イチロー学ぶ成功者のスランプ脱出方法と苦難の捉え方と解決

イチロー学ぶ成功者のスランプ脱出方法と苦難の捉え方と解決
今回のテーマは、

イチロー学ぶ成功者のスランプ
脱出方法と苦難の捉え方と解決

について紹介します。

人生には波のようなものがあり、

うまく行っている時もあれば
うまくいかない時もあります。

が、ずっと上がり続けられる訳でもなく
ずっと下がり続けている訳でもない、

というのは精神的なタフさを
身につける上で覚えておくべき
ポイントでしょう。

苦境、苦難に陥った時、

その人の真価が問われると
言われます。

望ましくない事態を
どのようにして克服して、

成功に結びつけるかという事です。

ただ、苦しいときは
苦しいと感じて当たり前です。

しかしそこで、

「自分の真価が試されている」

と厳しい見方をするより

「必ず終わりが来る」
「一時の事」
「もう少しで楽になる」

などと考えると、

気持ちが楽になります。

確かに時が経てば、状況も人の心も
変わり、痛みを和らぎます。

成功者というのは得てして
こういった考え方をします。

アメリカに渡って
メジャーリーグのスーパースター
となったイチロー選手は、

地道な努力であます事なく
才能を開花させ、

多くの人々の憧れの的
となっています。

スポンサーリンク

イチロー学ぶスランプ脱出方法

今となると下積み時代など
なかったかのように思えますが、

プロになって二年目に、
せっかく昇格した一軍から二軍
落ちしたことがありました。

その理由の一つは

あるコーチとの意見の
衝突にあったようです。

打法について指導され、

「言う事を聞かないのか!」

と問いつめられて

「聞きません」

と即答したと伝えられています。

いかにもイチロー選手らしい
堂々とした姿勢ですが、

さらに彼らしいのが、
その後の展開に対する捉え方でした。

何日かして案の定、二軍落ち
する事が分かったときの反応が、

「まあ、いいか。
時がくれば解決するだろう」

というものだったのです。

さらに、まだプロ入りして
二年目であり、

これからが長いのだから、

その方が自分のスタイルを
作るには良いと考えたと言います。

結果を出し続ける人のメンタリティ

コーチとのこじれた関係も、

ずっとそのままという事はなく

スランプに陥っても

時が過ぎれば元に戻るだろう
と楽観視していたそうです。

目の前の問題にとらわれず、

何より重要な未来の目標へと
しっかりと照準を合わせていた
様子がうかがわれます。

だからこそ、コーチともめるのを
恐れて渋々言う事を聞いたり、

二軍に落とされても苦い後悔を
味わったりしなかったのでしょう。

こうした彼のメンタリティは

長期間にわたって成績を挙げれる
要因となっているでしょう。

イチロー選手のスランプ脱出
の方法は私たちにも参考になります。

成功者のスランプ脱出方法と苦難の捉え方

「イチローさんのような超人の
真似なんて絶対にできないよ」

と思うかもしれません。

しかし彼も私たちと同じ仕組みの
脳や体を持った人間です。

並の人間には到底無理だと考えず、

身近なところで参考にして
みてはいかがでしょうか。

例えば、上司とそりが合わず
自分の実力以下と思える仕事を
割り当てられたときも、

やり方次第では、それが
今後の糧になるはずです。

上司、部下の関係も
永続的なものではありません。

時が解決してくれるでしょう。

苦しみの中にいても、
少し先に出口があると思えば、

気が楽になります。

沈み込んだ心を前向きな
方向に向けて

乗り越えようと言う気持ちがわいています。

暗闇に閉ざされているように
思えたとしても、

必ず光の差し込む出口が
見えてくると信じましょう。

時間が経てば状況は変わります。

目の前のことだけに翻弄されず、

少し大きな視点から物事を
見れるようになれば、

精神的な強さも身につきます。

こうした考え方をすれば
成功者への道へ進めるでしょう。

時が解決してくれることもある

苦しむは永遠に続くのではなく、

必ず終わりが来る、
一次的なものだと考えるのです。

そこで、

苦しみに浸り絶望を感じるか、

先の未来に希望を感じ
今の自分を磨き続けるか、

その選択はやはり自分次第です。

大変な長丁場になると
分かっている時、

また長居時間を要する
困難に立ち向かうときは、

途中の通過点を第一の
出口と捉えるのも、

一つの手です。

長い道のりを思うと
打ちのめされそうな心も、

中ほどに最初の目標を定めて
みると気分が楽になります。

そこまでたどり着けば、

最終地点はもう目と鼻の
先に見えるはずです。

大きな山でも一歩ずつ登れば
頂上にやがてたどり着くように、

辛い状況に陥れば
苦しいのは当たり前です。

でも、必ず終わりは来ます。

だから、じたばたしない。

自分らしさを見失わないで、

できることをやり続ける。

そして、未来へのステップを
少しずつでも踏み続ける事です。

野球界では数多くの素晴らしい
結果を残す人がいますが、

何よりもイチロー選手がすごいのは、

調子が悪い時でも成績を
残すこと、その継続力だと思います。

彼のメンタリティから成功者の
スランプ脱出方法や

苦難の捉え方と解決の方法について
色々と学ぶことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>