どんな味なのか、

そんな好奇心もストップさせられて、

ただ

「これは熱いもの」
「触ると叱られる」

という知識で終わってしまいます。

火傷はしないで済むものの、

自分で「あっ、熱い!」と
手を引っ込めたり、

「こうやって持てば熱くない」

などと工夫してみる
チャンスを逃してしまうのです。

もちろん、本当に危険なことは、
親として避けるべきですが、

ちょっとした火傷くらいなら
身を以て体験すれば、

それが知恵となるはずです。

ある意味その学習機会を
奪ってしまっている事、

これでは応用が利かない
精神力が低いまま育つ可能性があります。

精神力は失敗を重ねて鍛えるもの

だから、今の若いものは・・

などとお説教
始めるつもりはないのですが、

最近では、

マニュアル通りにしか
仕事を進められない若い人が
目につくようになっています。

以前からその傾向はありましたが、

情報化、スマホ化した
現代社会は、

誰しもが同じマニュアルを
共有しています。

子供のころから

「失敗しないように」と
安全なレールを引かれて、

「失敗しないためのマニュアル」

ばかりを賢くこなしていたら、

失敗から学ぶ

という経験が出来ないです。

何が起こるか分からない
今の社会に出て、

うろたえてしまうのも
仕方ありません。

逆に

「どうしてお前は出来ないんだ!」

などと怒られて、
押し付けられた目標をクリアできずに
責め立てられていたら、

「自分らしくやれた」

という充実感を味わう
暇がありません。

周囲を自分を比べては
落ち込んでしまう癖がつくのも
当然です。

打たれ弱い人になってしまうのも
ある意味当たり前かもしれません。

精神力はいつでも鍛える事は可能

ただし、

ここまで読んで、

自分はひどい目にあったんだと
親や教師を恨むのは早とちりです。

だいたい今の学校教育というのは

「失敗を知らない子供」
「失敗ばかりの子供」

どちらかが育つ仕組み
になっているのです。

結局は自己責任で、
自分を鍛えていかねばなりません。

大切なのは、

力はもともと誰でも
持っているのだという事、

精神力はいつでも鍛える事は
可能なのです。

いくつになっても精神的タフさは
伸ばす事ができるのです。

以前に紹介した、

「自分はここ一番の集中力がない」

と悩んでいた
プロゴルファーの田中秀道プロ

彼もちょっとしたきっかけと
トレーニングで

抜群の集中力を発揮したのです。

集中力がないのではなく、
出し方を知らなかったのです。

人前でスピーチする事の
恐怖を持っていた人が

何人も克服していったのを
私は見ています。

自信がなかった事が悩みの人が、

少しずつ自信をつけて行く様は
本当に感動的です。

こうした人たちが変わったきっかけは

「ほんの少しの気づき」

から始まるのです。

知らなかったコツは
いくらでも今から覚えれば良いのです。

子供時代の経験で上手く
出せなくなっている精神力も、

大人になってから
トレーニングして鍛える事で
出す事は出来ます。

何歳になっても
新しいやり方を始めるのに
「遅すぎる」という事はないのです。

IQよりもEQが大切と言われますが、

精神力を鍛える事は
生活の質を上げる大切な事です。

あなたが持っている
潜在的な力は

いわば無限大と言ってもいいのです。

それを上手く引き出せる
テクニックやノウハウを
是非学び実践していってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>