仕事で有利に進める、主導権を握る方法、安心感の心理学

仕事で有利に進める、主導権を握る方法、安心感の心理学
今回のテーマは、

仕事で有利に進める、主導権を
握る方法、安心感の心理学

について紹介します。

海外などしばらく出張で出かけ、

自宅に帰ってきた時の

ホッとする」感じは、

誰もが感じるのではないでしょうか。

旅先では普段と同じように、

衣食住をしっかりとこなし、
仕事をして人と会う、

と言うだけのことですが、

なぜか自分の場から離れると、

本来の自分のポテンシャルが
出しにくくなることを感じます。

大手商社の地方支社
勤める河本さん、

本社で開かれる全国支店長
会議のある分科会に支店を
代表して出席する事になりました。

しかも、比較的成績の良い
同支店の来年度の営業戦略案を
プレゼンするという大任を授かりました。

営業なら得意の河本さんも

全国のお偉いさんを前にして
そのような発表をした経験などは
皆無でした。

気合を入れてこれに臨みます。

スポンサーリンク

実力を発揮できる安心感の心理学

準備は万全、完璧にプレゼンの
準備を仕上げます。

発表内容そのものには、
自信があったものの、

せっかくの晴れ舞台なのだからと、

上京前に新しいスーツと靴を揃えました。

しかし、それが災いしたのです。

真新しいスーツはどうも体になじまず

おまけに上京するまでの間に
靴擦れができる始末です。

プレゼンの間も靴擦れが
痛くて、痛くて仕方がなかったため、

どうにも調子が出ずに悔いを残す
出来となってしまったそうです。

「せっかく気合いを入れたのに…」

河本さんは晴れ舞台だからと
言って気負った事を後悔しています。

彼の方法は、心理学的にみると

仕事で有利に進めるための、

主導権を握る方法を
間違えてしまっていたのです。

馴染みの場所で安心する心理学

ここ一番という場面に望む時

靴や服を新調したりして
気合いを入れたい気持ちもよく分かります。

しかし、河本さんのような
危険を伴うのも確かです。

本番の前に何日かその服装で
過ごしてチェックしてみる事が
必要だったようです。

実際、「ここ一番」
というときには、

逆に「いつものスーツ」のほうが
実力が発揮できるのではないでしょうか。

安心感というのは
普段通りの実力を出すために
非常に大切な感情です。

特にそのスーツに愛着があって、
仕事がうまく行っているなら、

なおさらのことです。

大舞台に立った時、
いつものスーツを着ているという安心感は

リラックスに結びつくものです。

他にも例えば初デートの時、

オシャレをしていつもは行かない
レストランを予約して、

気合を入れれば入れるほど
なぜか空回りする結果となる、、

と言う経験があるのではないでしょうか。

普段着で馴染みの店に行くほど
なぜかうまくいくことが多いです。

仕事で有利に進める、主導権を握る方法

また、例えば、

ブロ野球の試合の成績は一般に

ホームグラウンドでの
試合の方が勝率が高いです。

いつも練習をしたり、
使っている環境ですから、

なじみの球場のコンディションはよく
分かっているという事もありますが、

心理学的には

「ここはウチの本拠地だ」

という安心感が
プラスに働くという事もあります。

サッカーでもホームとアウェー
と言うのは勝敗を左右するほど、

大きな要因になっています。

今の日本代表といえば、

大半が海外でプレーしている
にもかかわらず、

やはり日本の環境で、
日本人に応援されてやる

と言うのは違うものなのです。

普段通りの実力を
発揮できる環境なのです。

恐らく人間にも動物的本能として、
ナワバリ意識があるのでしょう。

縄張りに近い場所ほど
安心していつも通りに振る舞えます。

縄張りから離れるほど
不安になり緊張するのです。

だから仕事でも商談でも、

自社内で行った方が
優位に進められます。

招かれる側は、どうしても

「敵陣に乗り込む」心理になり、

気負ってリラックスできないのです。

だからお得意様の接待は
行きつけの店」でやった方が
良い事になります。

相手を自分の陣中に
引き込む事ができるのです。

物事を有利に進めたり、
人間関係において主導権を握るには

「場」の設定が大切です。

安心感を発揮できる環境を
意識してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>