石橋を叩いても渡らない、慎重な人、慎重すぎる人の特徴

石橋を叩いても渡らない、慎重な人、慎重すぎる人の特徴
今回は石橋を叩いても渡らない、
慎重な人、慎重すぎる人の特徴
について紹介します。

「あ、またやられちゃったよ!」

ファックスで送られてくる
業界のニュース速報を見ていた
開発部の武井さんが舌打ちしました。

以前から自分の部署で
製品かの可能性を探っていたアイデアが

ライバル社に先を越されてしまったのです。

武井さんのいる外食産業は
技術、価格とも競争が激しく

弱肉強食の世界です。

先を制する先進性と
足下をすくわれないようにする
慎重さが求められますが、

どちらかというと、

武井さんの上司は慎重な人というより
むしろ慎重すぎる人、

販売戦略を決めるにも、
事前のリサーチに時間をかけろという方針で、

そうこうしている間に
他者に先を越されると言う
結果になった事が何度かあるそうです。

おまけに昔ながらの
稟議書のやり取りが義務づけられていて

何人もの人の手を経ている間に
状況が変わってしまったりするものです。

「もうちょっと決断が早ければなあ…」

と、いつも悔しい思いを
している武井さんです。

スポンサーリンク

石橋を叩いても渡らない人の特徴

「石橋を叩いていては、渡れない」

というのは、

第一次南極越冬隊長である
西堀栄三郎さんの言葉ですが、

「石橋を叩いて渡る」

という言葉なら誰もが知っているでしょう。

割れるはずのない石橋であっても
用心して叩いて渡るように、

何事にも慎重に望むのが大切
という意味ですが、

確かのこうした特徴の
行動パターンはメリットがあります。

ビジネスにおいては

あらゆるリスクを考慮して
策を巡らす事は大切な事です。

しかし

「石橋を叩いて割る」

などというパロディもあるくらいで、

あまりにも用心しすぎると
慎重すぎると、

何も進める事が出来ないままに機を逸し、

結果的に損してしまうという事は

ビジネスにおいても人生においても
ありがちなのです。

慎重なのは良いですが、
慎重すぎると弊害も出ます。

人間は未来を予測する事はできません。

リスクの可能性を探そうとすれば

いくらでも見つかるものであり、
その全てに備えていては

いくら時間があっても
足りないという事になります。

慎重な人、慎重すぎる人の特徴

人間の心というものは、
いったん不安になり始めると

不安が不安を呼び、
コトを起こそうと言う覇気自体が
削がれてしまうという特徴があります。

スピードが要求されるビジネスの現場は

「石橋を叩いても渡らない」

の気概で思い切った決断を
下す事が必要となる局面も多いです。

何も無謀な決断をせよ
というのではありません。

ある時期までは

「石橋を叩いて渡る」

慎重さが必要とされるでしょうが、

最後の決断の瞬間には、
冒険も必要だという事です。

石橋と言えば、

ミノルタカメラの元社長
田島一雄さんは

以下のような言葉を残しています。

「仕事というものは、
石橋を叩くのも結構だが、
叩いて渡らん人が多い。

それよりは渡って失敗
した方がマシですね」

またアメリカの鉄鋼王
アンドリュー・カーネギーも
こう言っています。

「機会を逃すな!人生全て機会である。

一番先に行くものはやる気があり、
思い切って実行する人間である。

”安全第一”を守っていては、
あまり遠くへボートを出せない」

失敗しないに越した事はないが、
失敗するのではないか、

間違いを起こすのではないか、

などと案じてばかりでは
大きな仕事を成功させる事は出来ません。

過度の慎重さは
チャンスに飛びつく瞬発力を
弱めてしまうのです。

慎重な人は素晴らしいですが、

石橋を叩いても渡らない、
慎重すぎる人は考えを変えた方が
良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>