成功者の時間の使い方、細切れ時間、隙間時間の有効な活用

成功者の時間の使い方、細切れ時間、隙間時間の有効な活用
今回のテーマは、

成功者の時間の使い方、細切れ
時間、隙間時間の有効な活用

について紹介します。

例えば勉強しようと言う場合でも、

色々と障害があったりします。

職場では同僚の目が気になり、

家にいれば家庭の仕事を
しなければならない事もあるでしょう。

そう言う場合はどうすれば
良いのでしょうか?

以前、私の知人のセールスマンの
吉永さんが突然TOEFLを受験して、

しかも誰もが驚くような
好成績を挙げました。

なんといっても、

同僚から見て不思議だったのは、

いつも忙しい吉永さんが
いつのまに英語を勉強を
していたのかという事です。

吉永さんは他の同僚と
同じように毎日遅くまで
残業に励んでいました。

しかも付き合いもよく、
頻繁に飲みにいったりもしていました。

休日は家族サービスで
どこそこに言ったという話しも
よく聞きます。

では、一体いつ勉強を…。

というのが皆の疑問です。

吉永さんは通勤時間と言う
細切れ時間、隙間時間を
有効な活用していたのです。

他の人が昼寝したり、
スポーツ新聞や雑誌を読んでいる時、
くだらない愚痴を言い合っている時、

吉永さんは英語の勉強をしていたのです。

しかも、ちょっとした
空き時間を、

手帳に記した英単語を
覚えるのに使っていたのです。

これは成功者の時間の使い方で
結果を出す人の時間の使い方なのです。

スポンサーリンク

細切れ時間、隙間時間の有効な活用

「勉強したいけれど、
仕事が忙しくて時間がないよ」

という声はよく聞きます。

あなたもそう嘆いているかもしれません。

しかし、時間は探せばあるのです。

成功者も凡人も
一日の長さは同じ24時間です。

フランスのモラリストラ・ブリュイエールは
以下のように述べています。

「時間の使い方が最も下手な者が、
まずその短さに付いて苦情を言う」

また、イギリスの作家ベネットは
以下のように書いています。

「一日はトランクのようなものだ。

上手にやれば、その中の
二倍のものを詰められる。

始めから真ん中にものを投げ込まず、
四隅から隙間を作らないように詰め始め、
最後に真ん中に押し込む。

このように四隅の時間を無駄なく使えば、
あなたも一日を二倍使えるだろう」

…と、時間の使い方を
頭を使って工夫をしなければ行けません。

タクシーに乗っている間、

あなたはぼんやりと外の景色を
ただ眺めていないでしょうか?

待ち合わせで相手を待っている間、

ただ煙草を吹かして
時間をやり過ぎていないでしょうか?

この細切れ時間、隙間時間など活用し

時間を勉強すれば、
吉永さんのように英語をマスターできますし、

本の一冊を読めば
起業のアイデアが浮かぶかもしれません。

時間をお金で買う方法

或はどうしても
まとめて勉強をしたい時、

お金で時間を買う方法もあります。

締め切り間際に家事を
しなければならなくなったとき、

便利屋さんを呼んで家事を
代行してもらう事も出来ますし、

家具の配置換えをする時も
便利屋を活用できます。

30分2000円ほどかかりますが、
それで貴重な時間を買えます。

その時間を使って、
勉強をする事が出来ます。

家事をしなくて済み、
身体も疲れず便利な物です。

あるいは、新幹線の中で
勉強や仕事をしたいときは、

6000円多く払い
グリーン車に乗るのも手です。

その6000円をケチると、

電車の中でゆっくり
パソコンも使えませんし、

疲れも残ります。

普通車では眠って
休息を取る事もしにくいです。

成功者がグリーン車に乗るのは、

贅沢な気分を味わいたいから
という理由だけでなく、

時間を有効に使いたいから
でもあるのです。

世の中で買えないもの
それは唯一時間です。

でもだからこそ、

お金で時間を有効利用できるなら
できるだけ買った方がよく、

その値段は決して高くないのです。

成功者の時間の使い方

時間を買う事、また
こうした細切れの時間を
活用する事こそ、

成功につながるものとなるのです。

細切れの二、三分であっても、
そこで英単語を一つ覚えれば、

積み重なって大きな収獲になるはずです。

特にビジネスマンの
時間管理のうち、

人のによって大きな差がつくのが
通勤時間です。

隙間時間と言っても
通勤時間は人によっては

1日2時間、3時間にも
およぶ大きな隙間です。

こうした時間を使わない
手はないでしょう。

ほんの少しタクシー代をケチり、
時間と体力を浪費するなら、

乗った方が得な事が多いです。

買える時間は買っといた方が得です。

統計学の権威である
マサチューセッツ工科大学(MIT)の
パブソン教授は、

「1日1時間学習すると
1年で一つの専門家になれる」

という法則を唱えています。

たった1時間でも一年続ければ
誰でも専門家になれるのです。

この細切れ時間、隙間時間を
目的を持って有効に活用すれば、

一年も後に大きな成果を
あげる事になるのは間違いなく、

それが積み重なれば
成功者の仲間入りです。

仕事でも勉強でも
量は質に転化します。

毎日のわずかな細切れの時間の蓄積が
優れて質を持った時間に変わり、

それがビジネス上の武器
人生の知恵になるのです。

最も貴重な時間を有効活用できるよう、

成功者の時間管理を
参考にして欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>