経済学の本質を掴む心理学に長けたユダヤ人と華僑と大阪商人


今回のテーマは、

経済学の本質を掴む心理学に長けた
ユダヤ人と華僑と大阪商人

について紹介します。

ユダヤ人にしても華僑にしても、

お金儲けが上手い人たちというのは

とにかく一人一人が
お金を儲けようと

虎視眈々と狙っています。

狙っているだけではもちろん、
お金を儲ける事は出来ませんが、

彼らが巨額のお金を稼げるのは、

ユダヤ人がアメリカ産業の
美味しい部分をがっちり掴んでいるように、

華僑もまた、マレーシアやアジアの
国の美味しい部分をがっちりと握っています。

日本では、中国4000年の歴史
と言っていますが、

その中国の歴史も
ユダヤ人の前では旗色が悪く、

ユダヤ人は旧約聖書によれば
5700年の歴史を持っていると言います。

ここで考えるべきは、

確かに彼らは普通に
小銭儲けも上手いかもしれませんが、

なによりも

経済の仕組み=経済の本質」

と掴むのが上手いのです。

儲ける仕組みを作る
いわゆるプラットフォームに
入り込んでしまうのです。

社会の仕組みの中で、

どこに食い込めば美味しいかが
分かっている人たちなのです。

スポンサーリンク

心理学に長けたユダヤ人と華僑

日本の政商と呼ばれた人たちも
そうだったのでしょう。

彼らの成功の背景には
非常に心理学的な素養があります。

一人一人の大衆の心理とか、
動きというのはこう言うものだという
実感を掴んでいるのです。

その結果、アメリカの全人口からすれば
2%(約600万人)にすぎない
ユダヤ人が、

アメリカを牛耳っていると言われます。

実際に「離散の民」と呼ばれるユダヤ人は、

アメリカでは知的職業に多く従事していて、
弁護士や医師、大学教授に
占める割合も多いです。

ソロモンブラザーズなど
アメリカの名だたる投資銀行は
ほとんどユダヤ系で

金融、ダイヤモンド市場
独占しています。

そもそも、ユダヤ人は
心理好きで有名です。

だからフロイトのような心理学の
巨人を生んだ訳ですが、

基本的に神様をあまり信じていなくて
人間観察」や、心理学の方を
信じる人たちです。

そして華僑も、心理学、
人間観察については引けを取りません。

巧みな心理戦略を使って
見事に異国でビジネスに成功します。

日本では心理学と言えば、
心理ゲームのような占いの
一種のように考えている人も、

まだまだ多いでしょう。

しかし突き詰めれば
経済も人間心理で動くのであり、

成功も人の心を理解せずにはできません。

華僑やユダヤのこうした
心理学に長けた習慣により

経済学の本質をつかむことになり、
お金儲けが上手くなるのでしょう。

政府は味方ではなく利用するもの

また日本人は景気や経済を
国に頼ろうという精神が見られます。

日本で内閣が改造されると
ニュースのインタビューなどで

「新内閣に何を期待しますか?」

などと聞いています。

「景気を良くして欲しい」
「医療制度を何とかして欲しい」

など、前向きな期待をする人もいれば、

「今回の政府にも期待できないね」
「政府が変わっても暮らしは変わらないよ」

など後ろ向きな期待をする人もいます。

が、そもそもユダヤも華僑も
政府に「期待」をするという
発想自体がほとんどありません。

これは過去の歴史上ほとんど
無かったと行ってもいいでしょう。

最初から政府に依存する気もないですし、

「今回は期待できる」
「今回は期待できない」

などという比較すらありません。

「経済を良くする」
「暮らしを良くする」

というのはあくまで
自分たちでするもので、

むしろ政府は信用できない
敵になるかもしれないという危機感すら
もっているのです。

だから富裕層のユダヤや華僑は
政治資金、選挙資金などを
巧みに使って、

政治家を利用しようとすらします。

その一方で日本人は、

安全も景気も保証も医療も教育も

全て政府に頼りすぎている
ような気がしますが、

それで事態が好転した事は
実際には無いわけです。

経済学と言うと霞ヶ関で
行われているものと、

自分とは無関係と思っている
日本人も多いですが、

自分の人生は自分で切り開く
と考える必要がありそうです。

待っていても意味は無いのですから、

自分たちで知恵を付けて
なんとかやるしかないのです。

経済学の本質をつかむ大阪商人とジューイッシュマザー

またこれは個人的な意見ですが、

私は、ユダヤ人と華僑と
考え方が似ている存在として

大阪商人も加えたいと考えています。

実は昔の大阪商人も
心理学、人間観察の達人で
経済の本質をつくのが上手い存在でした。

彼らの共通して言えるのが

「非常にプラグマティック
(実利的)である」

ということです。

「愛と世界平和を願って
毎日ルンルンと暮らしたい…」

というような抽象的で
理想論的な事を(表面上言っても)

