早起きして太陽の下を日光浴しながら散歩するストレス解消法 

早起きして太陽の下を日光浴しながら散歩するストレス解消法 
今回のテーマは、

早起きして太陽の下を日光浴
しながら散歩するストレス解消法 

について紹介します。

どれだけ人類の文明や
科学技術が進んでも、

人間心理は太古から
そう変わっていません。

日々の生活にストレスは
つきものであると認め、

心と身体の声にきちんと
耳を傾けるようになると、

ストレス過剰による

気分の変化にも
気づくようになるでしょう。

「どうも気持ちが晴れない。

ストレスが溜まっているのか…」

と思ったら、

日光を浴びて散歩してみる、
というのも一つの対処法です。

こうして自然の恵みを感じることで
人間の本能が解放されるのです。

私も今現在は自営業で
時間の融通が利く事もあって

晴れた日には必ずと言って
いいほど散歩を楽しんでいます。

お金も手間もかからない、

日々のちょっとした贅沢ですが、
ストレス解消に良い習慣です。

太陽の明るい光は
気分まで明るくしてくれます。

曇り続きのときや梅雨時に、

何とはなしに憂鬱な
気分になるという事は

誰もが経験しているはずです。

スポンサーリンク

早起きして太陽の下を日光浴する効果

最近では紫外線に被害など
聞くようになりましたが、

太陽の力は偉大です。

心身に影響を与えるものです。

実際に、日照時間が少ないと
鬱状態に陥りやすくなります。

冬になり、室内にばかりいて
日光を浴びずにいると、

身体がだるくて何も
やる気が起きず、

朝、目覚めても布団から
でられないといった、

鬱状態になってしまうのです。

こうした人は、

日光浴と同じ働きをするような
光を照射する治療も行われています。

日光を浴びる事が、
人間にとっていかに大切かを
思い起こさせる話しです。

私もメンタルタフネスを
身につけるため友人たちにも

散歩を勧めますが、皆一様に、

「光を浴びて歩いていると、

それまでネガティブに考えていた事を、
ポジティブに見られるようになる」

と言います。

取引先に嫌々頭を下げたときや
家族に反発されたときなども、

太陽に救われているという事です。

グラインダー効果とストレス解消法 

晴れた日に散歩など
ずいぶん優雅な話だ…

と思われるかもしれませんが、

会社勤めをしていても
朝や昼休みを利用すれば、

ストレス解消のための
散歩ができるはずです。

あるいは朝は少し早起きして、

出社前に少し散歩に
出かけるのはどうでしょう。

たとえ5分であっても一日の
気分は変わるはずです。

昇っていく太陽に向かって
歩いていくのが良いでしょう。

昇っていく太陽が生命に
多大な恩恵を与える事は

午後の日照よりも植物の生長を
助ける事を考えても分かります。

日光を顔と身体に浴び
その心地の良さをかめながら、

軽く散歩をしてみてはいかがでしょうか。

朝、身体を軽く動かす事で

「グライダー効果」

も得られます。

これは、身体が温まり、

生活の活動レベルをグライダー
のように上昇させた状態で、

その日に望める事です。

つまりその日一日の仕事が
ポテンシャルの高い状態で
望めるようになるのです。

もちろん運動が好きな人は、

散歩ではなくジョギングを
しても良いでしょう。

ただし、無理は禁物です。

激しい運動で消耗すると、

グライダーのようにぐんぐん
上昇するどころか、

一気に転落することもあり、

その日の他の活動に支障をきたします。

日光浴しながら散歩する心身の影響

残業が多くは早起きは無理だ
という人でも、

昼休みを利用すると良いでしょう。

精神的にタフな私の知人の
一人で家電メーカーに務める
浜田さん(仮名)は、

天気の良い日は近くの公園に
行くのが習慣だと言います。

持参するのは、
お弁当と芝生に広げるシート、

暖かい季節には靴と靴下を脱ぎ、

少し当たりを歩いたりして
解放感を味わうそうです。

激しい運動はしませんが、

軽く歩いたり裸足で大地を
踏みしめることによって、

心身が回復され、パワーが
漲ってくるのを感じるそうです。

ほとんどの時間を高層ビルの
オフィスで過ごしている
浜田さんにとって

「大地に触れる貴重な時間」

となり、浜田さんの貴重な
ストレス対処法になっています。

その後、シートの上に
座ってお弁当を食べ、

昼休みが終わるまで、

そこでくつろぐと言います。

これなら日光を浴びて、
リラックスもできます。

日の当たらない室内で
休み時間を過ごすより、

心にも身体にも健康的です。

浜田さんはかつての仕事の
ストレスから胃潰瘍になった
経験の持ち主ですが、

最近では顔色もよく、
元気そうです。

日頃室内にこもりがちの人は、

積極的に日光浴して太陽を
浴びるようにしてみてください。

特に日光が陰りがちな冬は、
意識して太陽に顔を向け、

ストレスと上手につき合う
エネルギーを得るようにするのです。

晴れている日は早起きして
外に出て積極的に日光を浴びる、

人間も自然界の一部なので、

太陽の力が心身を元気し、
ストレスから守ってくれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>