ビジネスで役立つハロー効果、後光効果の強い影響の心理学


今回はビジネスで役立つ
ハロー効果、後光効果の強い影響の
心理学について紹介します。

「こんな会社辞めてやる!
俺は独立してもやっていけるぞ!」

と意気込んで脱サラ
する人もいますが、

うまくいく人と行かない人がいます。

その差を生む要因は多々ありますが、

ある心理学の効果を
見逃していると痛い目に遭います。

大手パソコンメーカで
技術者をしていた上島さんは

思い切って脱サラをする事にしました。

もともと現場のエンジニアが
肌にあっていたのですが、

キャリア的にそろそろ
管理職的な役割を任されるようになり、

人を使ったりするのが
苦手な上島さんには
苦痛と感じられるようになったからです。

職業柄、技術文章の
翻訳が得意だったため、

フリーの産業翻訳家として
デビューを飾る事にしました。

子会社や取引先などに
顔の広かった上島さんは、

その筋から仕事など
いくらでも確保できると
読んでいました。

ところが、読みは
みごとに外れました。

ついこの間まで自分に頭を下げていた
下請け会社の担当者も

会ってさえくれないのです。

結局、こちらから頭を下げて

いくつか仕事を回してもらう
のには成功しましたが

思いもかけない苦労に
上島さんは驚いています。

何とか食べては行けているものの

「あのまま会社に残っていれば・・」

という後悔の気持ちの方が強いそうです。

独立して自力でビジネスを興す
これはやはり簡単な事ではないのです。

スポンサーリンク

ハロー効果、後光効果の心理学

「結局、大手企業と言う
後ろ盾があったからこそ

相手にされていたのであって、

自分の実力が評価されていた
わけではないのか、、」

上島さんは「看板」の
強い影響に驚くとともに、

人間がいかに肩書きなどに
弱いかという事を思い知ったと言います。

大手企業の長く勤めていると

その看板の影響力に
鈍感になってしまいますが、

辞めてから気づくという人も
多いようです。

ある人を評価する時、

その人の背後関係に強い影響を
受ける心理的な傾向を

「光背効果」あるいは、

「後光効果(ハロー効果)」

と呼びます。

仏陀やキリスト像などを見ると
後光がさしていますが、

そこから来ている心理的な
バイアスと紹介されています。

例えば、

「社長である」とか
「有名人と知り合い」

などの理由によって

相手を社会的勢力が大きい
人と見なす事はよくありますが、

悪徳新興宗教や詐欺ビジネスでは

政治家と握手をしている写真や
有名人と肩を並べる写真を飾ったり、

その人の本質がどうであれ、

周りの背景に影響されてしまう
という心理を狙ったものです。

動機がどうであれ、

このような人の周りには
自然と人が集まってくるのは
確かなのです。

人はある人間を評価する時、

その人の背後関係に
強い影響を受ける心理的な
傾向があるのです。

ビジネスで役立つ強い影響の心理学

こんなハロー効果、後光効果
の心理学について

興味深い実験も行われています。

オーストラリアで
社会的地位についてのイメージが、

その人を評価する時に
いかに強い影響を及ぼすかを
示す以下のような実験が行われました。

一人の男性を学生たちに紹介します。

このとき、学生グループAには、
「この人は学生だ」と紹介し、

グループBには「助手だ」、

グループCには「講師だ」、

グループDには「教授だ」、

として紹介します。

しばらくその男性に
話しをさせた後で、

彼の身長が何センチくらい
あったかを学生たちに推定させました。

結果、グループDの「教授」を

学生たちは本当の身長よりも
6センチも大きく見えたと言います。

(もちろん全員同じ身長です)

「教授」という肩書きの
後光効果の影響だけで、

身長が大きく感じるほど
人間の心理は曖昧なものなのです。

結婚詐欺師の多くが、

医師や会社社長、
あるいはパイロットなどと

偽って社会的に高い地位に在ると
見せかけて女性を騙すと言います。

見ず知らずの人に
声をかけられても

「○○新聞の者ですが」

などと言われれば、

何かの調査かなと思って
つい心を許してしまいます。

人間はとことん
肩書きに弱い存在なのです。

もちろん悪用はいけません。

しかし、強い影響に人は弱い
という事はビジネスに役立てる事ができます。

特に独立を考える人は

現在の会社の看板の威力が
どれくらい大きいものなのか、

その看板がなくても本当に
自分の力だけでやっていけるか、

十分、熟考した上での
判断が必要でしょう。

或はセールスマンであれば、
こうした肩書きを活用できるでしょう。

特に人に影響を与えたい場合は
このハロー効果、後光効果という
心理学をぜひ意識してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>