夜型より朝型で仕事の効率は上がる、早起きする人の特徴

夜型より朝型で仕事の効率は上がる、早起きする人の特徴
今回は夜型より朝型で仕事の
効率は上がる、早起きする人の特徴
について紹介します。

私たち人間の睡眠のタイプには、

大きく分けて2つタイプが
あると言われています。

朝が強いタイプの
朝型の人がヒバリ型

夜に強いタイプの
夜型の人がフクロウ型

などと言われますが、

その違いは、遺伝、生活環境、
年齢、性別などさまざまな

要因から決まると言われます。

しかしやはり、、

夜型より朝型で仕事の
効率は上がるのです。

私の知人のこんな事例を紹介します。

後藤さんの職場では
残業は当たりまえ、

毎日10時、11時まで
仕事をする人も珍しくありません。

会社がフレックス制を
導入してから、

この傾向はますます強くなりました。

しかしその中で後藤さんは
異彩を放っています。

後藤さんはまず8時くらいまでしか
残業をしません。

しかし、朝は必ず誰よりも
早く出勤し、仕事を始めます。

後藤さんは完全な朝型人間で、
朝五時には目覚めます。

それから、1時間ほど
資格試験の勉強をして、

きちんと朝食を取って出勤します。

後藤さんの仕事は正確で
素早いと定評がありますが、

几帳面な正確だから
というのもあるでしょうが、

夜型でなく朝型だからという事も
大いに関係がありそうです。

スポンサーリンク

現代では難しい早起きする人の特徴

「早起きは三文の徳」

と言われるように、

早起きする人は得をしたり
出世すると言われています。

とはいっても、

ビジネスマンには
接待や飲み会がつきものです。

飲み疲れや接待疲れ
などで布団からなかなか
出られない事がしばしばです。

毎晩インターネットにのめり込んで
寝るのが夜中3、4時という人も多いでしょう。

そんな人に朝型のメリット
早起きの得を説いても辛いでしょう。

朝型がいいか夜型がいいか
という問題に付いては、

「人間の体は本来朝型を求めている」

とか

「人間の体には順応性があるから
なれている方で大丈夫だ」

など、相反する様々な説があり、
一概にどちらがよいとは言い切れません。

ただし、

世の中の成功者や大物たちの中に

「朝型で成功した」

という人は多いですが、

「夜型が成功の秘訣だ」

という人は聞いた事がありません。

成功者は夜型より朝型が多い

元経団連会長、故・土佐敏夫さんは

若い事から晩年まで

朝は四時起床、夜は十一時就寝

という生活でした。

というのも、
石川島播磨重工業に
就職した当初からあまりに忙しく、

1日5時間以上寝ている
暇はなかったのだと言います。

後に、東芝再建のために
社長に就任しましたが、

7時半に出社してきたため、

受付ではまさか社長とは思わず、

「どなたでしょうか?」

と聞いてしまったという
エピソードがあるほどです。

朝早く起きて、得るものはあるにせよ
失うものはあまりありません。

特に起きる間際の5分10分は
惰眠の類であり、

それが妨げられたからと言って、
生理的に睡眠不足などには
なりはしません。

ここは工夫して、

少しずつからでも良いので
早く起きる習慣を持つようにしましょう。

夜型より朝型で仕事の効率は上がる

確実に言える事は、

会社の始業時刻が決まっている以上、

朝早く起きて頭にエンジンをかけた方が、

それだけすっきりした頭で
仕事を始める事ができ、

それだけ効率が上がるという事です。

朝早く起きて、

一時間ほど自分の趣味の
勉強に充てている人もいます。

ここで頭を使って
ウォームアップしておくと、

始業時刻とともに頭をフル回転
する事ができるでしょう。

また、朝食をちゃんと食べる
ということも、

きちんとエンジンのかかった頭で
始業時刻を迎えるために
大切な事なのです。

朝の10分と夜の10分では
その価値は大きく違います。

これは一日単位で見れば
些細な差かもしれませんが、

それが積み重なれば
大きな差になります。

夜型より朝型のほうが
仕事の効率は確実にあがるのです。

早起きする人ほど成果を出せる

一般的に、休み明けには

工場で作られる製品の
品質が低下するとされています。

アメリカでは

「月曜日に作られた車は買うな」

という言葉まであるほどです。

つまり、休み明けは
頭が十分目覚めていない状態のため

仕事への取り組みが
おろそかになりがちだという事のようです。

ゲーテは以下のように言っています。

「人生とは一日の積み重ねであり、
その一日の始まりは朝である。

朝の目覚めが常に健やかであれば
その日は楽しく過ごせるし、

それを毎日繰り返せば、
自然に楽しい人生が送れるはずだ。」

「一日の時間を有効に使いたかったら、

そんな場合でも、朝、目を覚ましたら、
すぐさま飛び起きる事だ。

寝床の中でぐずぐずしているのが
いちばんいけない」

と、

また医療評論家の大渡順三さんは

「朝は三分早く起きて新聞を読み、
コーヒーを楽しみ、余裕を持って
会社の門をくぐりたまえ。

朝をベストコンディションにしておくことは、
長い人生ずいぶん違いが出てくるよ。」

いずにせよ、

朝の時間をいかに
上手く使っているかは

ビジネスマンにとって
重要な条件の一つと言えるでしょう。

夜型より朝型は
仕事の効率は上がります。

早起きする人の特徴をしり
早起きを心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>