優先順位を決める事が生産性を向上させ勉強の行動力を生む

優先順位を決める事が生産性を向上させ勉強の行動力を生む
今回のテーマは、

優先順位を決める事が生産性を
向上させ勉強の行動力を生む

について紹介します。

生産性というのは
ビジネスマンにとって
誰でも重要なことです。

ここで工業社会の時代はまだ、

「従業員は何をしなければならない」
「どのように作業すれば良いのか」

製品を作る過程や数など
目に見えるものだったので、

数値化しやすく、把握しやすい、

生産性が上がったか下がったかが
比較的分かりやすいものでした。

フィードバックや改善なども
ノウハウを伝えやすいものでした。

しかしこれからの
知識化社会では生産性が
見えにくいのです。

知恵は目に見えないものなので、
その価値を計りにくいのです。

「アイデアを思いつくのに
5時間かかったため、

5時間分の時給を下さい」

とは言いにくいものです。

知識労働者の生産性と言うのは、

各人の

「知識と能力の組み合わせが」

独自のものであり、

それを提供して報酬を得ます。

だからこそナレッジワーカー、
知識労働者というのは第一に、

自分が持っている知識の状況に
関して責任をっているのです。

つまりそれぞれが持続的に
自発的に学ぶ必要があり、

自分の生産性に責任を
負わなければならないのです。

それがマネジメントの原則です。

スポンサーリンク

優先順位を決める事が生産性を向上させる

そうです。

これまでの工業化の時代なら、

学生時代の勉強の延長線上のように、

「何をどうやってやるか」

上司からの命令を素直に従う
だけでも成果をあげることができました。

いわば与えられたマニュアル、
教科書を覚えるだけでも、
成果を出す事ができたのです。

しかし、知識社会では、

自分の仕事の大半を自分で
決めなければならず、

自分が何をどうすべきか、
そしてどう実行するべきかを、

そして「何を学ぶべきか」を
自分で決めなければならず、

さらにそうして身につけた知識を
いかに役に立てるかまで、

自己責任で考えねばなりません。

仕事でも勉強でも行動力を生む為に
ますますマネージメントが重要になります。

ここでまず生産性を上げる為に
いかに勉強すれば良いのでしょうか?

まず大切な事は、

「優先順位を決める事」

が勉強の効率を生みます。

タイムマネージメントによって
ひとまとめになった時間は、

優先順位を決めて
重要な事から順に割り振るのが基本です。

時間は限られているので、

より効果的なものから順番にやって、
無駄なものはカットしなければ、

これからの時代はうまく行きません。

重要な順番にやることで
エネルギーを上手く行動力に
転換することができます。

これは仕事にも勉強も言えます。

生産性を向上させ勉強の行動力を生む方法

前回までの流れを紹介すれば、

自分の時間の使い方を分析し、

仕事を効率的に進められる
ようにする事で時間を確保した

次にすべきなのは、

自分のやるべきタスクに
優先順位を付ける事です。

勉強時間も優先順位をつけましょう。

せっかく捻出した時間に

優先順位の低い事柄を
割り振っても仕方ありません。

たとえ行動力があっても
無駄な行動をしていればそれは
成果には結びつかないのです。

すべき事を列挙し、
これに優先順位をつけ、

優先順位の高いものから
順に時間を割り振っていく事になります。

これによって、
目標達成に向けた計画が出来上がります。

つまり次にすべき事は
目標達成のための計画作りです。

例えばコミットした目標が

勉強テーマ…「行動経済学」
期限…2016年9月1日~11月31日
目標…行動経済学の概念を一通り理解する
成果…20~30ページのプレゼン資料にまとめる
学習方法…関連書籍を読む
ご褒美…iPod

だとすれば、優先順位から言って

目標達成のために実行すべき事は
何でしょうか?

いきなりiPodを買っては行けません。

休憩用のお菓子を買うのも
優先順位が低い事ですね。

優先順位を決めると勉強の行動力を生む

こうしてやるべき事が
明確になってくると、

行動すべき事が分かります。

だからこそ行動力が生まれるのです。

もし手元に、行動経済学の
資料がなければ

まず関連書籍の収集から
始めなくてはいけません。

主だったった本をリストアップして
一気に購入します。

次に資料の読み込みです。

本を一冊読んで、
行動経済学の概要を知ろうなど
虫のいい計画を立ててはいけません。

出来れば10冊、最低5冊は
読み込む事が重要です。

そして次がアウトプットです。

プレゼン資料の作成が
それに当たります。

このように、大まかに言えば

「資料収集→資料の読み込み→プレゼン資料作成」

と言うのが今回の目標達成のために
実行すべき事です。

つまりTODOリストが出来る事になります。

単純にリストアップしただけの
ここのTODOリストが

等しく同じ重要性を持っている
訳ではないのです。

だからこそ優先順位を考え
重要度の高いものから取りかかる
事が重要なのです。

これで無駄無く行動力を使うことができ、

モチベーションが高く保つこともでき、
生産性を向上させることができるのです。

勉強の行動力を生むためにも、
こうした作業は非常に重要です。

これは仕事でも勉強でも当てはまる
目標達成のためのポイントと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>