ストレスにタフな人のストレスと上手くつき合う方法と対処法


今回はストレスにタフな人の
ストレスと上手くつき合う方法と
対処法について紹介します。

厳しい競争社会である
現代社会に置いて

タフさというのは一つの武器であり、

障害や問題に負けない
心と体を持つことは、

エリートの特徴の一つなどと
言われています。

しかし、、

「どうもやる気が起きない」
「何となく調子が悪い」

と感じるときは、
誰にでもあるでしょう。

いつも同じように
過ごしているつもりなのに、

どこがどうというのではなく、
何となく気分がさえず、

モヤモヤした状態です。

そんなときに考えてほしいのが、

ストレスの影響です。

知らず知らずのうちに
ストレスを溜め込んでしまい、

不調をきたす人は大変な数にのぼります。

リストラや家庭の崩壊、
身近な人の死、

と言った重大な局面に立たずとも、

日々ストレスは受けます。

熱さや寒さなどの
物理化学的なストレスに始まり、

騒音や人工光、コンクリートジャングル
などの環境的ストレス、

過労や病気などによる
生理的ストレス、

人間関係や不満、失望、
不安などから起こる

社会的、心理的ストレスと
生きていく中で人間は様々な
影響を受けているのです。

厳しい現代社会では
ストレスに対するタフさは必須です。

何か手を打たないと
ストレスに押しつぶされかねません。

スポンサーリンク

ストレスへのタフさとホルモンの対処法

さてここで、
ストレスを感じたときの
体内の仕組みについて

すこしだけ解説しましょう。

ストレスに遭うと、

大脳の視床下部で情報がキャッチされ
脳下垂体への働きかけが起こります。

すると、脳下垂体前葉から
ホルモンが分泌され、

これを受けて副腎皮質が
アドレナリンとノルアドレナリン
というホルモンを分泌します。

この二つの副腎皮質ホルモンは

身体が外界から受けた刺激に
適応するためのホルモンです。

アドレナリンという言葉は
聞いたことがある人も多いでしょう

古代から人類は外敵に遭遇した際

このアドレナリンを発生させ、
戦ったり逃げたりと言う

闘争と逃走の反応と呼ばれる
体と心に行動のスイッチを入れる
仕組みを備えています。

だから現代社会でも
ここぞというときは

アドレナリンを出して
行動のパワーにする事があります。

適量のホルモンなら問題ないが…

こうしてストレスにさらされた時
脳からホルモンを出す仕組みが
人間にはあります。

適量であればストレスによる
歪みが正されるのですが、

それが多すぎたり、少なすぎたりすると、

いわゆるストレス病を
引き起こす事になります。

自律神経を乱れさせ

身体のだるさや食欲不振、
肩こり、下痢、便秘、動悸などは

忙しい現代人には
おなじみの症状ですが、

ストレスに対処できず
身体が発している警告である事が多いです。

ストレスと上手くつき合う
方法と対処法として、

まずはこの辺りの認識が
非常に重要です。

力を入れる時入れて
リフレッシュするときは抜く、

精神的にタフな人というのは、
この辺りのコントロールが上手いのです。

一方で、

真面目で責任感が強い人、

自分の感情を抑えて
過剰に周囲に合わせようとする人は、

ストレスから来る病気に
なりやすいと言えます。

ストレスと上手くつき合う方法

ストレスの存在を
無視しようとしても、

不調から抜け出る事はできません。

そうではなく直視するのが
まずは大切です。

明るく楽しく精神的にタフに
人生を生きていくためには、

ストレスから目を覆い
逃げ回るのではなく、

ストレスと上手につき合う
事こそ大切なのです。

それには、脳下垂体から
副腎皮質までの機能が安定して働き、

適量の副腎皮質ホルモンが
分泌されるようになるのが、

上手い対処方法と言えます。

そのために必要不可欠
なのが何かと言うと

実は『適度な』ストレスなのです。

逆説的に思われるでしょうが、

繰り返しストレスを
与えられると、

人間は耐性を強めるような
学習をしていくのです。

なかでも、何かを記憶したり、
注意を集中すると言ったストレスは

抵抗力をつけ、やる気を起こさせます。

頭を使う仕事や趣味に
適度に打ち込む事で、

ストレス耐性が強まり、

たくましくタフに生きて
いけるようになると言えるでしょう。

筋トレと同じような仕組みです。

筋肉に適度な刺激を与えれば
筋力は強く太くなります。

しかし、運動せず寝ていたら、、

筋力は衰えて行きますし、

休まず筋肉を痛め続けたら、、

怪我して病気にもなります。

つまりバランスの取れた
コントロールが大切ということですね。

ストレスにタフな人になる方法と対処法

周りを見回してみると、

多忙を極めながら
新たな事に挑戦し、

楽しそうに生きている人
いないでしょうか。

私の知人にタフな人の特徴を持つ
典型的な人がいます。

会社経営者の神田さんは

外国語や楽器、チェスなど、

お会いするたびに新しい趣味の話し
嬉々として聞かせてくれます。

もちろん本業のビジネスは
手を抜くことなく精力的にこなし

常に業績アップの為に
働き回っていますが、

一方で、趣味や教養の為の
スキルアップも欠かしません。

精力的に業務を拡張する中で

いつそんな時間があるのかと
不思議に思うほどですが、

本人は

「集中して何かを覚えているときは
気持ちにハリが出て、身体の調子もいい」

と言います。

もちろん休むのも大切ですが、

ダラダラと中途半端に
休むくらいなら

切り替えて趣味に没頭する
方が心身の機能が回復するものです。

誰もがストレスを受けている
と言うことを忘れず、

適度なストレスは楽しく
タフに生きるのに役立つ事を理解し、

上手に対処しようとする
自覚する事が、

爽やかなに明日を迎えるための
最初のステップと言えます。

ストレスによる
身体の不調を感じたら、

趣味や仕事に打ち込んでみる
のも良い方法です。

ストレスに真っ向から挑むのも
ストレス解消のコツです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>