悩みのストレスはホルモンで解消、感動の涙の効果、効能 

悩みのストレスはホルモンで解消、感動の涙の効果、効能 
今回のテーマは、

悩みのストレスはホルモンで
解消、感動の涙の効果、効能

について紹介します。

人体というのは、
極めて精巧にできています。

感情が高ぶるとなぜか自然と
涙が出てくる物ですが、

涙の成分を調べれば、

実際に心身を浄化するための
ホルモンが出ているようです。

気分が沈み込んで
前向きになれない時、

ストレスが溜まり
イライラが募る時、

自分の辛さ、悲しさばかりに
思いが集中してしまうときは、

何かに感動する事で
切り替えをはかる事もできます。

過去に感動した様子を
頭の中で再現し、

じっくりと味わってみるのです。

涙がにじんできたら、我慢せず
に思い切り泣いてみるのです。

悩みを洗い流したかのように
気分がスッキリするはずです。

スポンサーリンク

ストレスを映画で克服する方法

悩みでストレスを感じる時、

体を動かすことや考え方を変える
というのも良い手法ですが、

ホルモンや脳の生理的な変化を
起こすと上手く解消できます。

その中でも感動と言う感情は
非常に効果的なのです。

精神的にタフな私の知り合いで
50代の会社員大下さん(仮名)、

彼は何か心にシコリを感じた時、

好きな映画の感動シーンを何度も
頭の中で再現してみると言います。

以前は映画を見終わってすぐに、

その作品の良さを噛み締めるように
思い出すだけだったのですが、

それを気分転換に
取り入れるようになったのです。

ストレス解消効果もあるとのこと、

もともと彼は大変な映画ファンで

実生活で好ましくない状況に直面すると、

「こんなとき、
ハンフリー・ボガードだったら
どうするだろう」

「『夜の大走査線』の
シドニー・ポワチェは、

あんな屈辱にも耐えたじゃないか」

などと考えていたそうです。

感動でストレス解消する効果、効能 

これは心理学的に言えば、

自己投影できるロールモデルを求めたり、
目の前の問題と比較したりして、

自分を良い方向へ導こうと
していたと言えます。

そのうち大下さんは、

大好きな映画の感動シーンを
思い浮かべるだけで、

気分がスッキリする事に
気づきました。

DVDなどで見るよりも、

自分のイメージの中で
再現した方が、

しみじみと感動できるという事です。

とくに、大泣きした後は、

嵐の後の晴天のように気持ちが晴れ、
明日への活力がわいてくると言います。

再現するのは、
何も映画だけに限りません。

スポーツファンなら感動した

試合のシーンを
思い出してみればいいでしょうし、

文学ファンなら感動のストーリーを
思い描いてみるといいでしょう。

自分自身の体験を再現
してみるのも、いい方法です。

もちろん、感動した
映画やスポーツのVTRを見たり、
小説
を読み返すのも効果的です。

感動の涙のホルモンへの効果、効能 

こうした心に染みるアクティビティは
大変有益な効能を心身に与えるのです。

感動すると心が清らかになり、

涙を流すと気分がスッキリとします。

子供は何かあればすぐ泣きます。

そしてさっきまで泣いていた
と思ったら次にはケロッとしています。

やはり感情を洗い流す効果が
あるのでしょう。

大人になれば泣いてばかりもいられない、

人前で涙を流さないというのは
社会的な風潮といてもあります。

特に男性の中には

「男は泣くものじゃない」

と思う人もいるでしょうが、

涙を流す事は効用があります。

ストレスを感じると、

人間の体内では副腎皮質刺激
ホルモンが生成されますが、

涙にはこの物質が含まれているのです。

感動の涙で心の老廃物を洗い流す

感動して涙を流す事で、

ストレスを身体の外に
排出するような効能、
働きがあるといわれています。

確かに、

人前でいつも泣いている

というのもどうかと思いますが、

涙を我慢したり、抑える
というのはあまり得策ではありません。

ホルモンが体内で滞り
循環が悪くなるかもしれません。

感動の涙には、生きていく事の
素晴らしさが集約されているとも
いえるでしょう。

悩んでいる時こそ、
頭を切り替えて感動したいものです。

だからこそ大人になっても

時には涙を思い切って出しましょう。

映画やスポーツ、本などの
感動シーンに触れたり、

自分の感動体験を思い出して、
心を熱くする習慣を持ちましょう。

心身ともにスッキリできるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>