実際には非常に現実的です。

例えば、大阪商人の場合、
生まれてきた子供が女の子だと
非常に喜んだと言います。

普通は男の子を歓迎するものですが、

大阪商人は、馬鹿な息子に
跡を継がせても、

家は潰れるだけだけれど、

女の子だったら、自分の
手代の中から一番賢い人間を選んで、

そいつと結婚させれば
家業は安泰だと考えたのです。

さらにもう一つ、

ユダヤ人と華僑に共通している事で

大阪商人はそうでもないのですが、、

非常に「教育熱心」という事です。

もちろん文化的には、

日本人もユダヤ人も教育熱心ですが、

家庭教育は大きな違いがあります。

日本人は全て子供の教育は
学校に任せるのが普通で、

後は塾に行かせるくらいです。

しかしユダヤ人の母親は
過干渉をするのです。

ある意味、マザコンである
と言ってもいいかもしれません。

ユダヤ人の母親は

ジューイッシュ・マザー

と呼ばれ、

全てにおいて子供に干渉し、
とにかく子供たちを勉強させる事に
全身全霊をかける事が知られています。

実学を学ぶからこそのユダヤ人と華僑の心理学

そしてユダヤ人は、

自分たちが何のために勉強するのか?

と聞かれたら

お金持ちになるためだ」

とはっきり言うのです。

そしてユダヤが重視するのが、

学校よりもまずは家庭教育なのです。

専門分野の知識はもちろん
学校で学ぶのですが、

親が子供をしっかり見て
勉強を教えながら、

才能を見極めるのです。

そしてこれが家族の富を
築く事にも繋がります。

つまり貧乏をしたくなかったら
勉強しなさいという事です。

母親にそういわれ続けて
ユダヤ人は勉強熱心になっていくのです。

私の母は大阪商人の娘でしたが

私自身も

「貧乏をしたくなかったら勉強しなさい」

と言われて育ちました。

同時に

「父親みたいになったらダメだ」

とさんざん聞かされたのですが、

心理学的に言えば、

父親のようになっては行けない
と子供に言うのは

一番悪い子育てと言われているのですが、

それでも子供の頃に聞かされ続けた
言葉というのは耳に残るもので、

「自分で稼げるようになりなさい」

と言われ続けたものだから、
今の自分があると言えるかもしれません。

さらに親が子供に
「勉強しなさい」というのは、

どこの国でも言われる事ですが、

ユダヤ人の場合、特に顕著なのは
学問のために勉強をしなければならない
といわれていた

古代ギリシャ、ローマの哲学的な
発想ではなくて、

お金持ちになりたければ
勉強しなさいとか、

貧乏したくなければ勉強しなさいとか、

非常に実利的なのです。

だからこそ経済学の本質をつかむ
心理学に長けたユダヤ人や華僑が
多いのでしょう。

精神分析の祖フロイトも
ユダヤ人としては有名ですが、

象牙の塔で机上の空論を学ぶだけでなく、

実際に感謝を癒す、
カウンセリング手法を発展させました。

どちらが役に立っているかは
議論がある所ですが、

机上の空論だけを学んでいても
世の中は変わりません。

学問のために学問をすると言う
流れは確かに欧米にありますが、

ユダヤ人はその点で
実学的なのです。

同様に華僑も考え方としては
実学に近いです。

「学びて富み、富みて学び」

と言ったのは、実は
一万円札の福沢諭吉さんです。

「天は人の上に人を造らず、
人の下に人を造らず」

と言った理想論的な格言が有名ですが、

学ぶことがお金持ちになる近道
という事をシビアに伝えていたのです。

金持ちになりたければ
勉強いなさいという考えは、

日本人が学ぶべき
一つの価値観ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>