仕事やビジネスでは右脳も左脳もバランスよく創造力を発揮する


今回のテーマは、

仕事やビジネスでは右脳も左脳も
バランスよく創造性を発揮する事

について紹介します。

ビジネスの世界では興味深い
逆転現象が時々見られます。

最近では脳機能学がブームであり、

多くの人がしたり顔で

「偏差値中心の大学受験や
詰め込み教育など

偏りすぎた左脳教育は問題だ!」

などと言います。

まるで左脳はダメで右脳が素晴らしい
というイメージを持った人がいます。

私の知人の蔵本さんは典型的な
中小企業のワンマン社長です。

巷にあふれる自己啓発本の
影響を受けたのか

「右脳、右脳」と

ミーティングなどでやたらと
右脳の能力の事を強調します。

いわく

「右脳は創造性を司る、
リラックスして脳はをアルファ波にして、

もっと右脳の力を発揮させなければ、」

と、、

しかし会社には様々な部署があり、
経理部がリラックスしてばかりでは

事務的な仕事は進みません。

「たまには左脳の力も
認めてもらいたいよなあ」

と社員に皮肉られる始末です。

スポンサーリンク

右脳と左脳で役割は違うが、、

脳機能を詳しく調べると
興味深い物が見えてきます。

人間の大脳には
右脳と左脳があります。

両者が別々の機能を
持っている事を実証したのは、

1981年のノーベル医学、化学賞
を受賞したアメリカの神経科学者
ロジャー・スペリーです。

右脳は左目、左手、左足、左耳など

人間の左半身の神経、感覚を司り、

一方左脳は右半身の
神経感覚を司っています。

例えば、

左目で見たものは
右脳へと伝えられ、

右手で触れた感覚は
左脳に伝えられます。

スペリーの実験では

右脳と左脳を接続している
脳梁を切断された分離脳を持つ
人々に対して行われました。

例えば、

左視野だけにナットをみせると

その機能を理解し、
ナットにボルトを通す事はできます。

しかしそれがなんと言うものなのか
答える事ができません。

こうした事から
右脳と左脳の働きの違いが
分かるようになり、

なぜかクリエイティブで
仕事が出来るビジネスマンは

右脳派だという意見が
まかり通るようになりました。

「天才の閃きの源泉は右脳にあった」

などという宣伝文を
見かけた事があるのではないでしょうか、

仕事の生産性を上げる
脳機能アップテクニックが
知られるようになりました。

右脳と左脳の脳の使い方の違い

スペリーさんの実験や
様々な学者さんによる実験から

右脳と左脳に次のような役割分担が
ある事が分かってきました。

左脳は、言語機能、論理力、
分析力、算術的デジタル思考
を司ります。

右脳は、イメージ力
パターン認識力、空間認識力、
図形認識力、創造力、絵画的感覚を持ち

直感的、総合的、幾何学的な
アナログ思考を司ります。

確かにこうしてみると、

仕事の役割の違いと
左脳右脳の役割には関連がありそうです。

左脳の機能というのは

極端に言えば、
コンピューターに取って代わっても
構わないようなものです。

ひたすら情報を蓄積し、
ロジックによって処理していきます。

右脳は「パターン認識」を
得意とします。

そしてここで、
考えてほしいのは、

仕事やビジネスに必要な脳の力は

右脳、左脳の「どちらか」
ではなく「どちらも」なのです。

さらに創造性が高い人は
どちらの脳もバランスよく
使っている事が分かっています。

右脳系の仕事も左脳系の
仕事も絶対に企業に欠かせかせない
重要な仕事であり、

もっと言えばデキル人というのは、

右脳を使った仕事もでき
左脳を使った仕事もデキル人なのです。

仕事ではバランスよく創造性を発揮させる

例えば、

都心の交差点などで
周りに人があふれていようと、

向こうから知り合いが歩いてくれば
一目で認識する事ができるものです。

このとき、私たちの目は
一人一人を目で追って
判断している訳ではないですが、

総合的に一瞬のうちに
判断できてしまうのです。

これをコンピューターに
やらせようとすると大変な
ことになります。

そして、右脳と左脳
別々に動いている訳ではなく、

二億本の神経繊維からなる
脳梁で結ばれています。

両者がバランスよく働いてこそ、
人間の知的活動という事ができます。

例えば、

数学の幾何学の問題を解く事は、

100%左脳のロジック
の世界だと思うかもしれません。

しかし、たった一本の
補助線を引くか引かないかが
分かれ目になる事は多いです。

これを思いつくのは
パターン認識によって先を
見通す事のできる右脳的な
ひらめき」の作用なのです。

左脳は、右脳で生まれた
イメージを守りながら

言葉に直す作業をし、
論理的に展開します。

その言葉と論理を元に
右脳はさらにイメージを広げていきます。

問題解決というのは
このような右脳と左脳、

ロジックとイメージの
キャッチボールが

脳の中で活発に行われている状態です。

このキャッチボールの中から
創造的な発想が生まれるのです。

例えば、

右脳が鍛えられるから…

と言って絵を書くばかりで
分析力を鍛えなければ、

仕事の役には立ちません。

神経生理学者、角田忠信さんは

「創造しているときは、
頭の中に二つある右脳と左脳が
バランスよく働いているときであって、

実際、創造が生まれた
例を見ていると、

そのようなケースが多い」

と言っています。

仕事やビジネスでは右脳も左脳も
バランスよく使う事で創造力を発揮するのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>