動物と植物の癒し効果を使いリラックス、ストレス解消

動物と植物の癒し効果を使いリラックス、ストレス解消
今回のテーマは、

動物と植物の癒し効果を使い
リラックス、ストレス解消

について紹介します。

時に喧嘩があり、争いもあり、

感情のもつれ、嫉妬や怒り、
コミュニケーションの誤解があり

人間同士で理解し、理解される

というのは難しいものです。

人間関係に疲れ、
気持ちがふさいだときには、

動物や植物の癒しの力を
借りるのも良いでしょう。

動植物は人間と同じ
生命を宿していますが、

人間同士ではしばしば
軋轢を生じるのに対して

彼らは安らぎや癒しを私たち
人間に与えてくれます。

精神的にタフな私の知人
雑誌の編集者である竹下さん、

大変な愛猫家の彼女は

どんなに遅く帰宅しても、
愛猫が寄ってくると、

「飽きられるまで遊んでもらう」

といいます。

「遊んでもらう」という
表現んが実に面白い訳ですが、

持ち帰った仕事があっても、

その時間だけは頭の中から追い払い、

猫がひざの上でうたた寝を始めれば、
起きるまで静かに待つのだそうです。

スポンサーリンク

アニマルセラピー、動物の癒し効果

自分より猫を優先するなんて、

本当に「猫可愛がり」
だと思うかもしれませんが、

竹下さんにしてみれば、

「相手をしてもらっている」

という意識なのです。

それは、ご自身が受けている
恩恵、効果をはっきりと
自覚しているからでしょう。

最近では「アニマルセラピー」
という言葉がときおり
聞かれるようになりました。

実際に、動物と触れ合うと
血圧や脈拍数が安定する事が
分かっています。

「セラピー犬」と呼ばれる犬たちが
介護施設を訪れ、

入所している高齢者たちが
穏やかな笑みを浮かべている所を、

テレビで見た事のある人もいるでしょう。

このように、

動物には人間を癒す力があると
考えられています。

動物好きの人はペットを
飼う事を考えて見たはいかがでしょうか。

リッラクス、ストレス解消効果を
与えてくれるでしょう。

動物を飼うことで得られること

ただし動物を選ぶときは、

自分のライフスタイルや性格と
合うかどうかをきちんと考慮する
必要があります。

世話にどの程度手間がかかるのか、

昼間、留守にしても
大丈夫かなど、

一口に犬と言っても
犬種によって大きく違うので、

あらかじめ確認する事です。

お金もかかり、手間もかかり、

お世話をしなければいけない
ということを軽視してはいけません。

無責任な気持ちで動物を飼い、
生活が大変になっては困ります。

動物を飼う事でストレスをためて
しまっては本末転倒です。

一度飼って飽きたらすぐ捨てる、

というわけにはいかないのですから。

花療法など植物の癒し効果

また動物が苦手な人は、
植物に触れてみるといいでしょう。

少し前にガーデニングが
ブームになりましたが、

現代人癒しを求めている事と
決して無関係ではないと考えられます。

中国古来の陰陽五行説に基づき

花の発する「気」を利用した
「花療法」と呼ばれる物があります。

これまた精神的にタフな私の
知人の一人銀行員の荒井さんは

マンション住まいなのですが、

毎朝、出勤前にベランダの植物の
手入れをするのが習慣だと言います。

「ちょっと恥ずかしいんですが、

それぞれに『おはよう』と大きな声で
挨拶をしながら見て回るんです。

花芽がつき始めたのを
見つけたときなど、

自分お愛情に答えてくれた
ような気がして、

一日中気分よく過ごせますね。」

人間関係を円滑にしてくれる効果も

彼は40代半ばで、真面目
そのものと言った雰囲気ですが、

恐らく植物と対話しているときは

その癒し効果にリラックスして
ストレス解消となり、

職場で見せる顔とは全く違う
表情を浮かべているのでしょう。

最近では、やはり仕事で
忙しい彼の妻も植物に興味を持ち、

共通の趣味になったと言います。

日頃の会話が増えて、

休日には二人で園芸店や
植物園に出掛けるなど、

思わぬ効果もあったと
話してくれました。

植物が人間関係を円滑に
してくれることもあるのです。

私の知り合いでも冷え切った
関係になってしまった夫婦が、

ペットを飼い始めてその関係が
良くなって例はたくさんあります。

もちろん生命を育てるというのも、
大変なことではありますが、

植物を育てる
とまではいかなくても

気分が沈みそうなときは、

暮らしに花を取り入れるのも
ストレス解消に効果的です。

動物と植物のリラックス、ストレス解消効果

先ほど紹介した

「花療法」によると、

元気がないときには
「陽」のパワーを持つ暖色系の花、

気分があちこちに向いて
イライラしてるときには

「陰」のパワーのある寒色系の
花を選ぶと良いとされています。

無心になってただ
花を眺めているだけで

何かしら得られる物が
あるのではないでしょうか。

その後は、テーブルの上や
玄関などに飾っておけば、

目に入るたびに
気持ちがほっとするはずです。

動物にしても植物にしても

自分から会いに出掛ける
という方法もあります。

猫カフェやペットショップ、

動物園で時間を忘れて
好きな動物を眺めているだけで、

日頃のストレスを忘れ
自然と笑みが浮かんでくるでしょう。

最近では小動物と直接触れ
合える動物園などもあります。

また、植物園や庭園でガーデニング
が綺麗な場所で一日を過ごし、

リラックスしながら緑や花の
パワーを実感するのも良いでしょう。

もちろん人間同士の癒しを
忘れてはいけませんが、

ペットや植物を生活の中に
取り入れてみると、

いたたまれない気分のときも、

その癒し効果は想像以上にあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>