対人関係のストレスを減らす上手な頼み方、断り方のスキル

対人関係のストレスを減らす上手な頼み方、断り方のスキル
今回のテーマは、

対人関係のストレスを減らす
上手な頼み方、断り方のスキル

について紹介します。

人間関係をうまく円滑に
進めようとするがあまり、

相手の言うことをできるだけ
聞き入れ、受け入れてしまおう
とする人がいます。

しかし、やはりこれでは
ストレスが溜まります。

ここで適切な主張的行動が
取れるようになれば、

気後れせずに人に頼み事をしたり、

反対に頼み事をされたときに
断ったりできるようになります。

例えば、

部下に残業を頼む必要があるのに

なかなか言い出せず
苦痛を感じるような場合、

相手に立場を考慮しつつ

正当な理由を挙げて適切な
指示を出せるようになれば、

自分自身もストレスを
溜め込む事がなくなり、

周囲からの評価も上がるでしょう。

適切な自己主張というのは、

自分にも他人にもメリットがある
ウィンウィンのコミュニケーション
テクニックになるのです。

スポンサーリンク

断る方が他人の評価が上がる?

こうした方法をマスターすれば、

同僚や友人を何かに誘うときでも

「迷惑がられるのではないか」
「変な奴だと思われるのではないか」

と言った妙な不安を持たずに済みます。

それまで誘われる一方だったのに、

自分から誘うようになれば、

自信を持った付き合いができ
これまでの対人関係も変わってきます。

「付き合いは良いけれど、
自分からは仕掛けてこない」

と思われていた人でも、

「いい店を見つけた」
「面白いイベントがある」

などと誘うようになれば、

周囲の見方が変わって当然です。

本来の個性や好みが分かり、

深い付き合いへと発展していく
きっかけにもなるでしょう。

人脈が広がることで、

仕事にもプライベートにも
豊かさが生まれてくるはずです。

上手な頼み方、断り方のスキル

その為に適切な、

頼み方、断り方の工夫を
覚えておくことにしましょう。

好ましくない頼み事や
誘いをはっきりと断る事も、

適切な主張的行動です。

例えば、

同僚から仕事を手伝って
ほしいと頼まれたり

あるいは飲みにいこうと
誘われたりしたときに

「断ったら嫌われるのではないか」

「機嫌を損ねたくないから
嫌とは言えない」

などと恐れ、

自分を押し殺してまで
受け入れる必要はありません。

そんな状態を続けていると、

ある日、溜まりに溜まった
鬱憤が爆発する恐れもあります。

「いままでずっと我慢して
きたけど、もう限界だ!」

「いつもいつも無理矢理つき合わ
せるのは、いい加減辞めて欲しい」

などと、突然、
責め立てるような事になれば、

相手はたじろぐでしょう。

嫌々応じていたとは思って
いなかった相手からすれば、

裏切られたように
感じるかもしれません。

「ニコニコしながら、
腹の中では悪く思っていたのか」

と、いったん不信感を
持たれてしまうと、

その後の仲はこじれてしまいます。

自己主張が上手くなれば

上手な頼み方、断り方のスキル
も身につける事ができるのです。

対人関係のストレスを減らす方法

私の知人の一人であり
会社員の渡辺さん(仮名)は

気の乗らない頼み事や
誘いはきっぱりと断りますが、

上司の信頼が厚く、
同僚や部下から慕われています。

以前、人付き合い
苦手な同僚から

どうやったら断れるようになるかと
聞かれた事があるそうです。

彼は

「気をつけているのは、

理由をはっきりさせて
相手を納得させる事、

穏やかに断る事」

と話したと言います。

例えば、

「みんなで飲みに行こう」

という話しになった場合、

「今夜はデートだからパス」

では素っ気ないし、

かといって、

「ごめんなさい。
本当にごめんなさい。

今日ばかりは勘弁してください。」

と妙に恐縮しては、

その場がしらけてしまいます。

渡辺さんの断り方は

「本当に残念だけれど、
前々からの約束があるから、

また今度、誘ってくれるかな」

と言った具合になります。

受け入れられる理由も必要である

前者二つのような相手の気持ちを
尊重しない断り方が続けば、

次に誘いにくくなります。

しかし渡辺さんのやり方なら
次に誘ってみようという気になります。

断る理由を挙げるとともに、

自分が残念だと思っている事、
また誘ってほしい事まで、

きちんと伝えています。

上司からの頼まれごとでも、
同じやり方が通用するでしょう。

相手の心理、その場の状況を考え、

このような断り方をすれば
角が立ちません。

実際、このやり方を覚え、

それまでうまう自己主張が
できなかった人が

頼み事や誘いをはっきり
断れるようになって、

かえって

「積極的になった」と
歓迎されたケースは多々あります。

適切な表現ができれば

不要な対人関係の
ストレスを減らすことができ、

対人関係が改善し、
評価も高まるのです。

頼み事や断りの返事は
誰しもが苦手なものです。

でも穏やかに、きちんと
理由を説明すれば、

むしろ好感を持って
受け入れられます。

上手な頼み方、断り方のスキルを
ぜひ身に付けてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>