緊張すると萎縮する、仕事での開き直りの心理的な効果

緊張すると萎縮する、仕事での開き直りの心理的な効果
今回は緊張すると萎縮する、
仕事での開き直りの心理的な効果
について紹介します。

繊維会社の研究所で
研究員をしている馬場さんは、

企業の研究員という立場上、

開発部門の会議で
開発計画についての説明を
求められる機会が多いそうです。

会社が大きいため、
会議も大きなものになり、

場合によっては全国の支社の
お歴々がテレビ会議式に
参加する事もあります。

ところが馬場さんは
大の恥ずかしがり屋です。

少し慣れたとは言え、

どこかで間違えるのではないか、

質問に答えられないのでは
ないかと心配になり、

前日から緊張の連続です。

レーザーポインタを持つ手も震えて
傍目にも緊張しているのが分かるため

同僚に心配されるほどです。

人前で立つ場合ある程度
緊張感がある事は仕方がない事ですが、

緊張しすぎると萎縮して
力を発揮できなくなります。

これでは仕事に支障を来します。

もともと研究者肌で
完全主義の性格が災いしているのですが、

馬場さんの苦労は当分続きそうです。

スポンサーリンク

緊張すると萎縮する心理学

ある高名な評論家の講演会での話しです。

評論家が雄弁をふるっていた時

聴衆の一人がゴホンと咳払いをしました。

たったそれだけのことで、

その評論家は途端に
しどろもどろになってしまったのです。

実は咳をしたのは、
その評論家の恩師に当たる人物で、

恩師にしてみれば
単に咳き込んだだけだったのですが、

評論家はそうは受け取りませんでした。

「何か間違った事を言ったのだろうか?」

そう思うと途端
気が気でなくなり

緊張してしまったのです。

要は思い過ごしなのですが

このように自ら緊張を招いて
萎縮している例は多いのではないでしょうか。

講演のプロである評論家でさえ、
こんな具合なのです。

まして一般の会社員が

いざという舞台で
あがってしまうというのは

いわば当然と言っても
いいかもしれません。

しかし心理学的に言えば、

「ダメもと」と開き直って
考える事で、

かえって成功率が高まり、

緊張によるストレスも軽くなります。

無闇に頑張らず、開き直り、

「気楽に行こう」という気持ちが
仕事での成功につながるのです。

仕事での開き直りの心理的な効果

人前で発表する、
大切な会議でスピーチをする、

そんなときに

「間違えてはならない」
「失態をさらしてはならない」

などという成功意識が強すぎると、

緊張感が高まり、
余計につまづきの原因になります。

かといって、成功意識を
持たない人間などは

ビジネスマンとして失格です。

ある程度の成功意識を持ち、

かつ緊張をしいられない程度の
状態をキープできれば、

大舞台をそつなく
切り抜ける事ができるのです。

つまり、基本的には
「うまくやりたい」
と念じながらも、

「でも、ダメでもともとだ」

つまり、基本的に

「上手くやりたい」

と念じながらも

「ダメでもともと」

開き直る

この開き直りが、心の余裕を生み、

リラックス効果により
実は良い結果に結びつくのです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>